スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014J1第26節・ホーム神戸戦の結果

広島1-1神戸

広島得点

塩谷

感想

 マリノス戦の敗戦から数日。スターティングメンバーに大きな変化がありました。シャドーに浅野を抜擢…。選ばれた本人もビックリのスタメンとなりましたが、浅野は得意のドリブルとスピードでインパクトを残してくれましたね。最初のチャンスでパスを選択し、得点に繋がらなかったのを本人は強く後悔しているようです。この悔しさと手応えを胸に、さらに成長してもらいたいです。

 塩谷に得点が生まれたのもポジティブな要素ですね。ストッパーの塩谷の攻撃参加が威力を増してくれば、相手の注意も分散されて、より周囲の選手の得点チャンスも増えると思います。柏戦との3連戦に向けて、塩谷のコンディションがさらに上がってくるといいですね。

 チームの連係など、相変わらず100%しっくりきているわけではないですが、後半戦になって皆川、宮原、浅野等、若手が戦力となってチームに刺激を与えてくれているのは嬉しいです。残留確定ラインまで勝ち点を上澄みしたら、森保監督も来期に向けて、さらに色々と試していくのかなと思います。

 もうリーグ戦のタイトルは現実的ではない状態ですし、残ったナビスコはぜひとも手にしたいところです。天皇杯と違い、勝ち進んでもオフが短くならないのも素晴らしい(笑)。リーグ戦でも賞金圏内の順位には食い込みたいところですし、柏3連戦の初戦はとても重要です。しっかり準備して臨んでほしいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2014年09月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2014J1第24節・ホーム新潟戦の結果

広島2-0新潟

広島得点

青山、石原

感想

 FWの感性を持つ石原が復帰し、シャドーの一角に入った事で、よりゴール前の得点感覚が上向いた印象のあった昨日のサンフレッチェでした。

 先制点は高萩の見事なパスから柏が抜け出し、最後は新潟ゴール前まで詰めていた青山が流し込んだもの。チャンスと見るやゴール前まで爆走できた青山。コンディションとフィーリングが一段と上がってきているようです。青山と柴崎が相手ゴール前で仕事をする機会が増えてきているのは良い兆候ですね。次節のマリノス戦でもボランチの攻撃参加はキーになりそうです。

 2点目は途中出場のコウジが潰れ役となり、流れてきたボールを石原が冷静に浮かしたシュートでゲット。練習試合のガンバ戦で点を取りまくったらしいので、その勢いがそのまま新潟戦にも続いたようです。皆川とのコンビネーション熟成にはもう少しかかりそうですね。まあなんにせよ、馬力のある石原の復帰はとても心強いです。

 守備でも破綻無く90分を締めくくり、見事無失点。それにしても最近は千葉のカバーリングが冴えています。水本と塩谷も安定感が戻って来ていますし、これならそうそう大量失点をくらう事もないでしょう(と書いたりするとフラグになったりしますけど…(^_^;))。

 マリノス戦、神戸戦と短い間隔でまた試合が続きますが、上手く選手をやり繰りして乗り切ってほしいです。そういえば今日はU-21日本代表とネパールの試合もあります。サッカー観戦の過密日程、待ったなしです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年09月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2014J1第23節 ホームG大阪戦の結果

広島0-1G大阪

感想

 天皇杯での敗戦を受けて臨んだ、今日のG大阪戦でしたが…。いやぁ、普通にG大阪の方が強かったですね(^_^;)昔のG大阪はオフェンスは鬼でもディフェンスでポカをする愛嬌があったんですが、最近はそういう事がまるで無し。「こんなの俺の知ってるガンバと違う…」状態でした。

 天皇杯では最初の10分程度でプレスをかけてもボールを取れず、戸惑っているうちに完全にペースを握られてしまった感じでしたが、今日はわりとプレスがはまり、中盤では互角の展開に持ち込めました。しかし、G大阪の守備の集中力の高いこと高いこと。ボールを奪っても、すぐに切り替えて、守備の陣容を整えてくる。ちょっと90分を通して点が取れる臭いがしませんでした。

 広島で面白かったのは、茶島がシャドーで躍動してくれた事ですかね。スペースがある状態でボールを持てばドリブルで運べましたし、体もキレていました。もう少し強引にシュートに持ち込んでも良かったと思いますが、そこはこれから見せてくれるでしょう。

 あとは皆川と寿人が一緒にピッチに立てた事も、今後に向けて面白いですね。2人のコンビネーションでの崩しは連係不足もあり難しかったですが、そこは皆川と青山の関係も含めて練習で詰めていけば、広島の新たな武器になるでしょう。

 とりあえず1週間のインターバルがありますので、しっかり20日の新潟戦に向けて調整してもらいたいですね。次もホームでの試合になりますし、必勝態勢でお願いします!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年09月13日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

ナビスコ vs浦和、第2ラウンド!

浦和2-2広島

広島得点

野津田、寿人

感想

 浦和に負け続けているここ数年ですが、今回のナビスコカップの結果を受けて、少しその流れにも変化が出て来そうな予感があります。今までは相手の勢いに飲まれてしまい、なにもできないまま90分が過ぎ去ってしまう印象でしたが、先日の第1戦、そして今日の第2戦は、メンタル面でも互角以上に渡り合えましたからね。勝利できたわけではなく、アウェーゴールの差での勝ち抜けですが、これは大変大きな意味を持つでしょう。

  セットプレーから浦和の阿部に決められて、嫌な空気が漂いはじめた広島を救ったのは、野津田の左足でした。第1戦では自信なさげで迷いながらプレーをしていた野津田でしたが、その迷いを払拭するのに十分な、野津田の豪快な一発。野津田にボールが繋がる一連の流れの切っ掛けとなった、宮原が入れたロングレンジのグラウンダーの縦パスも丁寧で良かったですね。宮原はだんだんゲームになれてきて、持ち味を発揮できるようになってきました。野津田はこれを切っ掛けに調子が上がっていってくれたら。

 寿人の得点までの崩しも広島らしくて良かったですね。山岸のシュートを押し込んだ寿人の嗅覚はさすがでした。サイドのプレイヤーがあそこまで切れ込んでシュートなりクロスなり上げられるようになると、寿人の得点もどんどん積み上がっていくでしょう。

 そしてスタメンに帰ってきたキャプテン青山。広島を一段上のチームへと押し上げるプレーと存在感は圧巻でした。90分プレーできたのも収穫でしたね。槙野と相撲をとってみたりと、腰痛の再発を恐れる様子は微塵も無し。過密日程のなか、青山の帰還は心強いですね。

 決定機の数は多く作られましたが、最後の最後で体を張って浦和に3点目を許しませんでした。1戦目でもそうでしたが、特に千葉の気合いが尋常ではなかった…。意識改革があったんでしょうかね。それとも、前線からプレスに行ってくれるので、今はパスの予測が効くのでしょうか。守備が非常にアグレッシブで、見ていてああいう守備は気持ちいいです。

 ナビスコ柏-横浜FM戦は柏が勝ち抜けたので、準決勝は柏が相手となります。難しい相手ですが、横浜FMよりはやりやすいでしょうか。ナビスコ、天皇杯とカップ戦は2つともチャンスが残っているので、ぜひ獲りたいですね!

 そして代表に行っている皆川と水本も、映像で今日の試合を見ていたんですかね-。もし西川を一緒に誘って見ていたのなら、どんな会話を交わしながら観戦していたのか聞いてみたかったw


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年09月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。