スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014J1第30節・アウェー清水戦の結果

清水1-3広島

広島得点

石原2、寿人

感想

 試合開始直後は清水の圧力の前にペースを握られた広島ですが、徐々に持ち直し、28分に塩谷のロングレンジのパスから寿人→石原。フリーでボールを受けた石原は飛び出してきたキーパーの動きを冷静に観察し、シュートを清水ゴールに流し込みました。大きな展開が素晴らしかった。

 2点目は寿人の粘りの守備から、左サイドの山岸にボールが渡ります。クロスを上げるまでに十分な間があった山岸は、芸術的なクロスをペナルティエリア内に供給。これを石原が強烈なヘッドで沈め、前半で2-0とリードを広げました。それにしても、サイドからのクロスでこれほど綺麗にゴールを奪ったのはずいぶん久しぶりのような気がしますね。

 後半に入っても、効果的なサイドチェンジでサイドを蹂躙する広島。こうなると期待されるのは寿人の得点。その瞬間は後半20分にやってきました。青山のサイドチェンジから柏がシュート。キーパーが弾いたボールを押し込み、見事11年連続2桁得点達成!歓喜のカズダンスも跳びだしました。得点の形もまた寿人らしい形でした。

 清水の高木に相手を褒めるしかない強烈なミドルを叩き込まれ、1点を返されますが、試合は3-1で終了。途中出場の浅野にビッグチャンスが2度あったりと、できればもう少し得点を上積みしたかったところですが、まあチャンスを多く外したのは清水も一緒なので、お互い様ですかね(^_^;)

 高萩を欠いても攻めのクオリティはそこまで落ちませんでしたし、ケチャドバ寿人も好調を維持。ナビスコ決勝に向けていい感じのチーム状態になってきました。次の試合はホームでの大宮戦。大宮は残留争いで尻に火がついているので、手負いの野獣か飢えた餓狼、長友を前にしたマツコデラックスのような気迫で向かってくる事を覚悟しなければいけません。が、広島としても、勝ち点が詰まっている中位集団から抜け出して上にいくために負けるわけにはいきません。気合いの入った試合を期待しています。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2014年10月26日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 今週のサカダイ。 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 内定さんいらっしゃい。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。