スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第26節・アウェー名古屋戦の結果

名古屋1-2広島

広島得点

清水、太陽の男

感想

 劇的な試合でしたね…。まだ興奮が冷めやりません。森脇よ、お前は名古屋戦のロスタイムに得点する運命に生まれた男なのか!?

 試合の入りは名古屋、広島ともに慎重でした。そんな中、違いを生み出せる男、高萩の絶技が均衡を破ります。後方からのロングボールを軽いタッチで流し(スルー?)、清水へボールを渡した。たったそれだけのプレーでしたが、あれはJリーグの中でも特別な天性のサッカーセンスの持ち主・高萩洋次郎しか出来ないスーパープレイだったと思います。

 高萩からパスを受けた清水の眼前には、広大なスペースが空いていました。清水は迷うことなくドリブルを開始。名古屋ペナルティエリアへと迫ります。清水は寿人の動きを見ながらドリブルをしていたと思いますが、最終的には自らシュートに行く事を選択。ダニエルを凄まじい切れ味の切り返しでかわすと、スライディングでシュートブロックにきた闘莉王をあざ笑うかのように、強烈なシュートを叩き込みました。喉から手が出るほど欲しかった先制点を手にした広島でしたが、これが闘莉王の闘争心に火をつける事に…。

 名古屋のストイコビッチ監督は後半から増川を投入し、システムを4バックから3バックに変更します。これが大当たり!後半開始早々、サイドからのクロスに前線に上がっていた闘莉王が頭で合わせ、同点に追いつきます。森脇が競っていましたが、闘莉王にとってはまるで関係無しでした。あの競り合いの強さと決定力には毎度泣かされますね(^_^;)

 同点に追いついた事により、試合の流れは名古屋に傾きます。広島は運動量が減り、攻撃が単発化。名古屋にボールを支配される展開に…。しかし、そんななか、石川だけは運動量が落ちませんでしたね。前線に石川以外誰もいないときでも、簡単にボールを奪われたりせず、コーナーキックを取った。フォローに来た選手の位置が遠くてパスを出せないときでも、我慢してキープし、ファールをもらった。ミキッチが入り、五分の展開まで押し戻せるようになるまで広島が失点せずに済んだのは、石川の「自分に出来る事をとにかくやり切る」という愚直なまでの姿勢があったからこそだと思いますし、胸打たれるものもありました。と言うワケで、石川には個人的なMOMをあげちゃいます。おめでとうございます!

 時間が経過するにつれ、名古屋はパワープレーに徐々にシフトし始めます。しかし、なかなかチャンスは作れませんでしたね。対する広島も5バックで守る名古屋に手を焼き、決勝点を奪えないまま時間はロスタイムへ。ロスタイムが3分と知った名古屋のストイコビッチ監督は「短いんじゃないか」と怒ったみたいですが、4月のビッグアーチでロスタイムに何が起きたのか、そしてそれを成し遂げた男が誰で、まだピッチに立っているのかどうか、考えてみる必要がありました。

 後半ロスタイム、石原のクロスに合わせたのは、森脇良太。山なりに放ったヘディングシュートは、楢崎の頭上を越え、ネットを揺らしました。2-1!ここはもうドローでも御の字と覚悟していたのに、まさかの決勝点ですよ…。失点場面で闘莉王に競り負けたのは、この決勝点への伏線だったのではないか。そんな事すら頭をよぎる、劇的すぎる一撃でした。ストイコビッチ監督が怒りにまかせて投げ捨てたペットボトル、オークションに出て来ませんかね…。あれ欲しいw

 森脇の“パスゴール”(本人談)により、勝ち点3を得た広島。首位をキープし、勝ち点を50に乗せました。2位仙台は2-1で神戸に勝ちましたが、3位浦和はG大阪に0-5で大敗しています。少し歯車が狂うだけで簡単に下位クラブに足を掬われてしまうのがJリーグ。難敵・名古屋を退けたといっても、油断は大敵。次の相手は固い守備を誇る鳥栖です。ホームで戦える利はありますが、褌を締め直してかからないと、アウェーの二の舞になるでしょう。集中して戦って、勝利をもぎ取ってほしいです。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年09月22日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< 2012J1第27節・ホーム鳥栖戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | パク・ヒョンジン選手の加入が内定しました。 >>

良太の試合後のインタビューは本人が興奮し過ぎてましたねw
あんなにピクシー怒らせちゃってw
これで二回目だしw

こうなったら森脇獲得しようぜ、なんてピクシーが考えませんように(・∀・)ニヤニヤ

2012年09月23日 ゆにこ URL 編集

ゆにこさんコメントありがとうございます♪
森脇は興奮してましたね~!
試合後にはマッチデーJリーグにも登場してましたけど、テンションが全然変わって無くてそのままでしたw
ピクシーの頭には森脇の顔がこびりついて離れないんじゃないですかね(^_^;)
森脇と闘莉王が一緒のチームになったら…凄く暑苦しそうですw

2012年09月23日 さちくま URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。