スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ついに連勝ストップ。ガンバに屈す…。

広島0-1G大阪

感想

 両者互角の好ゲーム。明暗を分けたのはセットプレーでした。

 広島は野津田と清水がスタメン。野津田は得意のミドルシュートで存在感を発揮し、清水はG大阪の藤春を相手に果敢に勝負を挑みました。2人とも及第点以上の仕事をしてくれたと思います。野津田はセットプレーのキッカーとしても期待出来る選手なので、できれば今日のような展開なら、90分ピッチに立たせてあげて欲しかった。清水は藤春を相手にドリブルで抜ききるところまではなかなかいけませんでしたが、いざクロスをあげると、これがなかなか正確なんですよね。失点シーンでは結果的に清水のクリアが相手に渡ってからのゴールになってしまったので、そこは悔しさが残ってしまいました。

 浦和が仙台相手に豪快なドローゲームを演じて1ポイントしか勝ち点を積み上げられなかっただけに、ガンバに勝って勝ち点差を縮めたかったところですが、さすがに相手はガンバ。東口を中心とした守備は、最後の最後のところで持ちこたえました。
 そして試合終盤にパトリックが出てきて、重戦車ドリブルから決定機を作られたシーンなどは肝を冷やしました。ドウグラスのフィジカルも強いですが、パトリックはさらに上をいきます。体のサイズからして一回り大きいですし、それでいてスピードもあるっていうんですから恐ろしい。

 紙一重の差で勝ち点0で終わってしまいましたが、セカンドステージでは必ずリベンジを果たしましょう。

 よっしゃ、今日のところはこれぐらいにしといたるわ。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年05月10日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 塩谷の2得点等で新潟を下す! | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 代表候補合宿に広島から水本、塩谷、浅野が選出! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。