スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2013J1第30節・ホーム仙台戦の結果

広島1-0仙台

広島得点

石原

感想

 まずは一言…。

 か、勝てて良かったぁぁぁぁ(笑)。

 清水戦で後半残り時間が少なくなった状態から逆転してみせてくれたり、ここ最近は先行逃げ切りだけではない、本物の勝負強さが備わってきているのは承知していましたが、正直、仙台戦はドロー決着になるかと思っていました。前半、石原の決定的なヘッド2本を筆頭に、ミキッチのクロスからソッコのダイレクトシュートなど、決定機でことごとくシュートが枠をそれていく…。石原があれだけドフリーのヘッドを2本撃って、どちらも枠に飛ばないとか、普通じゃありません。完全に運に見放されているとしか考えられませんでした…。「今日はそういう日なのかな」、と。でも、最後の最後で、結果を出してくれた。胸をなで下ろしました。

 ゴールがなかなか奪えなかっただけで、攻撃の形は良く作れていましたね。結果敵に試合終盤のゴールで勝てましたが、そこまで無失点で抑えた守備陣、なかでも西川とカズのプレーは特筆ものでした。西川は前半開始早々の、千葉がボールの落下点とバウンドの目測を誤ってウィルソンが抜け出したシーンを決死の飛び出しで防いだ事で、完全にスイッチが入ってしまったのでしょう。まったく危なげないプレーで、90分を締めてくれました。日本代表監督のザックも「コレハ、ブラジルデノ正GKハ西川シカイナイヨ、ブォン ジョールノ!」と叫びながらメガネを握りしめた事と思います。カズの頭脳派全開の守備も見応えがありました。予測と、ボールを奪うための体の入れ方が素晴らしい。知性と経験、両方を兼ね備えたベテラン選手にしか、あれはできませんよね。ボールの散らし方も安定感がありました。

 他のクラブよりも1日早いキックオフで勝てた事により、暫定ですが、再び首位に浮上しました。これで横浜FMと浦和に強烈なプレッシャーをかけられます。ちなみに横浜FMはアウェーで大分と、浦和はホームで柏と対戦します。

 なお、寿人は仙台戦をイエローカード無しで乗り切ったので、これで丸4年イエローカード無しと言う事になりました。フェアプレー精神眩しすぎます…。フェアプレー精神と言えば、鉄人服部も素晴らしかったですね。ぜひとも、このままフェアプレー精神が広島に連綿と受け継がれていってくれたらいいなと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年10月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 浦和が西川獲得? | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2013J1第29節・アウェー横浜FM戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。