スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

東アジアカップ優勝!

 日本が韓国を2-1で下し、東アジアカップ初優勝を成し遂げました。

 西川は中国戦と韓国戦に出場。中国戦は3失点しましたが、どれも西川にはノーチャンス。韓国戦の1失点も、あれは止めろと言う方が無理の凄いシュートでした。2戦4失点ですが、安定感はありましたね。韓国戦の最後の最後、豊田が頭でクリアしてくれた決定機は危なかった…。

 青山は中国戦と韓国戦に出場。いつも寿人に送っているような高精度のロングパスを何度も柿谷に供給し、存在感を示しました。縁の下の力持ちのような目立たない仕事を精力的にこなし、チームを助けていましたね。柿谷が得点を量産できたのは青山の存在もあってこそ。柿谷を呼ぶときは青山もセットで呼んで下さい。

 KAZUHIKO CHIBAはオーストラリア戦に出場。広島でよく見せている早いクサビのパスを代表でも披露。守備でも体を張っていました。4バックもいけますね、CHIBA。

 高萩は中国戦と韓国戦に出場。まだ周囲と連係が確立されていないようで、パスを繋げられないシーンも多々ありました。高次元のサッカーセンスの片鱗はそこかしこで見せてくれたんですけどね。韓国戦の前半、高萩と駒野がそろって並んだFKの画を見た時は、胸にくるものがありました。

 
 東アジアカップ初優勝という栄冠に、広島から選ばれた全員が試合に出場し、しっかりと貢献できた。素晴らしい経験を積めた大会でした。この経験を、しっかりと広島に還元してくれたらと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年07月28日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

<< 2013J1第18節・首位決戦ホーム大宮戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2013J1第17節・アウェー仙台戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。