スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アウェー湘南戦はスコアレスドロー。勝ち点1を持ち帰る。

湘南0-0広島

感想

 浦和が独走状態に入っているため、アウェーとはいえ勝ち点3を持ち帰りたかったところでしたが、結果はスコアレスドロー。湘南、広島ともに互角の内容だったので、ドローは妥当な結果ではあるのですが…。

 湘南は前半開始早々からハイプレスを慣行。プレッシャーをかけ、広島のミスを誘いに来ます。後半になれば湘南選手の足も止まってくるだろうと思ったのですが、そこは鍛えられている湘南、最後まで落ちませんでした。

 広島最大の決定機は、後半に訪れたドウグラスと相手GK秋元が一対一になったシーンでしょう。秋元が鋭い出足でドウグラスとの間合いを詰めたので、ドウグラスは秋元の体にシュートを当てざるをえませんでした。それにしても、秋元のパフォーマンスは凄かった。湘南の好調を足下から支えているのが秋元なんでしょうね。湘南のGKといえばアレックス・サンターナが印象的でしたが、いつの間にか居なくなってしまっていて残念。調べて見たら、期限付き移籍での加入だったんですね。まだ二十代中盤みたいなので、また日本に来る事もあるかな(笑)。

 昨日の試合では、試合中に地震があり、数分間試合が中断するハプニングがありました。サッカーを見ていて、地震で中断する場面は初めて見ました。ああいうこともあるんですね。

 さて、J1第1ステージも終盤に入ってきましたが、同じくナビスコカップの予選リーグも佳境となっております。こちらも勝つしかない1戦。メンバーは今まで通り若手中心の構成となりますかね…。塩谷が足首を痛めたようなので、ベンチメンバーには若干変動があるかもしれません。意地でも勝利をつかみ取って、他の会場の結果を待ちたいところです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2015年05月31日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

塩谷の2得点等で新潟を下す!

広島4-2新潟

広島得点

塩谷2、ドウグラス、浅野

感想

 青山不在の1戦で、負けることなく、4-2と結果を出せた。前半終了間際に1点を返されるなどいまいちピリッとしないところはあったものの、無事に難局を乗り切れた事をまずは喜びたいです。

 青山にかわりボランチに入った丸谷ですが、基本的にパスの散らしは安全第一で行っていたように見えました。そのぶん、やたらと千葉や塩谷がハッスルしてボールを持ち上がっていくなど、チームとして上手く補い合い、攻撃を作っていた印象です(笑)。丸谷はパスよりも機を見た攻め上がりで目立ちましたね。元FWだけあり、チャンスへの嗅覚は鋭いものがあるのでしょう。前半にあった決定機は決めたかったですね。でも、いいものは見せてくれたと思います。

 広島が決めた4得点はどれも素晴らしいものでした。

 柴崎のCKから塩谷が決めた2得点。キッカー柴崎の安定感、素晴らしい。柴崎のボールは中の選手達も合わせやすそうに見えます。塩谷も今日の2得点で肩の力が抜けて、ミドルが枠に飛ぶようになるといいのですが(^_^;)

 ドウグラスのゴール。柏のクロスに頭で合わせての得点でした。ドウグラスはドリブルもキレており、充実感が漂っていますね。寿人と上手く呼吸を合わせ、重ならないように動いていたのもグッド。どうか、来期も広島に居て下さい。

 浅野のゴールは、8割型カズのゴールと言っても差し支えないと思います。浅野のゴールなのに、ゴール後はみんなカズのところに祝福に行ってましたものね(笑)。浅野は急にボールが来たので緊張したと思いますが、冷静によく決めました。浅野はしばらくカズに頭が上がらないですね。

 次の試合は、ナビスコカップ、FC東京戦です。またメンバー変更もあるでしょうし、今日出番の無かった茶島あたりはアピールに燃えてくれるでしょう。楽しみな1戦になりそうです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年05月23日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

