スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014J1第5節・ホーム徳島戦の結果

広島3-1徳島

広島得点

塩谷、石原、野津田

感想

 久々に1週間の準備期間をおいて戦えた徳島戦。選手の動きもG大阪戦と比べるとかなり軽くなり、流れの中からの得点こそ無かったものの、セットプレーから3発叩き込み、見事快勝を飾りました。

 今節はスタートから左サイドに柏が入り、鋭いドリブル突破を連発。対面の元広島、大崎を苦しめました。柏は中にいる寿人の状況をきちんと判断した上でクロスをあげているようなので、これから2人の呼吸がもっと合ってくれば、柏-寿人ラインの得点は増えていくと思います。

 広島の武器と化した塩谷のFKが徳島戦でも火を噴きました。徳島戦で塩谷が見せたのは、川崎戦の大砲のようなシュートとは種類の違う、ストヤノフ系の技巧派シュート。相手GKのタイミングを完全に外しており、この点から、どうやら塩谷は心理戦にも長けているらしい事がうかがえます。万能すぎるやろ!

 広島の2点目は、スラムダンクの桜木もビックリの、驚異の高さと滞空時間で周囲の度肝を抜いた石原のヘッド。石原、学生時代に走り幅跳びでもやっていたら、オリンピックに出場できたのでは…(^_^;)。それくらいの身体能力ですね。単純なジャンプ力で驚かされたのは久保以来です。

 3点目は野津田のスーパーシュート。あれはどんなGKでもとれません。最近の広島はFKから点をとれる選手が塩谷、野津田、ヒョンジンと雨後の筍のようにポコポコ出て来ており、セットプレーがかなり期待できるようになりました。

 G大阪戦では最悪に近かったコンディションのカズ。徳島戦では状態も上がってきているようで、90分間そつなくプレーをしてくれました。後半途中からは青山にかわって出場の柴崎とともに“頭脳系ボランチ”コンビを結成。柴崎は最初、青山ではなくカズとのコンビに、「さてどうしようかな」という感じで探り探りプレーしていましたが、すぐに順応。スペースがあると見るやドリブルでボールを持ち上がったり、効果的なプレーを選択するようになりました。カズと同系統のサッカーセンスと知性を持つ柴崎は、まさに広島サッカーにピタリの逸材ですね。

 最後、無失点で終われたら良かったのですが、高崎に1点を献上し、3-1で試合終了。得失点差を考えると勿体ない失点となりましたが、これはACL・FCソウル戦に向けての良き反省材料として胸に留めておきましょう。リーグ戦では今のところ3位をキープ。連戦のなか、結果が出ています。この調子で、粘り強く戦っていって欲しいと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2014年03月30日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2014J1第4節・アウェーG大阪戦の結果

G大阪1-1広島

広島得点

寿人

感想

 見ていて気の毒になるほど、お疲れモード全開の広島でした。アウェーのG大阪戦で勝ち点1とれたんですから、まあ良しとしなければならないでしょうね…。試合終了間際には塩谷にキャノンFKのチャンスも廻ってきましたが、さすがにそう上手くはいきませんでした(^_^;)

 後半開始から右サイドミキッチ、左サイド柏になりましたが、やはりこの形は魅力たっぷりでした。徳島戦では開始からミキッチ、柏のコンビで行くんじゃないですかね…。悲しいかな、サイドを切り裂いたところで得点に繋がりそうな予感がないのが、頭の痛いところではあるんですけど。そのへん、高さのある皆川でもいればなぁと思うんですが。

 何はともあれ、まずは今年の天皇杯決勝を彷彿とさせるほどの劣悪さだったコンディションの回復が最優先。再び過密日程が襲いかかって来ますし、若手選手の抜粋も含めて、チーム一丸となって戦っていきましょう。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年03月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

塩谷の決勝点でFCソウルに競り勝つ!

広島2-1FCソウル

広島得点

高萩、塩谷

感想

 また勝てないのか…。

 先制点のわずか数分後に同点に追いつかれたときにはそんな思いが頭をよぎりましたが、今日はそこから底力を見せてくれました。

 高萩は特に前半にはどこにいるかわからないほど消えていましたが、後半立ち上がりに自ら先制点を取った事で気をよくしたみたいで、そこからプレーが劇的に向上しました。やはり天才は気分次第なのか…。ドリブルでのボールキープ、塩谷へのアシスト。良い状態の頃の高萩を彷彿とさせるプレーを何度も披露していたので、これからも期待して良さそうですね。

 今季の目玉になるはずだった、右サイドにミキッチ、左サイドに柏の形も、後半途中から見る事ができました。左サイドの柏はまだ100%しっくりきていないみたいでしたが、それでも両翼がスピードスターになると攻めの迫力がさすがに違います。これからJで猛威を振るうんじゃないでしょうか。楽しみですね。

 過密日程に加え怪我人もいる中、リベロのポジションを丸谷が着実に努めきり、千葉の穴を埋めました。浅野も持ち味であるスピードとあたり負けのしないフィジカルを活かしFCソウルを苦しめましたし、チャンスを貰った選手が着実に役割をこなして、勝利に貢献してくれた。ミキッチを使って勝ちにいくほど重要度の高い試合で勝利に貢献できたことは、大きな自信になったと思います。

 ACL予選突破に向けて、大きな1勝をあげる事ができました。この勝利をきっかけに、ACLでも勝ちきれるチームになっていければいいですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年03月20日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

ACL アウェー・セントラルコースト・マリナーズ戦

セントラルコースト2-1広島

広島得点

塩谷

感想

 もったいない。実にもったいない試合でした。先制点をとったのはいいんですけど、その後が…。勝ち点1は持ち帰れると思ったんですけどね。

 負け試合になってしまったものの、この先に繋がる光明はしっかりあった一戦でした。

 まずは浅野。積極的なドリブル突破で広島の攻撃を牽引してくれたと思います。もう少し経験を積めば、シュートチャンスでもリラックスして状況判断をできるようになると思います。サイドでもしっかりと自分のプレーができるようになったのは、確かな成長ですね。

 次に川辺。出場時間こそ短かったものの、キラリと光るプレーを見せてくれました。トリッキーなスルーパスには驚かされましたね。体のキレも良く、浦和戦でもチャンスをもらえるかも?

