スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第33節・ホームC大阪戦の結果

広島4-1C大阪

広島得点

高萩、青山、寿人、石川

感想

 20年、サンフレッチェを見続けました。その歳月を振り返ってみると、頭の中から出てくる記憶や映像は、ポジティブなものよりもネガティブなものが多いです。94年のチャンピオンシップ第2戦で怪我をし、タンカに乗せられてピッチを出て行く高木の姿。同期入団した若手の須田と佐田がそろって広島を離れると聞いた時の深い落胆。性格的に移籍は無いのではと踏んでいた久保の移籍。京都との入れ替え戦で槙野が放ったオーバーヘッドの軌跡。いくら挑戦しても準優勝に終わるトーナメント。2度のJ2降格。ガジエフ…。それらを塗り替えてくれるほどの歓喜が、ついに訪れてくれた。サンフレッチェを見続けて良かった。J1リーグ優勝。最高の瞬間でした。

 C大阪をむかえての、ホーム最終戦。序盤はややC大阪ペースかなと思いましたが、高萩のシュートがネットを揺らしたあとは、あとはもう広島のやりたい放題に突入。なかでも青山のゴールは痺れました。左ウイングの清水のクロスを右ウイングの石川がダイビングヘッドで折り返し、ボランチの青山が決める。あそこまでダイナミックに左右に振られるとC大阪のDFとしてはもうどうしようもなかったと思います。ゴール後の青山のガッツポーズもカッコ良かったですね。

 C大阪の最大の武器と言えば、やはりその攻撃力。千葉が出場停止だったのでどうなるかと思いましたが、塩谷が千葉の穴を埋めて余りある活躍を示してくれました。森保監督の信頼もがっちりキープできたのではないでしょうかね。来期は塩谷にとって飛躍の年になりそうな気がします。

 とにもかくにも、ホームで優勝出来たのは良かった。個人的に、とにかく寿人に優勝を経験させてあげたかった。それがホームのサポーターの前での達成となって、もうこれ以上のものはないです。優勝決定の瞬間にピッチに突っ伏した寿人の姿と、祈りを捧げる高萩の姿は、目に焼き付いて離れません。来期はACLへの参加が決まっているので、優勝争いに食い込むのは今季以上に難しくなる。中心選手の年齢的な面も含めて、優勝するなら今季しかなかった。それを成し遂げてくれた森保監督の手腕は素晴らしかったです。

 優勝記念商品では、ユニフォームベアを注文しました。何かのタイトルを獲得する度に、ベアちゃんの数を増やしていければと思っております。次節でついに2012年のJ1も最終節。有終の美を飾りたいですね!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年11月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< 2012J1第34節・アウェー神戸戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 浦和戦。 >>

改めて列挙されるとホントに色々とあったなと…。
今年だって順風満帆なスタートではありませんでしたが、真摯にひたむきに向き合ってればやれないことはないんだと思わせてくれました。
リーグでとったタイトルだから正真正銘・広島が日本一っす!

寿人が誰よりも得点を奪ったシーズンに日本一になれたこと、それが本当に良かった(;_;)

2012年11月27日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます♪
サンフレッチェの歴史は苦闘の連続でしたから、どうしても辛い思い出だけ増えがちでした(^_^;)
でも、それらを一発で清算できるほどの喜びがリーグ優勝にはありましたね。
寿人やツインズが現役のうちに優勝できてほんと良かったです。
これで広島ユースを目指す子とか増えてくれたらいいな~と思います(笑)

2012年11月27日 さちくま URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。