ついに連勝ストップ。ガンバに屈す…。

広島0-1G大阪

感想

 両者互角の好ゲーム。明暗を分けたのはセットプレーでした。

 広島は野津田と清水がスタメン。野津田は得意のミドルシュートで存在感を発揮し、清水はG大阪の藤春を相手に果敢に勝負を挑みました。2人とも及第点以上の仕事をしてくれたと思います。野津田はセットプレーのキッカーとしても期待出来る選手なので、できれば今日のような展開なら、90分ピッチに立たせてあげて欲しかった。清水は藤春を相手にドリブルで抜ききるところまではなかなかいけませんでしたが、いざクロスをあげると、これがなかなか正確なんですよね。失点シーンでは結果的に清水のクリアが相手に渡ってからのゴールになってしまったので、そこは悔しさが残ってしまいました。

 浦和が仙台相手に豪快なドローゲームを演じて1ポイントしか勝ち点を積み上げられなかっただけに、ガンバに勝って勝ち点差を縮めたかったところですが、さすがに相手はガンバ。東口を中心とした守備は、最後の最後のところで持ちこたえました。
 そして試合終盤にパトリックが出てきて、重戦車ドリブルから決定機を作られたシーンなどは肝を冷やしました。ドウグラスのフィジカルも強いですが、パトリックはさらに上をいきます。体のサイズからして一回り大きいですし、それでいてスピードもあるっていうんですから恐ろしい。

 紙一重の差で勝ち点0で終わってしまいましたが、セカンドステージでは必ずリベンジを果たしましょう。

 よっしゃ、今日のところはこれぐらいにしといたるわ。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年05月10日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

代表候補合宿に広島から水本、塩谷、浅野が選出!

 5月12日、13日におこなわれる代表候補合宿に、広島から水本、塩谷、浅野の3名が選出されました。

 水本…わかる

 塩谷…わかる

 浅野…ファッ!?

 という感じですけど、縦に速いサッカーを好むハリホルジッチ監督なので、スピードの権化のような選手である浅野に目をつけたのは、当然と言えば当然だったのかもしれません。

 短期合宿ではありますが、浅野にとって実りある合宿になるといいですね。まわりには武藤やら宇佐美やら、超A級のFWがズラリなので、良い勉強になるでしょう。

 個人的には、最近のパフォーマンスを見るに、柏も呼んで欲しかった(^_^;)


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年05月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

守りに守ってプラン完遂。川崎Fから勝ち点3奪取!

川崎F0-1広島

広島得点

ドウグラス

感想

 前半3分、高くバウンドしたボールを巡り、川崎FのDF、GKと競り合ったドウグラス。競り合いの末、ボールはドウグラスへと転がり込みます。ドウグラスは無人となった川崎Fゴールに頭で押し込み、先制点をゲット。電光石火の一撃でリードを奪った広島。ここから長い長い耐える時間が始まります。

 広島はコンパクトな陣形を保って川崎Fの攻撃を迎え撃ちます。川崎Fは密集して守る広島選手の狭い隙間を縫うようにパスを繋ぎ、広島ゴールをこじ開けにきます。広島がとるのは、お馴染みの5-4-1の陣形。この陣形、守りに関してはビーカブースタイルで体を丸めたマイクタイソン並みに隙がないのですが、いざカウンターに移ろうとしても前線に人が足らず、対戦相手から見るとどうプレッシャーをかければボールが取れるのか容易に読めてしまう欠点があります。案の定、広島はボールを奪っても素早い川崎Fの寄せの前にボールロストが相次ぎ、攻めに出られません。先制点の後はひたすら守った前半45分でした。

 後半開始から数分が過ぎても、試合展開は前半の延長のまま。これを見た森保監督は早い段階で寿人にかえて浅野を投入。これにより、守るだけだったマイクタイソンに攻めの手段がもたらされました。一撃必殺のストレートやアッパーは無理でも、浅野はドリブルで川崎F陣内までボールを運び、全体を押し上げる時間を作り出せます。これがジャブの如き牽制となって、広島は一息つく事が出来ました。

