スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2013J1第6節・ホーム鳥栖戦の結果

広島2-0鳥栖

広島得点

寿人2

感想

 先週末ホームで横浜FMに完敗し、さらに先日には韓国の地で浦項に勝ちきれず、2試合を残してACL敗退が決定。サポーター的にはフラストレーションが激おこぷんぷん丸レベルにまで高まっていた中でむかえた、今日の鳥栖戦。鳥栖もそこまで調子が良いわけではありませんが、日程的には広島に比べ有利。厳しい戦いも覚悟していたのですが、蓋を開けてみれば2-0と快勝をおさめる事ができました。

 今日は青山が怪我から復帰し、カズとダブルボランチを組みました。広島のエンジンと広島の頭脳がそろうと、やはりひと味違いましたね。クレバーなパスさばきでボールを繋ぎ、守備時には激しいタックルで守備を引き締める。青山は前線に飛び出す攻撃参加もあった(ような気がするw)し、怪我あけ初戦から飛ばしていましたね。この調子だと、これからのリーグ戦でも勝ち点を積み重ねていけそうな予感がしました。鳥栖は激しく戦ってくるチームですが、その鳥栖の気迫に負けないくらいに、玉際で戦い、こぼれ球をこちらに引き寄せていた。この挑戦者のメンタリティを忘れずに戦っていきたいです。

 さらに、スタメン組だけでなく、後半途中から出場したヒョンジン、ソッコ、岡本もそれぞれ良かった。ヒョンジンはゲームに入った直後の1本目のクロスこそ明後日の方向に飛んでしまいましたが、2本目のクロスでは素晴らしい精度で高萩にピタリ。FKだけでなく、流れの中からでも、持ち味である左足の精度を見せられた事は、ヒョンジンとって自信になるはず。背の高いFWがいない広島にとって精度の高いクロスが上げられる選手は凄く重要なので、これからも精進してほしいです。そして岡本。出場時間こそ短かったものの、気迫を前面に出して戦う姿勢は光っていました。岡本は鳥栖に行って本当に成長したと思います。これからの一年でどれだけ伸びてくれるのか、非常に楽しみです。

 今年のJ1序盤戦は大宮が3位につけているなど、非常に面白い展開になっております。広島の次の対戦相手は、こちらも悩めるジュビロ磐田です。深刻具合は激おこぷんぷん丸レベルだった広島を優に超えており、カム着火インフェルノォォォオオオウレベルには達している感じがします。ここはアウェーですが勝ち点3を稼ぎ、混迷を極めそうな上位争いに食らいつき、優勝争いの道中を楽しんでいきたいところですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年04月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2013J1第7節・アウェー磐田戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2013J1第5節・ホーム横浜FM戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。