スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ドウグラスの2発でマリノスに完勝。年間順位でも首位浮上!

広島2-0横浜FM

広島得点

ドウグラス2

感想

 今日の勝利で第2ステージ4連勝となりました。前半終了間際のPKでの先制に、後半のカウンターからの追加点。今日の解説が原博実さんだったら、「いい時間帯に取りましたね」と言った事間違いなしのいい時間に点を取り、マリノスを寄せ付けずに勝利しました。手堅い。実に手堅い。

 横浜FM戦では斎藤のドリブルによくやられていた印象があるのですが、斎藤は前節に負った脳震盪の影響により、今日の試合は出場を回避。広島にとって、これは大きかったと思います。斎藤の細かいステップのドリブルからのシュートはトラウマ級の恐怖となって自分の脳裏に焼き付いているので…(^_^;)

 追加点のシーン。カウンターからカズのシュート→こぼれ球をミキッチが拾いクロス→ドウグラスのヘッド、という流れからだったのですが、ミキッチのクロスの精度が素晴らしかった。ミキッチはここ数年、ドリブル突破にパワーを使いすぎ、クロスがどこに飛ぶかはボールに聞いてくれという感じが続いていましたが、数節前の寿人へのアシストで開眼したのでしょう。クロスの期待感があきらかに増しています。この調子でアシストを量産していってくれたら最高ですね。

 守備は充実度がハンパではない千葉を中心にまとまっていますし、攻撃は柴崎が離脱しても全員がカバーしあって破壊力をキープしていける目算ができました。サッカーも省エネ仕様で、エネルギーの過剰な消費は無し。次節は第1ステージで煮え湯を飲まされた神戸ですが、リベンジの目は十分にあると思います。熱い一戦になりそうで、今から燃えてきますね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年07月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

浅野、青山弾で浦和に逆転勝ち!

浦和1-2広島

広島得点

浅野、青山

感想

 前節、松本戦の大勝の勢いのままに、浦和ホームに乗り込んだ広島。前半立ち上がりは互角の戦いを繰り広げます。ですが、10分の柴崎の負傷交代を境に、なにやら濃い暗雲が立ちこめはじめ…。そこからはひたすら耐える時間が続きました。ですが、長短織り交ぜた浦和のパスワークの前に、なんとか耐えていた守備が我慢しきれず決壊。宇賀神にゴールを許し、追いかける展開に…。結局、前半はほとんど浦和がボールを握っていた気がします。広島のシュートは野津田の1本くしか記憶にないですね。

 後半に入っても浦和ペースは変わらず、決定機を量産します。ですが、シュートがまったく決まらない。特に柏木が放った右足シュートなどは、撃つ前から「終わったーー!」と失点を覚悟したレベルでしたが、なぜか枠をそれていきました。これでミシャがよく言う「決定機を決められない罰」が下るスイッチがポチッとなしたのかもしれません。

 後半15分ほどを目安に、寿人にかわり浅野が入る。森保サッカーではもうお決まりの流れですが、この采配が劇的に試合の流れを変えました。

 後半22分、これまでパスミスの山を量産しブレーキにしかなっていなかったドウグラスが、カウンターから浅野に完璧なラストパスを供給。浅野がこれを冷静に沈め、同点に追いつきます。この同点弾の価値は計りきれないものがありました。よくやった浅野!

 試合は浅野の同点弾を機に、殴り合いの様相が強まります。だんだんと選手の距離が広がりはじめ、縦パスを入れても広島DFの餌食になる確率が高くなっていく浦和。こうなると広島のカウンターの回数も増え始め、後半39分、ついに“その時”が訪れました。カウンターからドリブルで仕掛ける浅野と、浅野のドリブルに対応するため、ずるずると下がらざるを得ない浦和DF。浅野のドリブルは浦和DFに引っかかり止められてしまいますが、すぐ背後のスペースにはトシ青山が走り込んでいました。青山は、こぼれてきたボールをふかさずに、確実に浦和ゴールに流し込み、広島が逆転。あの場面で宇宙開発せずに決めきるキャプテン、まじ頼りになります。

 逆転後はさらに攻めの圧力を強めてきた浦和でしたが、広島はそれを凌ぎきり、アウェーの地で無敵艦隊浦和に土をつけました。

 柴崎の左足の怪我が今後の大きな懸念材料となってしまいましたが、野津田、コウジが柴崎の穴を埋めてくれる事を祈りたいです。柴崎は絶好調だった事もあり、ここで怪我をしてしまった無念さは想像するにあまりあるものがあります。それだけに、逆転勝利を飾れたのは良かった。

