スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

清水に大勝!勝ち点3を積み上げる。

清水1-5広島

広島得点

 ドウグラス、水本、浅野2、柏

感想

 前節、鳥栖に守り切られ、スコアレスドローの勝ち点1に終わった広島。その鬱憤を晴らすかのように、今日の清水戦では攻撃陣が大爆発しました。

 結果的に大勝とはなったものの、清水も試合序盤から決定機を作っており、もしそれらをウタカやテセが決めていたとしたら、スコアはまったく違うものになっていたでしょう。もっとも、言っても詮無き事ではありますけどね…。広島守備陣は最後の最後でよく体を張ったと思います。

 清水の攻撃はシンプルにウタカやテセ、デュークめがけてロングボールを放ってくる形が多かったですが、これはかなり嫌でしたね。デュークは0-2になって早々に交代させられていましたけど、個人的には彼が残っていた方が嫌だった気がします。

 広島は鳥栖戦で止まりかけた勢いを再び加速させる事に成功しました。1点目はシンプルで手数をかけない見事なカウンターから。2点目はセットプレー。3点目、4点目は浅野の持ち味が存分に生きた形。5点目は柏のぐりぐりドリブルからのコロコロシュート。浅野は途中交代から2点叩き込んでくれるなんて素晴らしい。1点目は競り合いの場面で相手にちょこんと体をぶつけ、ボールを自分のものにした技術が最大の見どころでした。たまにああいうテクニックを使う選手がいますけど、浅野も体得していたとは思いませんでした。2点目はドウグラスからのパスをトラップした、あのファーストタッチが素晴らしかった。鳥栖戦ではロングボールをトラップミスしてチャンスを潰してしまっただけに、あのファーストタッチには価値があります。そのあとの冷静なループシュートも見事でしたし、なんだかストライカーとして一段階段を上がった感じがありましたね。

 柏の5点目も凄かったですね。時間帯はもう試合終了間際ですよ。にもかかわらず、あの細かい足の運びでドリブルをしてシュートまで持っていってしまうんですからね。一体どういうスタミナをしているんでしょう…。凄すぎますね。

 次節はFC東京との試合が組まれています。鹿島と浦和の試合が浦和勝利で終わったので、セカンドステージの順位では頭一つ抜け出ましたが、年間順位では浦和の下につけている状態は変わっていません。まだまだしびれる戦いは続きますね。

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年09月26日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

ミキッチ、ドウグラス、アサーノ!逆転で山形を下す!

山形1-3広島

広島得点

ミキッチ、ドウグラス、浅野

感想

 試合序盤は山形ペース。直接FKでクロスバー直撃弾を放たれるなど、肝が冷えるシーンも作られました。バーとゴールラインのあいだをピンポン玉のように跳ね返るボールは恐怖そのものでした。ディエゴは馬力があるので、ボールを持たれると厄介でしたね。

 前半、気になったのは水本のパフォーマンス。パスミスが多かったですし、体の動きも硬かった。どこか怪我でもしているのかと思ったんですけど、後半はベテランらしく挽回しましたね。

 ミキッチ、ドウグラスのゴールで逆転したあと、この試合最大のハイライトがやってきます。

 ミキッチがペナルティエリア内でファールを犯し、PKを献上。絶対絶命のピンチで広島を救ったのは、GKの林!選手入場を果たし、リング上で試合開始のゴングを待つプロレスラーのようなオーラを発散させながら、林はPKキッカーのディエゴを威圧すると、ディエゴのシュートコースを完璧に読み切り、フライングボディプレスの如き横っ飛びでシュートをはじき返しました。林は今シーズンPKで頼りになり過ぎですよ。最近、林のアゴの艶が良い気がするのは、きっと気のせいじゃないですね。

 林のPKストップで士気が最高潮になった広島は、コーナーキックから韋駄天浅野がドリブルで独走し、この試合3点目をゲット。試合を決めました。

 アウェーで勝ち点3を獲得し、ベンチ入りした柴崎も40分ほどプレーできた。浅野にもゴールが生まれた。収穫の多い試合になりましたね。中断明けの試合でどうなるかと思いましたが、勢いがつきそうな勝ち方ができました。

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年09月12日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。