スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第13節・アウェー札幌戦の結果

札幌1-3広島

広島得点

寿人、山岸、コウジ

感想

 札幌と戦うのは久しぶりすぎて、テレビ観戦中はなんだかJ2の試合を見ているような感覚に落ち入っていました。どうもこんばんは。ここ数ヶ月、試合の感想記事でしかこのブログを更新してないような気がする今日この頃ですが、確認するのが恐ろしいので目を背けたいと思います。

 というわけで、札幌戦です。札幌といえば前田俊介様ですが、残念ながら前節で全治3ヶ月の重症を負ってしまわれたご様子。前俊を諦めていない僕としては広島戦で前俊を見られなかったのは残念でした。

 広島は現在2位と絶好調。1位仙台との差を縮めるためにも、最下位相手となればアウェーといえどもメメタァと勝ち点3を奪いにいかなければなりませんが、どうも広島はオッズが広島に傾くような対戦相手になると脆さが出てくるんですよね。それに加え最近は失点癖がついている事もあり、試合の入りはまずはじっくり様子を見ていく形となりました。

 様子を見に行くといっても、チャンスとなれば思い切って攻めていくのが広島です。21分、中盤でボールを奪うと青山から高萩、寿人とボールが渡り、最後は冷静に寿人が流し込み1-0。そして6分後にはまたまたカウンターから青山、高萩とパスが繋がり、高萩がタメを作ったところに走り込んできた山岸がフィニッシュ。2-0とします。ショートカウンター美味しいです。冷酷なアシストマシーンとして開花しつつある高萩の存在感が際立つ2得点でした。

 前半を2-0で折り返し、首尾は上々。これは後半最初の15分さえ耐えれば勝利はかたいだろう。そう考えていたらさっそく開始5分で内村にズドンと決められ2-1に。いくらなんでも毎試合こういう展開になるのは破天荒すぎで辛いですw

 札幌は1点差に追い上げた事で動きが良くなり、広島は守りに力を割く時間帯が多くなっていきます。でも、この日の広島にはそこまで切羽詰まっていた感じはありませんでしたね。このまま2-1で終了するのではと思っていたら、広島に更なるDORAMATICな展開が待っていました。

 82分、石原が倒され得たFK。蹴るのは森崎ツインズの弟、コウジでした。冷静に振り抜いた左足は正確にボールをとらえ、狙い通りのコースに!キーパーの手前でバウンドする魅惑のFK。これだけでご飯3杯はいける美しさ、お見事でした。これで3-1。勝負あり。

 首位仙台はフロンターレに敗れ、これでついに仙台と広島の勝ち点差は2になりました。さすが風間監督、頼りになります。勝ち点差2にせまったところで中断期間に入ってしまうのは何だか勿体ない気がしますが、これから過酷な夏場の試合い突入するわけですし、胃から汗が出るくらいの練習を積んで、再開に備えてほしいと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


 

スポンサーサイト

2012年05月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2012ナビスコ杯第5節・ホーム仙台戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2012J1第12節・ホーム神戸戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。