 いつぞやまでのアウェー清水戦と同じく、広島にとって大きな鬼門であった浦和戦。今日果たしたブレイクスルーを推進力に、セカンドステージをこのまま一気に走りぬけたいですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年07月19日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

6-0と松本山雅にホームで大勝!浦和戦に向けて最高の景気付けに。

広島6-0松本

広島得点

オウンゴール2、柏、ドウグラス、柴崎2

感想

 試合立ち上がり6分でオウンゴール2発。いやぁ、この精神的ショックは想像に難くないですね…。さらにはカウンターから柏が決め、前半を3-0で折り返し。この時点でもう広島の最大の関心事は「このまま無失点で終わる事」にシフト。余裕綽々のボール回しで松本選手のスタミナと精神を削りにかかるなど、広島スタイルが最大限に顕在化しました。一体何本パスが繋がるんだよ!と言いたくなるほどのえげつないパス回しもありましたね。毎回あれくらい余裕を持ってパス回しが出来たら、どんなチームと当たってもパスを繋ぎ続けられるんですけどねー。

 後半立ち上がりは気合い最注入の松本でしたが、徐々にトーンダウン。ドウグラスに1発、柴崎に2発のゴールを許し、試合が終わってみれば、スコアはなんと6-0。一気に得失点差を+6稼げたのは今後に向けて非常に大きいですね。もうチーム状況は最高潮でしょう。

 この試合、柴崎の充実度が目立ちました。特に足が速いわけでもなく、高萩ばりの派手なファンタジーがあるわけでもないのですが、確かな技術とサッカーセンスで、攻撃を下支え。今日の自身の2得点もダイレクトで決めており、この点からも状態の良さが伺えます。何と言うか、守備も献身的にやってくれますし、地味な高萩みたいな感じになってきてますね。これ褒めてますよ。剛のドウグラス、柔の柴崎…。いいコンビですね。

 守備も無失点で終われたし、ミキッチも温存できた。あとは浦和戦に120%の状態で臨むだけです。浦和に土をつけましょう!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年07月15日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

4点とっておいて良かったね。アウェー・仙台戦は4-3で逃げ切り成功!

仙台3-4広島

広島得点

寿人2、宮原、柏

感想

 4-1になった時点で勝利は8割型手中に出来ていたとは思いますが、まさか1点差にまで追い上げられようとは(^_^;)いやー、サッカーってほんと怖いですね。

 先制点は寿人。ミキッチの強引なドリブル突破からのクロスを左足で押し込んだ、じつに寿人らしい得点でした。あのクロスは寿人の要求通りの一品だったと思います。ミキッチ、最近はいいクロスを上げるようになってきましたね。

 塩谷の怪我により、3バックの右で試合に出ている宮原。守備はともかく、攻撃では無難なプレーに終始していた印象だったんですけど、そろそろ攻撃面でも真価を発揮してきたみたいです。カウンターから決めた今日のJ初得点。塩谷を彷彿とさせるようなドリブルとシュートで見事でした。あれができれば広島のDFとして一人前です。免許皆伝おめでとう宮原。まあ自分は宮原にはボランチで出て欲しいんですけど。

 寿人の今日2点目は、仙台に1点を返された嫌な空気を払拭する一撃でした。青山の積極的な守備から、振り向きざまに左足を振り抜いての得点。見事すぎるでしょ…。急にボールが来ても、寿人なら大丈夫。そう確信させてくれる今季9点目でした。

 広島の4点目は柏。今季の充実度は目を見張るものがある柏は、今日もやってくれました。鋭角的なドリブルでゴリゴリと仙台の右サイドを切り裂き、最後は自分で角度のないところからズドン。柏はあの形がものになってきましたね。右足でフワリと巻いて蹴るコントロールシュートと、左足でズドンと突き刺すパワーシュート。ドリブルのコースによって2種類の得点パターンを習得した柏。いったいどこまで進化するんでしょう。末恐ろしいですね。

 最後に…。4点取った事はいいんですが、やはり気になるのは失点数です。1点目と3点目はそれぞれ前半と後半の終了間際に決められたもので、本来なら一番集中して守らなければいけない時間帯で、ちょっと失点が癖になってる感じがありますね。とにかく粘り強く、ねっつぐ(2011年のモンテディオ山形のスローガンより)戦って、とにかく無失点の試合を達成するしか失点癖を治す薬はありません。守備の自信回復は急務ですね。

 何はともあれ、第2ステージの初戦を白星で飾れて良かった。そう思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年07月11日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。