スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014J1第5節・ホーム徳島戦の結果

広島3-1徳島

広島得点

塩谷、石原、野津田

感想

 久々に1週間の準備期間をおいて戦えた徳島戦。選手の動きもG大阪戦と比べるとかなり軽くなり、流れの中からの得点こそ無かったものの、セットプレーから3発叩き込み、見事快勝を飾りました。

 今節はスタートから左サイドに柏が入り、鋭いドリブル突破を連発。対面の元広島、大崎を苦しめました。柏は中にいる寿人の状況をきちんと判断した上でクロスをあげているようなので、これから2人の呼吸がもっと合ってくれば、柏-寿人ラインの得点は増えていくと思います。

 広島の武器と化した塩谷のFKが徳島戦でも火を噴きました。徳島戦で塩谷が見せたのは、川崎戦の大砲のようなシュートとは種類の違う、ストヤノフ系の技巧派シュート。相手GKのタイミングを完全に外しており、この点から、どうやら塩谷は心理戦にも長けているらしい事がうかがえます。万能すぎるやろ!

 広島の2点目は、スラムダンクの桜木もビックリの、驚異の高さと滞空時間で周囲の度肝を抜いた石原のヘッド。石原、学生時代に走り幅跳びでもやっていたら、オリンピックに出場できたのでは…(^_^;)。それくらいの身体能力ですね。単純なジャンプ力で驚かされたのは久保以来です。

 3点目は野津田のスーパーシュート。あれはどんなGKでもとれません。最近の広島はFKから点をとれる選手が塩谷、野津田、ヒョンジンと雨後の筍のようにポコポコ出て来ており、セットプレーがかなり期待できるようになりました。

 G大阪戦では最悪に近かったコンディションのカズ。徳島戦では状態も上がってきているようで、90分間そつなくプレーをしてくれました。後半途中からは青山にかわって出場の柴崎とともに“頭脳系ボランチ”コンビを結成。柴崎は最初、青山ではなくカズとのコンビに、「さてどうしようかな」という感じで探り探りプレーしていましたが、すぐに順応。スペースがあると見るやドリブルでボールを持ち上がったり、効果的なプレーを選択するようになりました。カズと同系統のサッカーセンスと知性を持つ柴崎は、まさに広島サッカーにピタリの逸材ですね。

 最後、無失点で終われたら良かったのですが、高崎に1点を献上し、3-1で試合終了。得失点差を考えると勿体ない失点となりましたが、これはACL・FCソウル戦に向けての良き反省材料として胸に留めておきましょう。リーグ戦では今のところ3位をキープ。連戦のなか、結果が出ています。この調子で、粘り強く戦っていって欲しいと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2014年03月30日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< ACL アウェー・FCソウル! | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2014J1第4節・アウェーG大阪戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。