スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ACL第1節 vs プニョドコル!

広島0-2プニョドコル

 感想

 2度目の挑戦、ACL。第1節はホームでプニョドコルと激突しました。広島はゼロックスから選手を数名入れ替え、カズを岡本に、清水を山岸に、コウジを石原にチェンジしました。個人的に意外だったのはシャドーで石原を使った事。寿人と石原で1トップをターンオーバーしていくのかと思っていたのですが、どうやら今季も石原をシャドーで使う形もあるみたいですね。まあ、それはそれで一向にかまいませんけど。

 対するプニョドコルですが…。怖かったのはCFの196㎝の選手くらいでしたね(アウェーだったので猫かぶっていたのかもしれませんが)。それだけに勝ちたかったです。失点は前半終了間際にクロスから196㎝の選手に頭で叩き込まれたのが1つ。2点目は後半終了間際にカウンターから独走され、決められたのが1つ。1点目は千葉がきちんと体を寄せてはいたんですけど、そんなものはお構いなしにヘディングされてしまいました。もっとも、余裕を持ってクロスを上げられてしまった時点で半分勝負あったようなものでしたね。2失点目は前がかりになっていたところでのカウンターだったので、どうにも防ぎようがありませんでした。どちらも、パスワークで完全に崩されてしまっての失点ではなかったので、悔いが残ります。

 前半はひたすら無難に戦っていた広島だったんですけど、後半はピッチを広く使った攻めで、試合を優位に進められました。両サイドからクロスを多く入れたのですが、残念ながらプニョドコルのペナルティエリア内は大勢の大男たちが守りを固めており、クロスを跳ね返されまくりました。後半、サイド攻撃から作れた決定機は寿人のヘッド1本くらいでしたかね…。特に石川はクロスをあげても、ほとんどがノーチャンスのふんわりクロス。1トップが高木琢也だったらまだ可能性はあったんですけど、170㎝の寿人にあれでどうしろと…。スピードでえぐってからの形はほとんどなかったので、石川も難しかったと思いますが。

 とにもかくにも、ACLグループリーグ初戦は落としてしまいました。これはもう仕方がないので、切り替えてリーグ第1節の浦和戦へ臨んでほしいです。試合間隔が短いのは、切り替えるうえではプラスになると思いますから。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年02月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2013 J1 第1節 ホーム浦和戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 広州恒大 vs 浦和 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。