 最後に柏。周囲との呼吸はまだあっていませんでしたけど、鋭いドリブル突破は迫力がありました。左サイドでも同等のプレーができるようなら、ミキッチと柏の両翼の破壊力はハンパじゃないでしょうね…。早く見てみたいです。

 長旅の末の敗戦となってしまい、選手の疲れはかなりあると思いますが、浦和戦へと気持ちをしっかりと切り替えてリカバリーに努めて欲しいです。ホームでの一戦ですし、目指すは勝ち点3ONLYです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年03月12日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:1

2014J1第2節・ホーム川崎F戦の結果

広島2-1川崎F

広島得点

寿人、塩谷

感想

「ふかしちゃったか~」

 寿人のシュートの弾道を見た直後、そう思いました。ところが、ボールは急激に落ち、ゴールネットにイン。

「ファッ!?」

 シュートを撃った本人以外、誰もがそう声をあげたと思います。去年の鳥栖戦のスーパーゴールに匹敵する程のインパクト。そりゃ野津田もやばいっす連呼しますわ。

 正直、寿人の調子は良さそうに見えませんで、ジェシと井川のCBコンビを上回って点をとれるイメージがわきませんでした。でも、一瞬の隙を突いて、ああいう冗談みたいな魔のシュートを決めてしまう。やはり、並みのエースじゃありませんね、寿人は…。ゴールを決めた後はメンタルも乗ってきたようで、猛烈なダッシュで左サイドの守備に参加したりと、ギアが一段階上がったようでした。寿人はACLの遠征には参加せず、広島に残って浦和戦に向けて調整するようですね。西川から点を取れるように、万全の状態に仕上げて欲しいです。

 そして、塩谷。決めたらほぼ決勝点という重圧のかかるあの時間帯で、あの完璧なFKを蹴れる。去年、ポストにぶち当てる弾丸FKが塩谷に1本ありましたけど、ついに今回ゴールゲットですよ。毎回とは言いませんけど、ここぞという時はまたFKを蹴って欲しいですね。

 カズ復活、ミキッチ復活、柏復活。だんだんとメンバーもそろってきましたし、開幕からC大阪、川崎FというJ屈指の難敵から続けて勝ち点3を取れたのはチームとしても自信になるに違いありません。次節の対戦相手、浦和には去年2敗を喫していますけど、いまの広島ならメンタルでも上回った状態でやれると思います。その景気付けのためにも、火曜日におこなわれるACL・セントラルコースト・マリナーズ戦で最低限勝ち点1は持ち帰りたいところです。若手、中堅が中心になる試合ですが、期待は十分できる。そう思いますし、楽しみな一戦です。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年03月09日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2014J1第1節・アウェーC大阪戦の結果

C大阪0-1広島

広島得点

塩谷

感想

 ついに始まった2014年のJ1。第1節で広島が対戦するのは、ただいまフォルラン効果で注目度NO.1のC大阪。どちらかと言うと広島の方がC大阪の引き立て役ポジションで臨んだ一戦でしたが、そこはチャンピオン広島。C大阪に競り勝ち、見事白星発進と相成りました。

 広島はここにきて怪我人が多くなっており、今日の試合では腰に張りがあるというミキッチもメンバーから外れました。ミキッチのスピード無しでC大阪とやり合うのは厳しいかと思いましたが、最終的には石原のキープ力でC大阪の守備陣を攻略する事ができました。得点場面では、森脇が乗り移ったのかと思わざるを得ないような塩谷の攻め上がりも光りましたね。攻めて良し、守って良し。塩谷のここ一年での成長は凄まじいものがあります。このままいけば代表入りもあり得るかもしれません。

 カズのかわりにボランチに入った柴崎も、もう数年間広島でプレーしているかのような違和感の無さ。サッカーセンスの塊ですね、柴崎。恐るべし…。

 ACLに続き、今日も浅野と宮原が途中出場でチャンスを与えられました。浅野は残念ながら得点には繋がらなかったものの、決定機にも絡みましたし、存在感を見せました。宮原も粘り強い守備でチームに貢献し、求められた仕事を完遂。若手2人が良い仕事をしてくれた事で、チーム全体の戦力の底上げが進んでいる事を実感できました。

 西川にかわってゴールマウスを守った林は安定感抜群。クロスボールに対する反応と安心感は西川以上でした。DFとのパス交換も無難にこなし、器用なところを見せてくれましたね。やはり総合力は非常に高いGKだと再確認しました。これぞ広島の背番号1を背負うGKです。

 相手が前評判の高いC大阪、アウェー、怪我人続出、過密日程。広島の置かれている状況を考えると、最悪勝ち点1を取れればそれで良しとできる一戦ではありました。しかし、その一戦で、勝ち点3を取れた。滑り出しは最高の形となった2014年のJ1リーグ戦。次節の対戦相手はC大阪に勝るとも劣らぬ難敵・川崎F。広島ホームでの対戦となります。川崎Fの攻撃も強烈ですが、今日のように規律のある守備をベースに戦えば、十分対抗できると思います。連勝目指し、頑張ってもらいたいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2014年03月01日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。