スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本代表 vs コートジボワール代表

 アシュケー…。というわけで、今朝おこなわれたワールド杯グループC第1節、日本代表とコートジボワール代表の一戦は、1-2でコートジボワール代表が勝利をおさめました。
 日本は前半の早い時間帯に、スローインからの展開から、本田の左足が炸裂。微妙に体勢を崩しながらあれだけのキャノンシュートを撃てるとはたいしたものです。それ以外にも内田がドリブルから切れ込んでシュートを放った場面など、試合序盤は日本ペース。ですが、徐々にコートジボワールが日本を圧倒しはじめます。ボールを繋げなくなり、守備の時間帯が長くなる日本でしたが、最後の最後で体を投げ出し、ゴールは割らせません。ですが、それもコートジボワールがドログバを投入するまででした。
 ドログバ投入後、さらに攻撃の圧力が高まったコートジボワール。後半19分、21分と、立て続けに得点を決め、日本を一気に逆転。日本は試合終盤に吉田を前線に上げるなどして得点を狙いにいきましたが、無情にも追いつけぬままタイムアップ。初戦を落としてしまいました。
 
 この試合で勝敗の次に重要だったこと。それは青山がスタメンで出るかどうか、仮にスタメンで出ないとしても、途中出場で出番があるかどうかでしたが、残念ながら青山の出番はありませんでした。まあ、遠藤が出てしまえば、そうなりますわな…。それにしても、遠藤が出てもリズムが変わらなかったのは痛かったですが、遠藤が散らしてボール保持率を上げようとしても、簡単にまわりがボールロストしてしまう状態では、リズムが出ないのも致し方無しだったでしょうか。今の日本代表は守り勝つスタイルではないので、攻められっぱなしのは避けたいんですが…。次のギリシャはコートジボワールほどのバネのあるフィジカルをしていないので、今日の試合よりは選手もやりやすいはず。あとがなくなりましたし、勝利しかありませんね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2014年06月15日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

<< ギリシャ戦 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 青山がザンビア戦に出場! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。