スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ACLグループリーグ第6節・ホーム浦項戦の結果

広島4?3浦項

広島得点

大崎、チュンソン、田、槙野

感想

 若手中心で臨んだ浦項戦。最高の結果と、そして熱い試合内容…。広島の若手がどれほどのものかをアジアに示す事ができました。

 試合開始直後の大崎の得点、同点に追いつかれたあとのチュンソンの得点、前半終了間際の田の得点、まさかのトリックPK再来の槙野の決勝点。どの得点も素晴らしいものでした。浦項と言えばACL第2節でその強さを見せつけられた相手。しかし、選手たちはまるで恐れることなく戦ってくれました。

 チュンソンはポストプレーも巧みで効いていましたし、大崎も持ち味を十二分に発揮。清水も果敢に仕掛けて存在感を見せてくれました。両サイドの選手がともにスピードのある選手だったので、攻撃に躍動感がありましたね。後半途中に寿人、高柳、山岸を投入してからは右サイド石川、左サイド山岸の両翼になりました。この両サイドはこれからのリーグ戦を見据えて「試してみた」形だと思いますし、これからオプションの一つになるのではないでしょうか。

 それにしても、既に敗退の決まっていたACL予選リーグ最終節をこれほど実りのある試合にできるとは…。若手選手たちには素晴らしい経験になりましたね。自分たちが出た公式戦で勝つか負けるかでは、得られる自信にも雲泥の差があるでしょうし。

 試合自体もエキサイティングで面白かったですし、見ていた人達にも「広島のサテライトも、悪くない、かな??」(byチュンソン)と思ってもらえる試合でした。ミシャも喜んでいることでしょう。若手の突き上げ、成功です。



リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2010年04月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

<< 2010J1第9節・ホームFC東京戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 2010J1第8節・アウェー新潟戦の結果 >>

あれで負けてたら何を言われたか分からなかったですが、本当によく闘ってくれました。
…あと、あのPK外してたら何言われてたか分かりませんでしたが、本当によく決めてくれました(笑)
強豪を見てれば鹿島なら遠藤、G大阪なら宇佐美と次々に出てきますが、広島にも大崎って言いたいなと。

FC東京戦ではチャラ男風重松を大崎のキュンキュンドリブルでギャフン言わせて欲しいと思ってます。

2010年04月28日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます。
あのPKには驚かされましたが、「たのむから普通に決めてくれ」と思う気持ちが9割くらいあります(苦笑)
外したら袋だたきにあってたところでしたが、それでもやっちゃう寿人と槙野の度胸には頭が下がります(笑)

特にG大阪は宇佐美に平井と怪我人の穴を埋める人材がタケノコみたいにニョキニョキ出てきてる印象です。
大崎にはその中でもナンバーワンの存在になってほしいです!
FC東京戦でも昨日の試合そのままの勢いで暴れて欲しいですね(^o^)

2010年04月28日 goldkoji URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。