スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2013J1第26節・ホーム新潟戦の結果

広島2-0新潟

広島得点

ソッコ兄さん、寿人キャプテン

感想

 3連敗を喫した溜飲を下げる見事な勝利。2-0で新潟に勝った広島が2位に浮上しました。

 ここのところ、チームとしてのまとまりを欠いていた感のあった広島でしたが、昨日の試合は違いましたね。森保監督の意識付けが上手くいったのでしょう。好守に献身的に走り、玉際で戦う姿を見る事が出来ました。特に石原の守備の意識は凄かった。ボールを奪われた時に、全力疾走で新潟のボールホルダーにプレッシャーをかけに行く石原を2度、3度と目にしました。試合に出る責任感と言うんでしょうか。それを全力で全うするべく戦っていましたね。ああいう姿勢はピッチ上の選手達のボルテージを否が応にも刺激するでしょうし、胸を打つものがあると思います。

 左サイドソッコ、右サイドミキッチの両翼でスタートした新潟戦でしたが、バランス的にも非常に良かったと思います。ソッコだとロングボールにも競り勝てていたので、そういう意味でもプラスがありますし…。しばらくはソッコとミキッチで固定してみるのもいいかもしれませんね。

 新潟に勝ち、浦和が引き分けた事で、広島が2位に浮上しました。3連敗でずいぶん得失点差を減らしたような気がしていたのですが、気のせいでした。浦和は甲府戦で攻めるときにゼロボランチになるような、なんとも面白い形にチャレンジしていましたね。あれだとカウンターを受けたら即致命傷になりそうなものですが、そこら辺はどうなっているんでしょう。優勝争いの渦中にあって、あのハイリスク・ハイリターン(ハイリターンがあるかは知りませんけど)のフォーメーションを採用してくるとは、おそるべきミシャ…。そんな事やってる暇があるならセットプレーの守備練習でもみっちりやれやと頭の中の妖精が囁きますが、あのフォーメーションの完成形に興味があるので、このまま精進していただきたいです。

 広島の次節の相手は、前節で広島をけちょんけちょんにした川崎Fをシャットアウトし1-0で勝った鳥栖です。これまた凄く嫌な相手ですが、優勝のためにも最低でも勝ち点1は死守して帰ってきたいところですね。今節見せてくれたような、魂のこもった試合がまた見たいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年09月22日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2013J1第27節・アウェー鳥栖戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2013J1第25節・アウェー川崎F戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。