スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第6節・アウェー鳥栖戦の結果

鳥栖1-0広島

広島得点

なし

感想

 「先制点を取って守りきる。先制点を取れるまで守りきる。先制点を取られたらあきらめる」。これがJ2初昇格組がJ1を生き抜く上でまず最初に思い描くであろう勝利の形でありましょう。まあ先制点を取られてもあきらめはしないでしょうけどw

 前々節になるのかな?鳥栖と神戸の一戦をテレビで見たんですけど、その試合は鳥栖のプレスがハンパじゃなかったし、カウンターの鋭さも凄かった。鳥栖強いじゃん!と驚いたのをよく覚えています。前節の名古屋戦(これはダイジェストしか見ていません)も楢崎神の神セーブがなければ鳥栖が勝っていてもおかしくなかったみたいだし、こりゃ広島も苦戦させれるかもしれないなと覚悟はしていました。

 鳥栖にはキムクナンや豊田と言った電柱型の選手がそろっていたので、セットプレーには細心の注意を払わねばなりませんでした。いや、もはやキムクナンは電柱どころかスカイツリー並みの高さで、横に並んだソッコがそこら辺の普通のあんちゃんに見えるような有り様。頭には要注意だとは思っていたんですけど、甘かったです。真に危険だったのは水沼の右足でした。セットプレーからのこぼれ球を豪快に蹴り込まれ、やりたくなかった先制点を献上してしまいます。あのシュートは見事すぎました。もう1年栃木にいてくれたら良かったのに。

 先制点を取られた事により、広島の攻めも鋭さを増しますが、鳥栖のディフェンスは分厚かった…。最後まで守りきられ、痛い黒星となりました。

 今日の試合できつかったのは、中で崩せない時にはミキッチのスピードに全てを賭ける戦術「ゴーゴーミキッチ」を封じられた事でしょうね。ミキッチと相対した選手はよくやったと思います。左の森脇も特に目立っていなかったですし、後半途中からミキッチと森脇のポジションを入れ替えてみても良かったかもしれません。もしくは清水を使うとか…ですね。

 そして今日の森保采配ですが、大崎と高萩のシャドーを途中で石原とコウジのコンビに切り替えたのは面白かったです。潤滑油になれるコウジとストライカー型の石原の組み合わせは相性も良いだろうし、見ていてワクワクしました。ただ、残念だったのはコウジのコンディションがまだ完全ではなかったことですね。ボールが足に着いていない感じが見受けられました。しかし、惜しいリーキックという見せ場もありましたし、復帰初戦でまずまずの感触は得られたと思います。これからコンディションを急ピッチで上げて行って欲しいです。

 鳥栖と言えば武者修行中の岡本にも触れないわけにはいきませんよね。岡本、凄く頑張ってました。効いていましたね。これからはレンタルに出す選手には「広島戦では起用禁止」という条件をつけた方が良いかもしれません。来年は帰って来て下さいねw

 連勝はストップしました。気持を切り替えて、もう一度仕切り直しですね。その繰り返しでさらに強くなっていける事を信じて、これからチューハイでちょっとしたヤケ酒タイムに入りたいと思います。今回はノンアルコールという失敗を犯さず、ちゃんとしたのを買ってきました!やりましたイエーイ!(*^∀^)/\(^∀^*)

 …と言うわけで、無理矢理明るく締めてみました。次はナビスコ磐田戦です。それでは…マタネー♪ (o*・ω・)ノ))ヒック


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年04月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

<< 2012ナビスコ杯グループステージ第3節・アウェー磐田戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | クイズ・この選手は誰でしょう。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。