スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ついに生まれた1000ゴール!ホームで清水に競り勝つ!

広島2-0清水

広島得点

サウザンド千葉、野津田

感想

 ナビスコ杯・松本戦での若手組のパフォーマンスを見て、気合いが入り直したであろうスタメン組。試合開始から2分間ずっとボールをキープし続けるなど、体のキレでは若手に劣るが、今どんなプレーをするべきか瞬時に判断する嗅覚では他の追随を許さない、その道数十年のベテランレスラーのような試合運びを披露。若手にはない、このいぶし銀の渋さが、見る者を唸らせます。

 先制点はセットプレーから。柴崎の入れたボールに、千葉が下がりながらの難しい体勢から頭で合わせ、広島のJ1通算1000ゴールを達成します。こういう美味しい場面を持っていく運の強さは実に千葉らしいですね。お祭り男の本領発揮といったところでしょうか。ヒーローインタビューでは来るべき2000ゴールについても言及。千葉は広島のマルディーニとなれるか?2000ゴールを前に「もうお辞めなさい」と言われてしまわないように、これからも精進していただきたいと思います。

 1-0とリードして後半に入った広島でしたが、後半開始からギアを上げてきた清水に押し込まれてしまいます。セカンドボールを拾えず、広島自陣に釘付け状態に。サイドからのクロスに対しては危なげなく対処できるのですが、中央からショートパスを繋いで攻められると、背筋が寒くなるシーンが多かったです。

 その状態を打破するために、野津田と浅野が満を持して投入されます。そしてこの采配が当たりました。浅野は体幹の強さとミキッチクラスのスピードを武器に、清水DFにガンガン勝負をしかけ、試合の流れを広島に引き戻します。交代直後に右サイドを切り裂き、いきなりチャンスメイク。浅野はシュートにいかず、野津田にパスを送ったものの、野津田は利き足ではない右足でのシュートを強いられてしまい、決定機をロスト。野津田にしてみれば急にボールが来たような感じだったのでしょう。惜しかった。

 決定機を外してしまった野津田に再び得点のチャンスが訪れたのは、後半35分。細かいパスが連続して続き、その終着駅としてボールを受けた野津田。今度は得意の左足で確実にシュートを枠に流し込み、喉から手が出るほど欲しかった追加点をモノにしました。野津田と浅野、今シーズン最終的にどちらが多く点を取るのか?これがブックメーカーの賭けの対象になる日も近いとかなんとか。皆川もこの流れに絡んでこれるように頑張ってほしいです。

 次の試合は水曜開催の横浜FM戦。難しい相手ですが、連勝の勢いを活かして勝利に持ち込みたいところです。最悪でも勝ち点1を持って帰られますように。今日の試合で右足一本で決定機を防ぐビッグセーブを見せた林は、足技もいける前川みたいな域に達してきているように思えます。横浜FM戦ではセットプレーの守備でいつも以上に神経をすり減らすでしょうが、最後の砦として立ちふさがってほしい。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年04月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< ドウグラスと寿人のゴールで横浜FMから逆転勝利!連勝を3に伸ばす。 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 若手、中堅の活躍で松本を下す。ナビスコ初勝利! >>

サウザンド千葉・・・笑ってしまいました(笑
私は千葉ちゃんに決めてもらいたかったので、嬉しいです!

2015年04月26日 はじめ URL 編集

はじめさんコメントありがとうございます♪
千葉はインタビューの受け答えがウィットに富んでいるので、1000ゴール目の選手にはピッタリだったかもしれませんね(^^)
広島の歴史に深く名を刻みましたよ。
J1での2000ゴール目が誰になるか、今から注目ですね(笑)

2015年04月26日 さちくま URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。