スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2010J1第6節・ホーム川崎戦の結果

広島0?3川崎

広島得点

無し

感想

 完全に力負けしたな、という印象ですね。ともにACLを戦う両チーム、蓄積された疲労も、怪我人の多さも共通しています。しかし、スコア上では0?3と大きく差がついてしまいました。

 川崎という強豪相手に絶対に与えたくなかった先制点ですが、あっさりと献上してしまいます。前半6分、左サイドでプレッシャーをかけられ、たまらずバックパス。そのボールをさらわれ、レナチーニョにたたき込まれます。先制点をとった川崎は省エネモードに突入。広島にボールは持たせますが、最後のところでは自由にはやらせませんでした。

 後半に入ると黒津がいきなり豪快なシュートをたたき込み、差を広げます。チャンスを作るものの決められない広島に対し、これ以上ないほどに効率よく点を奪う川崎。ここでミシャは青山投入を決断します。

 青山が入った広島のギヤは確実に1段階上に上がりました。チュンソンも投入し、さらに攻めにかかります。しかし、決められない…。そうこうしているうちにカウンターからまたレナチーニョに決められ、0?3に。勝負はこの時点で決しました。

 個人の力でこじ開けてくる川崎に対し、コンビネーションで崩していく広島。そのコンビネーションに、どうも微妙なズレが生じてきているようです。寿人もボールを受けたときのトラップが大きく浮いてしまう場面も多く見られました。こういう苦しい時期は必ず訪れると思っていましたが、どうやら今がその時期のようです。

 ACLをはさみ、鹿島、名古屋とJ屈指のクラブとの連戦が続きます。まずは現実路線のサッカーで勝ち点を拾いに行く…。そういうサッカーに一時的に切り替えることも必要かもしれませんね。

 それと、昨日の試合で唯一の希望と言っても良かった青山が、試合後に膝の痛みを訴えているようです。もしまた離脱するようなことになったら…と思うと、なんとも重苦しい気持ちになります。そんなに悪い状態になっていないことを祈ります。もし長期離脱になるようなら、監督、スタッフ陣は青山を復帰させるタイミングを完全に読み違えてしまったことになります…。怪我人続出の現状もありますし、選手のケアは現状のままでよいのか?再考してみる必要があると思います。

 とにもかくにも、試合は容赦なくやってきます。若手にはまたとない出場のチャンス。頑張りどころです!



リンク・サンフ2010試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2010年04月11日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

<< ACLグループリーグ第5節・アウェー山東戦の結果 | 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP | 槙野とかマルキーニョスとか >>

青山はシュート撃った後に顔ゆがめてた気はしたんですけど、まさかコメントに出てくるまでとは思わなかったです。。
アデレード戦から2連敗しただけでこんなに絶望感に溢れるとは思わなかったですが、今年は例年以上に一試合一試合一喜一憂させられそうなんで、早めに覚悟を決めていきたいと思うとります(笑)

2010年04月11日 ゆうた URL 編集

ゆうたさんコメントありがとうございます。
僕もミシャのコメントを見て「え、そんな状況だったの?」ってビックリしました。
山形戦の前までは「こりゃ行けるぜ!」という希望が沸き上がってたんですが、この2連敗で見事にしぼみました(苦笑)
僕は当初の通り「今季は降格しなきゃOK!」というスタンスで見守っていこうと気持ちをあらたにした次第です(笑)

2010年04月11日 goldkoji URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。