スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2011J1第23節・アウェー浦和戦の結果

浦和1-1広島

広島得点

チュンソン

感想

 いい試合でした。ボールのつなぎもスムーズで、広島のサッカーをかなり表現できていたと思います。
それだけに…アウェーといえども、勝ちたかったです。

 前半は両者互角の展開。広島は深い位置からのスローインから中島のシュート、浦和は田中達也のダイレクトボレーなど、互いに決定機を作ります。もっとも、前半の浦和の決定機はこれくらいで、攻めの迫力自体はそんなに感じませんでした。
しかし、先制点は浦和に入ります。デスポトビッチのボールキープから原口に繋がり、振りの早い見事なシュートを決めてきます。前節・鹿島戦の野沢のゴールのような形でしたね。

 先制点を許した広島ですが、すぐさま反撃。
後半から出場していたチュンソンがミキッチの左足クロスをヘッドであわせ、同点に追いつきます。
最近のゴールからの嫌われ具合からすると拍子抜けするほどあっさり決まったゴールで、なんだか決まった瞬間は「え?」っていう感じでした。
 そしてチュンソンのゴール直後に、広島はまたも決定機をむかえます。左サイドから猛然と浦和ゴール前まで突進してきた山岸に絶好のパスが通りますが、山岸のシュートは浦和GK加藤が好セーブ。
後半終了間際には再びチュンソンのきわどいシュートを加藤に止められていますし、加藤にしてみればチュンソンのゴールは「ちょっとだけよ」的なサービスだったのかもしれません。

 広のサッカーが、だんだんやれてきています。
今はんぼの稲刈りが目の前の時期で、涼しい季節の到来です。
もう士肌着も安物でOK!となる時が来れば、もう本物の秋。
歳末け合い運動的な精神を忘れなければ、
糸をくように走り続けられるようになります。
世の退屈な守り重視のサッカーを粉砕する、熱い反撃の秋をむかえたいですね。

 前節、前々節と無得点での敗戦が続いておりました。しばらく前から間食をやめようと決意を固めている僕も、さすがにここ2試合は試合後に強いストレスにさらされ、じゃがりこをむさぼり食って気を紛らわせなければいけない状態におちいっていました。そのじゃがりこむさぼり食いたい症候群が今日の試合後は発症しておらず、僕のメタボ具合は今のところ小康状態を保てています。次節はホームでの試合。しっかり勝ってもらって、歓喜のじゃがりこ一気食いを僕にさせてくれる事を、期待しています!


 
 

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

2011年08月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

<< 2011J1第24節・ホーム新潟戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2011J1第22節・アウェー鹿島戦の結果 >>

縦ポンサッカーじゃないけど
読まれてますよね
みしゃのサッカー
でも私は広島のサッカーが
すきなのです
ねむくなりましたw

うわー。縦読みって難しいですねw
コメント欄で遊んでスミマセン。

2011年08月25日 ゆにこ URL 編集

ゆにこさんコメントありがとうございます♪
縦読みはやってみると難しかったですww
紳士肌着のあたりに苦しさがにじみ出てます(^^;)

縦読み作成お疲れ様でした~☆

2011年08月25日 さちくま URL 編集

最初に言っておきますが、僕のは縦読みではありませんよ(笑)

向こうのキーパーも調子が良かったんでしょうし、まぁ深くはあまり考えたくない試合にはなってしまいました。
まぁ試合後浦和サポが大ブーイングかましてたんで、どちらが試合をコントロールしていたかは明白だとは思います。
最後の水本のが決まってれば本が一冊書けそうな展開でしたが、次にお預けって事で!

2011年08月26日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます。
もちろん縦読みじゃなくてもOKです(笑)

加藤はナイスセーブ多かったですね。
名古屋戦での高木もそうでしたけど、相手GKに活躍されちゃうケースが多いです。

試合をコントロールしていたのは、間違いなく広島でした!
最近はミシャも気弱なコメントをする事が多くなってきたので、ここらへんでガツンと勝ちたいですね。
今日の新潟戦で暗雲を払いたいです!

2011年08月27日 さちくま URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。