スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012ナビスコ杯グループステージ第3節・アウェー磐田戦の結果

磐田1-0広島

広島得点

無し

感想

 ナビスコ杯の前節と同じく、リーグ戦から若干メンバーを変更して臨んだ試合となりました。1トップに石原が入り、ボランチに中島、両サイドが清水と石川という布陣。対する磐田は前田や駒野といった主力を使っており、リーグ戦で静岡ダービーに敗れた悪夢を少しでも早く払拭したいという意志が伺えました。

 前半45分はず~っと広島ペースで推移しました。鳥栖のハイプレスに苦しめられたばかりなので、その時の印象が選手に残っていたんでしょうかね。磐田のプレスが鳥栖のそれと比較すると厳しいものではなかったので、余裕を持ってパスを繋げていたように見えました。

 チャンスを山盛りに作った前半でしたが、最後の最後で磐田に踏ん張られ、得点を奪えませんでした。これが最後まで尾を引きましたね。

 森保監督は後半頭から中島浩司にかえて森崎浩司を投入します。中島と青山の関係が上手くいっていたので、わざわざ急いで中島を交代させる必要性は感じられなかったので、これは復帰したばかりの森崎浩司に実戦で調整させるのが主目的の交代だったのでしょうね。あとは「浩司から浩司への交代やで。どうや面白いやろ」というファンサービスが若干あったのかもしれません。

 結果的には磐田の山田に見事な反転シュートを決められ、鳥栖戦に続き0-1というスコアで敗戦となりました。鳥栖戦での水沼といい、ビューティフルゴールを決められてしまう最近ですね(^_^;)

 今日の試合では特に清水や大崎、青山が躍動してチャンスを作りました。清水は意図的に低いクロスを何度も上げていて、中で合わせる選手の特徴をよく考えた選択ができていたと思います。大崎は精力的に動き回り、広島の攻めに躍動感を与えていました。ただ、すぐに転びたがる癖はそろそろ直した方がいいでしょうね。多少足をかけられても我慢してガツガツいくくらいの野性味が出てくれば、もっと良い選手になれると思います。

 「あのシーンで決めていれば」と終わった後に後悔する0-1で負けた試合のテンプレみたいな展開になってしまったものの、内容を考えるとそんなに悲観する事は無いと思います。ただ、次のJリーグ名古屋戦で無得点で負けるような事があれば、黄信号ですね。危機感を持って、ピリッとしたゲームを見せてくれたらと思います。

 あと今日の主審の方はもっとファールを流しても良かったですね。あまり審判に対してあれこれ書いた事は無いんですが、さすがにフラストレーションがたまったので。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


 

スポンサーサイト

2012年04月18日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< しまったぁぁ! | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2012J1第6節・アウェー鳥栖戦の結果 >>

あえて自分とこには書きませんでしたが、大崎が倒されたのはPKだったんですかね…。
ポイチさんも大きなジェスチャーでアピールしてたって言われてましたし。
運やツキのせいにはしたくないですけど…でもあれはやっぱないわ、ないw

2012年04月19日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます♪
大崎が倒されたのはPKだと思います。
足がかかっているように見えました。
ポイチさんは嘘、大袈裟、紛らわしい系のジェスチャーはしない方だと思うので、ポイチさんが猛アピールしたと言う事はPKで間違いないと思いますw

2012年04月19日 さちくま URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。