 徹底してパスを繋ぐスタイルの風間フロンターレですが、最後に仕掛けてきたのはパワープレー。正直、パスを繋いでこられるよりも予測不可能の事故が起こりやすいので、このパワープレーは怖かったです(^_^;)
 試合終盤は足が止まり、ヒヤヒヤしましたが、なんとか逃げ切りに成功。後半に大久保が放ったヘッドと左足のシュートは決定的でしたが、いずれも林の正面。ボールをこぼさず、キャッチして攻撃をシャットアウトさせた林の手腕と冷静さは素晴らしかったですね。

 守る時間が長かった今日の試合でしたが、光ったのは中盤の底でのカズの守備。睨みをきかせ、チャンスと見るや、ノーファールでボールを刈り取る。時折見せる表情はしんどそうなのが多いんですけど、ここぞという時はさすがのプレーでチームを引き締めてくれるのは、さすがカズ。暑い中、90分お疲れ様でした…。

 次の試合は10日のG大阪戦。連戦を戦い抜いてきていよいよスタミナ的にも厳しいと思いますが、もう一踏ん張りです。ナイトゲームですし、今日よりは動きやすいはず。ホームで勝ち点3、もぎ取りましょう。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年05月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

野津田、浅野弾で仙台に快勝!連勝を4に伸ばす。

広島2-0仙台

広島得点

野津田、浅野

感想

 横浜FM戦から中2日と言う事もあり、森保監督はカズにかわり丸谷、ドウグラスにかわり野津田、ミキッチにかわり清水を起用。そして丸谷、野津田、清水は森保監督の起用に見事に応えてみせました。

 集中の欠けた試合の入りをしてしまった横浜FM戦。連戦中は戦術的な修正は効き辛いですが、意識付けの問題なら修正可能です。森保監督もハッパをかけたようで、仙台戦の入りは問題なしでした。特に最近は野津田の守備意識がビンビンに高まっており、ボールをよく追ってくれます。そうなると、元々対人守備にはめっぽう強いDFがそろっている広島なので、そうそう崩されるわけもないというスンポーですね。
 去年までの野津田は、シュート力はモンスター級でも、それ以外があまり良くなく、使いどころが難しい選手という印象がありました。ですが、今年の野津田は全てにおいて一回りレベルアップしており、きちんと計算が立つ選手にまでなっています。
 これからも浅野とともに競い合って成長していってくれたらと思います。

 その野津田は今日は右足でえげつない先制点を決め、左足だけの選手ではない事を世に示しました。最初に見た時は、シュートフォームの違和感の無さから、左足で撃ったものと勘違いしましたよ。シュート力にここまで特化した選手は今までの広島の歴史の中でも野津田以外に記憶にないので、その意味でも野津田のプレーを見るのは楽しいですね。え、タツヒコ・クボ?あの人はちょっと特別過ぎでしたからノーカンで(^_^;)

 野津田が決めたのなら、俺も決めねばならぬ――。寿人にかわりピッチに送り出された浅野は、一瞬のチャンスも逃さぬよう、牙を研ぎ澄ませていました。青山からの絶妙なロングパスに反応した浅野は100メートル9秒台の加速を見せ、仙台DFをぶっちぎり、追加点を叩き込みました。同点に追いつくために前がかりになっている状態であれをやられたら、もうどうしようもないですね。青山のロングパスで活きるのは寿人だけではなかった。浅野―青山ライン、開通です。

 そして丸谷にも触れておかねばなりません。青山とのコンビで出場機会を得た丸谷は、見事なバランス感覚で中盤に秩序をもたらしていました。潰し屋もやれるし、ゲームメーカー、黒子役としての役割も問題なくやれる。丸谷は隙のない、良い選手に成長してきている感がありますね。宮原もいますし、カズと青山もうかうかしていられませんよー。

 広島以外の試合では、浦和がG大阪を破っており、9戦無敗で首位をキープしています。広島はこれから川崎F(5位)、G大阪(3位)と、上位陣との連戦が組まれており、順位の近いクラブを直接叩き、上に突き抜けるチャンスが訪れます。浦和に離される事なく、食らいついていきたいですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2015年05月02日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。