スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012ナビスコ杯グループステージ第4節・アウェーC大阪戦の結果

C大阪2-1広島

広島得点

寿人

感想

 ナビスコカップグループステージA組で勝ち点1の最下位に沈んでいる広島。グループステージ突破のため、リーグ戦の疲れの見える選手を休ませつつも、勝ちに行かなければならない一戦となりました。

 森保監督はリーグ横浜FM戦から、トップの寿人はそのままに、2シャドーを入れ替えてきました。注目の組み合わせは、コウジと野津田!野津田は戦前のコメントでコウジへの熱い敬愛の念を吐露しており、同時スタメンとなった今日の試合は気合いも一入だった事と思います。見せてくれたプレーも積極性があり、良かったですね。切れ込んでの左足シュートは見応えがありました。消える時間もありましたが、森保監督は最後まで野津田をピッチに立たせました。そう森保監督に判断させるだけの怖さは放っていたと思います。

 復帰してからだんだんと調子を上げているコウジは気の利いた動きでボールを受け、散らし、チームの潤滑油として機能していましたね。何本か打った得意の左足シュートがあまり枠に行かなかったあたりが残念でした。後半のドンピシャヘッドは決定的だったので、決めたかったところでした…。とは言え、黒子のように動き回るコウジの姿はやはり見ていて楽しかったです。得点が取れるようになってくれば完全復活ですね。

 ファンソッコは清水が出場停止だった事もあり、左サイドでの出場となりました。寿人の得点にも絡みましたし、存在感を示せましたね。ストッパー、サイドハーフと様々なポジションを任されているファンソッコですが、どこのポジションでも水準以上のプレーを見せてくれるのが素晴らしいです。

 失点が多くなった最近の広島。堅守復活を目指しているところですが、今日も2失点してしまいました。ですが、クロスへの対処は改善の兆しが見えたので、そこは収穫と言って良いと思います。あとはとにかく耐えて、無失点で終える試合を作りたい。そうすればそれを切っ掛けに守備も好転していけると思います。

 試合終盤、ボールを回してC大阪ペナルティエリア付近まではいけたのですが、最後の最後で「どう崩すのか」という絵を描ききれませんでしたね。ボールを持った選手が次にどうするのが最善か迷いながらプレーしているように見えました。1トップがワシントンなら多少テキトーなボールでもとにかく入れてしまえばあとは勝手になんとかしてくれますが、反則級助っ人が前線にいない広島ではそれも出来ません。とにかく精度を高めて崩しきらなければならないのですが、実際問題それもなかなか難しい。となると、やはり相手に引かれた場面では高さのある選手が前線に欲しいです。困ったらシンプルにクロス、という選択肢があるだけで選手の心の余裕がだいぶ違ってくると思うのですが。

 リーグ、ナビスコとまたいで連敗となってしまったので、次のホーム神戸戦が本当に大切になります。デイゲームですが、暑さに負けず走りきって、勝利をたぐり寄せて欲しいです。

 
 
クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

 

スポンサーサイト

2012年05月16日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2012J1第12節・ホーム神戸戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2012J1第11節・ホーム横浜FM戦の結果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。