スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最後のワンプレーで勝ち点3を逃す…。

鳥栖2-2広島

広島得点

青山、ドウグラス

感想

 前半は完全に鳥栖の試合。広島対策としてやってきた事が見事にはまり、広島に狙いとするサッカーをまったくさせませんでした。豊田の先制点もサイドからのクロスを豊田が頭で決めたもので、これもまた実に鳥栖らしい。

 前半は冬眠状態の広島でしたが、青山の一撃で目を覚まします。左サイドの柏からふわりと戻って来たボールに、青山は右足をジャストミート。ダイレクトで放たれたシュートは絶妙なコースに絶妙なバウンドと絶妙なスピードで飛び、鳥栖のゴールに突き刺さりました。青山と言えば代表で突き刺したミドルが代名詞のようになっていますが、今日決めたゴールもそれに並ぶほど絵になりました。

 まず、青山の基本的なシュート力は100万パワーです(当社比)。あの場面では柏からのボールがシュートに対してカウンター気味に作用していたので、100万パワー+100万パワーの200万パワー。これに濡れ気味の芝による加速が加わり、200万×2の400万パワー。さらに3度のバウンドが加わる事により、400万×3の1200万パワーの破壊力となります。これはバッファローマンを上回るほどのパワーなので、仮に鳥栖のGKがバッファローマンだったとしても、あのシュートは止められなかった事になります。ほんと凄いゴールでした。

 さて、キャプテンのゴラッソで同点に追いついたとなれば、勢いは広島に傾きます。ミキッチの入れたクロスが鳥栖DFのハンドを誘い、広島がPKをゲット。これをドウグラスが磐田時代の中山ばりに思い切り蹴り込んで決め、広島逆転!ハッキリ言って広島らしい崩しなどまるで無かったにもかかわらず、2点を取れてしまうとは、つくづくサッカーとはよくわからないものであります。

 あとは守り切れば勝ち点3を取れる!はずだったのですが…。

 主審も「ふええ、アンラッキーなハンドで鳥栖からPKを取っちゃったし、鳥栖のホームだし、ロスタイムは過ぎてるけど、最後のコーナーキックをやらせずに試合を終わらせるわけにはいかないよぉ…」という思いがあったのでしょう。後半45+6分に生まれた豊田のゴールで、試合は2-2の同点で決着。痛み分けで終わりました。

 劇的な追いつかれ方で終了したので気持ちは沈みますが、試合内容からすると、勝ち点1は妥当であるとも思えます。一年のうちに何回かはこういう事もあるさと、切り替えるほかないですね。

 わずかにインターバルが空いた後、第2ステージがはじまります。浮き沈みも多少ありましたが、個人的にはA評価を与えられる第1ステージだったと思うので、引き続き第2ステージも結果、内容供に期待しています。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年06月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 4点とっておいて良かったね。アウェー・仙台戦は4-3で逃げ切り成功! | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 寿人ハット!自身のJ200得点を盛大に祝う。野津田GOOLも! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。