スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2010J1第29節・ホーム浦和戦の結果

広島2?1浦和

広島得点

チュンソン、寿人

感想

 ナビスコカップの悲劇から3日…。はやくもリーグ戦を戦う日がやってまいりました。個人的にはとても気持ちを切り替えられる状態まで回復していなかったんですけど、相手が浦和だということでかろうじて試合へのモチベーションを確保できました。浦和と言えば何と言ってもサンフレッチェ学校から転校していった柏木ですよね?。最近はあんまり気にすることはなくなっていたんですが、今季リーグ戦開幕から数試合は広島と同じくらい浦和の試合を気にして見ていました。柏木は浦和に移籍したことによりただの柏木からプロアクティブ柏木へと進化を遂げているようで、おそらくフィジカルがパワーアップしている予感。油断できませんね。

 さて、そんな浦和にホームで勝てれば精神的な重しが少しは軽くなるんじゃないかと思っていたのですが、先制点は浦和に入ります。自陣ゴール前でのつなぎのパスを狙われ、最後はエジミウソンの弾丸ミドルがズドン。大きなクリアは最低限の繋ぐサッカーをしている以上は、10試合に1度はこういう失点を覚悟していないと駄目なのかもしれませんね…。

 先制点は奪われたものの、前半の内容的には広島が上回っていたように思います。ただ、ラストパスや仕掛けのパスの精度に難がありました…。そして後半頭から広島は満を持して寿人を投入。反撃モードに入ります。寿人効果(?)はすぐに現れ、後半6分にミキッチのクロスからチュンソンがボレーで豪快に決めて同点!クロスが入ってきたときの寿人とチュンソンのポジション関係も非常に上手くいっていましたし、2人のストライカーが互いにゴール前でお互いを活かし合う関係になれることを示したシーンだったと思います。

 同点ゴール以降は一進一退の展開になります。サヌが倒されたシーンは僕はPKだと思い目を覆いそうになりましたが、主審の笛は鳴りませんでしたね…。危ないところでした。他にも広島はチュンソンのループ、浦和はエジミウソンの1対1など両チーム決定機がありましたが、西川と山岸のファインセーブにより得点には至らず。こりゃ同点で終了かな…と思い始めたその時、寿人が魅せてくれました。山崎のパスを受けた寿人が山岸をかわし左足で冷静にゴールゲット。エースの今季10点目により広島がリードを奪います。試合はそのまま2?1で広島が勝利しました。

 3日前に120分の死闘を戦っていたにもかかわらず、運動量は最後まで浦和と互角でした。このままずるずるいきたくない!という意地が足を動かしていたんでしょうか。衝撃的な敗戦を経て、サンフレッチェは一段階逞しくなったように思いました。

 寿人とチュンソンが2トップを組み、互いに点を取ったのも吉報ですね。今期中の1トップ2シャドーから2トップへの変更にはミシャは慎重な姿勢を見せているようなので、今季のリーグ戦残りの試合はチュンソン1トップ、寿人は途中から投入という形でいくんでしょうか。戦力はここに来て充実してきています。ミキッチは4位じゃなく3位も狙えると痺れることを言っていますし、残りの試合は快進撃で締めくくってくれることを期待しています。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

2010年11月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< 槙野はじっくり考える。 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | ナビスコカップ決勝・磐田戦の結果 >>

分かります、オンラインやゲーセンの対戦はなかなかやるもんじゃないですよね(笑)

柏木悔しそうでしたねー。
あの顔見たら槙野も移籍を思い留めてくれるかもしれません(笑)

浦和はもっと洗練されたサッカーしてるのかなと思ったんですが、柏木抑えときゃ何てことはなかったですね。
来年は監督代わるようですし、また一からのスタートですか。
まぁ監督が変わろうがどうなろうが、来年も寿人とチュンソンが浦和ゴールを陥れてくれることでしょう!

2010年11月07日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます。
オンライン対戦はかなり気疲れしちゃうと気付いた今日この頃でした(笑)

柏木はきっとサンフレッチェ学校を離れた寂しさみたいなものを感じてたんじゃないでしょうかね。
槙野には移籍を思いとどまって欲しいです。
次節当たるガンバの安田から面と向かって猛烈な勧誘を受ける前(10日)に結論ということで、その点は良かったかもしれません(^^;)

浦和もメンバー的にそうとう苦しそうでしたね。
できればフィンケ続投で今のサッカーを継続できればいいんでしょうけど、ビッグクラブはその点大変ですね。
清水の長谷川監督くらい長くやって駄目ならしょうがないなって割り切れますけどね~。

これからは浦和をお得意様にできるくらいになりたいですよね。
寿人とチュンソンがまたやってくれると思います♪

2010年11月08日 kojifrecce URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。