FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

耐えに耐えて新潟から持ち帰った勝ち点1。

新潟0-0広島

感想

 負けなくてよかった。勝ち点1を取れたことで良しとしなければならない試合だったと思います。新潟はとにかくブラジル人選手3人が強烈でしたね。あの3人が新潟を1ランク、2ランク上のチームに押し上げている感じがしました。まさに助っ人ですわ。

 広島は青山、水本、野津田、浅野の4選手がフル代表と年代別代表にそれぞれ招集され、苦しいメンバー構成となりました。青山と水本のポジションに入ったのは柴崎と佐々木。柴崎も佐々木も、よくやってくれたと思います。浦和戦に続いて先発した茶島は新潟のプレッシャーの前に苦戦。前半のみのプレーで、ドウグラスに交代しました。茶島は少しボールを持ちすぎて潰される場面が多かったですね。サポートが無い時は仕方ないですが、今日はサポートがある場面でも無理にボールキープにいってロストしていたので、そこは残念でした。寿人、カズ、コウジなど、ベテラン組が「もっと簡単に」など、一声かけてあげたらいいのにと思いました(かけてあげていたのならすいません)。

 広島としては、ミキッチがコルテースに完全に封じられてしまっていたのも苦しかった。青山の展開力とミキッチの推進力がどちらも欠けてしまっては、広島の攻めの威力は40%減ですよ(当社比)。どうでもいいことですが、コルテースのあの髪型は夏は暑そうですね…。昔の三都主やフリューゲルスの森のドレッドヘアと比較しても、コルテースのはボリューム的にもかなりのものだと思います。

 なんにせよ、新潟は強かったですね。今後、新潟は台風の目になっていきそうな気がします。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

2015年03月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< ウズベキスタン戦、青山フル出場!先制点を叩き込む。 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | この勝ち点1が後々モノを言う!…といいなぁ。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。