スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014J1第28節・ホーム名古屋戦の結果

広島4-0名古屋

広島得点

石原2、寿人、水本

感想

 前半は名古屋に攻めに攻め込まれ、まるで守備練習状態。たしか広島のシュートは石原の1本程度だったはず。正直、見ていて眠たくなるようでした。しかし、後半になると様相が一変。石原のゴールを皮切りに計4発も叩き込むことになろうとは、一体誰が予想できたのでしょう。うーん、前半の重たい試合運びは擬態だったのでしょうかね(^_^;)

 シンガポール帰りの水本と塩谷はそろって先発出場。塩谷は攻撃にも積極的に参加していましたし、疲れはそこまで残っていなさそうでしたね。ネイマールショックを受けての最初の試合という事もあり、メンタル的にもピリッと引き締まっていた印象でした。

 4点入った試合となりましたが、その中でも寿人のゴールは、得点の形としても良かったし、これから先の試合に向けても良いイメージが残りそうな一撃でした。ナビスコ柏戦から引き続き、寿人と周囲の連係が合ってきたなと実感できるゴール。チーム状態が良いときはああいう形が多かったのを思い出します。

 広島の試合の前、仙台-浦和戦とG大阪-川崎F戦をチャンネルを切り替えながら見ていました。特にG大阪はナビスコ決勝で当たるわけですから、偵察は重要です。…まあ僕が偵察したところでどうなるわけでもないんですけど(笑)。

 G大阪は相変わらず強い。困った時はパトリックがキープしてくれるし、守っては東口がスーパーセーブでゴールを死守。GKが東口じゃなかったら、今日のG大阪の勝ち点3は無かったでしょう。日本代表アギーレ監督が今日のG大阪-川崎F戦を見ていたら、すぐにメモ用紙にHIGASHIGUCHIと名前をメモし、赤ペンで名前の上に◎を書き込んだでしょうね。川崎F・小林の決定機を左手一本で止めたシーンは、ちょっと脅威的すぎでしたよ。あんなんできひんやん普通…。

 浦和は2-0から2-2まで追いついたところまでは良かったんですが、後半に入って突き放され、結果は4-2。僕は浦和にはあまり優勝してほしくないんですけど、ミシャには優勝してほしいという相容れないジレンマを抱えているので、最近の優勝争いレースを複雑な心境で見つめております(^_^;)

 次節は水曜日、アウェーでFC東京戦です。相性的にはそんなに悪い感じは無いので、アウェーですが勝ちを狙いたいところです。広島DF対武藤は見所ですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

2014年10月18日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2014J1第29節・アウェーFC東京戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 広島、ナビスコ杯決勝進出!!! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。