スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第10節・アウェー柏戦の結果

柏2-5広島

広島得点
寿人2、高萩、石原2

感想

 なんという試合だったのでしょうか。まるで今日の試合の前半の天候のように劇的でした。←すいません、ちょっと「の」を使いすぎで読みにくいでしたの(^_^;)。

 先制したのは広島。完璧な崩しからの石原のクロスに寿人が頭で合わせました。2人のコンビネーションはどんどん良くなっている印象ですね。リードしてからは柏にもセットプレーを中心にチャンスが出来はじめます。去年やられた北島がスタメンで出ているし、キッカーも超一流。柏のセットプレーになるたびに寿命が縮みそうになりましたよ。

 前半20分過ぎあたりからだったでしょうか。それまで晴れ渡っていた天気が一気に崩れ始めます。強烈な風と雨にスタジアムが見舞われ、実況の八塚さんと解説の玉乃さんは子供のように大喜び。雨の激しさはハンパではなく、難しい試合運びになってしまいましたが、無難に前半を無失点で乗り切る事に成功しました。

 後半開始早々、広島に追加点が入ります。FKから高萩のスルーパス。なぜかゴール前で超ドフリーになっていた寿人に通り、楽々とゴールに流し込みました。なんであんなにフリーだったのか謎ですが、儲け物でした。

 2点差になってあとは守りきれば良い状態になりましたが、2-0はサッカーでは一番危険なスコアと言われています。その危険さと恐ろしさを、サンフレッチェはこれから身をもって味わう事になりました。

 ネルシーニョ監督は2点差になると、渡邉にかわり去年ブレイクした田中をピッチに送り込んで来ました。その田中がネルシーニョ監督の期待に応え、スーパーゴールを決めます!振り向きざまに左足を振り抜いて決めたゴールはまさにスペシャル。マークについていた千葉が田中の左足をケアするポジショニングを取れていれば防げたかもしれませんが、いやまあ、あれは田中のシュートが凄かったですね。

 1点差へとせまった柏はホームの熱狂的な盛り上がりにも背中を押され、怒濤の攻めを開始します。広島はこの時間帯は完全に耐える時間に。柏は左サイドのジョルジ・ワグネルにポンポンとボールが渡り始め、クロスの雨を広島に浴びせます。それでも必死に耐えていましたが、78分についに決壊。ロングスローからジョルジ・ワグネルに決められてしまいます。

 2-2になった段階で、既に寿人はベンチに下がっていました。柏はこれからさらに勢いを増してくるでしょうし、これはもう夢も希望もないと自殺を考えたサポもいたかもしれませんが、思いとどまってくれてよかった!これからモハメド・アリのキンシャサの奇跡も真っ青の反撃が開幕したのですから。

 85分、右サイドでボールを受けたミキッチがクロスを上げます。中で待っていたのはアーティスト高萩。柏DFと競り合いながらも右足でダイレクトで合わせたボールは、吸い込まれるように柏ゴールに突き刺さりました。柏・田中のゴールに匹敵するほどの美しいゴールでした。2点差を追いつかれたあとに再び突き放す反骨精神の強さは、近年の広島にはあまり見られなかったもの。森保体制になってから、こういう部分の強さも身につけつつあるのかもしれませんね。

 高萩のゴールから4分後、再び広島に歓喜の瞬間が訪れます。今度は石原が決め、スコアは2-4に。これで完全に試合は決まりました。そしてロスタイムにカウンターから野津田から石原にパスが通り、独走した石原が落ち着いて決めて2-5。得失点差を稼げたと同時に、得点にからめた野津田も自信になったであろうダメ押し点でした。寿人と石原で30点、もしかしたらイケるかもしれませんね!

 本当なら寿人の2得点で2点差にした時点でそのまま逃げ切らなければいけない試合でしたが、こういうバカ試合もたまにはいいかもしれませんね。ゴールデンウィーク中のお祭りみたいな感覚で楽しかったですしwでも、もう駄目ですよ、こういう試合は(^^;)ちゃんと逃げ切れるように、守備の甘さを修正していきましょう。

 次はなにやら復調気味の横浜FMをホームにむかえての一戦になります。中村俊介のセットプレーが厄介ですね。ちょこまか系のドリブラー、斎藤や小野が勝負を仕掛けてきたときに、どれだけファールを犯さずにボールを奪えるかが鍵になるでしょう。今節、首位・仙台が敗れたため、現在の勝ち点差は4です。次節もホームでしっかり勝って、優勝戦線に食らいついていきましょう!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年05月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< 2012J1第11節・ホーム横浜FM戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2012J1第9節・ホーム新潟戦の結果 >>

洋次郎の形容詞はアーティストでいきますか?
何かこれってのが思い浮かばずありきたりなファンタジスタで誤魔化しましたが、洋次郎には特別な名称欲しいっすね。
ちょっと髪型が大人しくなり過ぎて見た目的なアーティストっぽさが減少したのは残念ですが(笑)

2012年05月07日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます♪
僕は洋次郎にはアーティストの称号を与えたいですねw
感覚でプレイするタイプだけに、昨日のように圧倒的なプレーを見せるときもあるし、見てるこっちがズッコケてしまうような軽いプレーをするときもある…。
面白いプレイヤーです、ほんとw
最近は本格的に覚醒してきてるような感じがあるので、この調子で日本のレジェンドになって欲しいです。
髪型はたしかに大人しくなっちゃって寂しいですね。
せっかくなんで、今度はめちゃくちゃヒゲを伸ばしてみるとかしてほしいですw

2012年05月07日 さちくま URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。