スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

この勝ち点1が後々モノを言う!…といいなぁ。

広島0-0浦和

感想

 白熱した前半と、トーンダウンした後半。日曜に行われたホーム浦和戦、前半と後半でまったく違った顔を見せた広島でした。
 
 年代別代表に招集された浅野にかわり、浦和戦でシャドーに入ったのは、まさかの茶島。それまでベンチ入りすらしていなかった茶島を起用するとは驚きました。まあ過去には清水をストッパーで使ったりと、なかなか大胆な采配を振るうケースもある森保監督ではありますが…。

 さてその茶島ですが、森保監督の大抜擢に応えるため、攻守に奮闘。広島の選手では一番目立っていたんじゃないですかね。ドリブルあり、裏への抜け出しあり、スルーパスありと、ポテンシャルの高さをいかんなく発揮していたように思います。ただ、得点だけが足りなかった。右足で巻いて撃ったシュートは入ったと思ったんですけどねー。惜しかった。

 前半は広島も浦和も積極的に攻め合っていましたが、後半になると徐々に浦和が主導権を握りはじめ、浦和は攻めに、広島は守りに比重を置き始めます。寿人が下がったあたりからは特にそれが顕著になっていった気がします。ドウグラスは1トップよりもシャドーの方が合っているような…。

 広島は試合終盤になると完全にドロー狙いで勝ち点1を取りに行きます。個人的にはホームでの浦和戦という事もあり、守備を固めて勝ち点1を狙いに行った姿勢には大いに不満を覚えています。でも、この勝ち点1がリーグ前半戦の最後の最後で優勝に繋がる勝ち点1になるのならば、全て水に流します(笑)。

 次の試合はナビスコカップ第2節の新潟戦です。メンバーも欠けており、編成も大変だと思いますが、そろそろマジでナビスコカップのタイトルが欲しいです。予選突破に向けて、チーム一丸となって頑張って欲しいと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年03月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 耐えに耐えて新潟から持ち帰った勝ち点1。 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 命からがら逃げ切った!2-1で松本山雅に勝利。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。