スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ナビスコ vs浦和、第2ラウンド!

浦和2-2広島

広島得点

野津田、寿人

感想

 浦和に負け続けているここ数年ですが、今回のナビスコカップの結果を受けて、少しその流れにも変化が出て来そうな予感があります。今までは相手の勢いに飲まれてしまい、なにもできないまま90分が過ぎ去ってしまう印象でしたが、先日の第1戦、そして今日の第2戦は、メンタル面でも互角以上に渡り合えましたからね。勝利できたわけではなく、アウェーゴールの差での勝ち抜けですが、これは大変大きな意味を持つでしょう。

  セットプレーから浦和の阿部に決められて、嫌な空気が漂いはじめた広島を救ったのは、野津田の左足でした。第1戦では自信なさげで迷いながらプレーをしていた野津田でしたが、その迷いを払拭するのに十分な、野津田の豪快な一発。野津田にボールが繋がる一連の流れの切っ掛けとなった、宮原が入れたロングレンジのグラウンダーの縦パスも丁寧で良かったですね。宮原はだんだんゲームになれてきて、持ち味を発揮できるようになってきました。野津田はこれを切っ掛けに調子が上がっていってくれたら。

 寿人の得点までの崩しも広島らしくて良かったですね。山岸のシュートを押し込んだ寿人の嗅覚はさすがでした。サイドのプレイヤーがあそこまで切れ込んでシュートなりクロスなり上げられるようになると、寿人の得点もどんどん積み上がっていくでしょう。

 そしてスタメンに帰ってきたキャプテン青山。広島を一段上のチームへと押し上げるプレーと存在感は圧巻でした。90分プレーできたのも収穫でしたね。槙野と相撲をとってみたりと、腰痛の再発を恐れる様子は微塵も無し。過密日程のなか、青山の帰還は心強いですね。

 決定機の数は多く作られましたが、最後の最後で体を張って浦和に3点目を許しませんでした。1戦目でもそうでしたが、特に千葉の気合いが尋常ではなかった…。意識改革があったんでしょうかね。それとも、前線からプレスに行ってくれるので、今はパスの予測が効くのでしょうか。守備が非常にアグレッシブで、見ていてああいう守備は気持ちいいです。

 ナビスコ柏-横浜FM戦は柏が勝ち抜けたので、準決勝は柏が相手となります。難しい相手ですが、横浜FMよりはやりやすいでしょうか。ナビスコ、天皇杯とカップ戦は2つともチャンスが残っているので、ぜひ獲りたいですね!

 そして代表に行っている皆川と水本も、映像で今日の試合を見ていたんですかね-。もし西川を一緒に誘って見ていたのなら、どんな会話を交わしながら観戦していたのか聞いてみたかったw


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2014年09月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2014J1第23節 ホームG大阪戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2014J1第22節・アウェー徳島戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。