スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

これぞ守護神!なんまんだぶなんまんだぶ。

FC東京0-0広島 (PK4-5で広島勝利)

 仕事が終わって家に着き、テレビを付けたら、FC東京と広島の試合はPK戦に突入しており、そのときのスコアは千葉がPKを外した直後で、3-1。FC東京がリード。

「3-1かぁ。これはもう厳しいな…」

 正直、そう思いました。

 ところが!

 そこから西川の独壇場がスタート。

 ここから先の西川の鬼神の如き働きは、球史に残るでしょうね。

 PK止めまくるわ、4人目のキッカーで自分で決めちゃうわ…。なんとしても決勝にいく!!という断固たる決意が西川の体を突き動かしていたんでしょうね。まさに神がかってました。そして大事な場面でキッカーとして登場し、確実に決めてくれたルーキー2人。浅野も野津田もその強心臓ぶりが頼もしいです。

 西川様のご威光により崖っぷちの状況から見事決勝進出の切符を手に入れた広島。相手は横浜FMです。リーグ1位と2位の直接対決…。こりゃ盛り上がりますね。決勝では大舞台に強い野津田がなにかやってくれそうな感じがします。疲労度では横浜FM優位、勢いでは広島優位でしょう。舞台は整いました。もう天皇杯シルバーメダルはノーサンキュー。優勝を勝ち取りましょう!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

 

スポンサーサイト

2013年12月29日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

Jユースカップ決勝。

 Jユースカップは神戸ユースと広島ユースの対戦でおこなわれ、2-2の延長の末、神戸ユースがPK戦を制し、優勝を決めました。

 広島ユースは前半開始1分で先制点を奪われるなど、神戸ユースに試合の主導権を握られたまま試合を進める事を余儀なくされます。さらに19分には、神戸ユースの小柄なワンダーボーイ・表原に豪快なミドルを叩き込まれ、スコアは0-2に。普通、0-2になったら「やべええええ」となるところですが、そこは劣勢を跳ね返す事に関しては定評のある広島ユース。特に後半からはギアが1段階も2段階も上がり、2-2にまで追いついてしまいます。まったく、広島ユースの粘り強さは脅威的です。

 試合は延長でも決着がつかず、PK戦に。前日にはトップチームがPK戦で勝っているので、ユースもその流れに乗りたかったところですが、残念ながら6-5で神戸ユースに敗れ、準優勝となりました。

 いやはや、広島ユースも強いですけど、神戸ユースも強烈でした。高校生年代のレベルって凄まじい早さで上がっていますね。熱い、いい試合でした。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2013天皇杯 準々決勝 甲府戦の結果

広島1-1甲府(PK3-2で広島勝利)

広島得点

寿人、千葉

感想

 Jリーグ連覇の余韻を無理払い、元旦国立に向けての戦いが再スタートした、今日の甲府戦。タフな1戦になりましたが、なんとかPK戦を制し準決勝へと駒を進める事が出来ました。

 この試合で最大の衝撃となったのが、寿人のカッコ良すぎるスーパートラップからの先制点でした。水本からの縦パスをヒールリフトのような形でやわらかくトラップ。自身の進行方向へとボールを浮かせて送り、〆は右足でのダイレクトシュート。一連の動作は流れるかの如く華麗でした。これで寿人のファンがまた万単位で増えてしまったか…。リーグ戦だったら今月のベストゴール間違いなしの一撃でした。いいものを見せて貰いました。

 甲府にはチャンスらしいチャンスは作らせていませんでしたが、前半終了間際に、サイドから入ったクロスに千葉と西川が重なってしまい、千葉に当たったボールがふわりとゴールネットに吸い込まれてしまいました。百戦錬磨のDF陣でもこういう事は起こりうるんですね。ドンマイでした。

 結局試合は延長まで戦い終えても決着はつかず、勝敗はPK戦へと委ねられました。PK戦は西川のPKストップもあり、3-2で広島が勝利。120分の激闘の末の勝利。お疲れ様でした。

 この試合では野津田、浅野と言ったルーキー組もチャンスをもらい、彼らの勇姿を見る事ができました。浅野はシュートも1本撃っていましたね。やはりサイドよりFWの方がやりやすそうな気がしました。

 何にせよ、勝つか負けるかのトーナメント戦では途中交代で入る選手の活躍は非常に重要。次のFC東京戦でも頼みます。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月22日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

Jユースカップ準決勝 VS川崎F U-18

広島ユースが4-3で川崎F U-18を下し、Jユースカップ決勝戦に駒を進めました。

FKを直接決められ、0-2にされてから目が覚めた広島ユース。

怒濤の攻撃で5分で3点を叩き込み、逆転。

そこから同点に追いつかれるも、延長に入ってから諸岡君が決勝点を叩き込み、川崎F U-18を振り切りました。

ユースの試合は久しぶりに見たんですけど、DFラインでのパス回しなどは、まさにトップチームそっくりで、正直驚きました。

ボールを簡単にクリアせず、大事に繋ぎながら局面を打開していく広島のサッカーは、ユースにもしっかり浸透していますね。

川崎U-18のサッカーもクオリティが高く、ヘタなプロ同士の試合よりも面白かったです。

川辺君の技巧派ドリブル凄まじかった…。


疲れはかなりあると思いますけど、明後日にはすぐに決勝戦、神戸U-18戦。

勝利目指して頑張って欲しいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

連覇!

鹿島0-2広島

広島得点

石原2

感想

 素晴らしいですね。ACLを戦いながら成し遂げた、リーグ2連覇の偉業。後半途中からはもう、目の前の鹿島-広島よりも、川崎-横浜FMの途中経過に意識がいっていた方も多かったんじゃないでしょうか。最後には中島の出場機会を用意するなど、森保監督の粋な計らいも光りましたね。

 振り返って見ると、リーグ第1節からいきなり浦和に敗戦。23節からは3連敗を喫するなど、浮き沈みの激しさは去年以上でした。まあ浮き沈みの激しさという点では大宮が凄すぎたので、感覚が麻痺しがちでしたけど、それでも、まさか優勝できるなんて…。勝っても負けても、試合結果に必要以上に一喜一憂せずに、次の試合に集中していく。その大切さが身に染みます。前節、横浜FMがホームで優勝を決められなかった時点になってやっと、これは勝利の風は広島の背後から追って吹いてきているのでは、という予感を持てましたけど、それにしてもまあ、出来すぎなくらいの結果ですよね。誰か強力なフラグでも立ててくれた人がいたんでしょうかね。

 とりあえず、リーグ戦は終わりましたけど、まだまだ天皇杯も残っています。来期はまたACLもあるし、天皇杯を勝ち進めば勝ち進むほど、ただでさえ少ないオフの期間が少なくなっていくジレンマがありますけど、それでも獲りたい、天皇杯。リーグ連覇の余韻を楽しみつつ、まだ2013年のサンフレッチェのサッカーを見られる幸せを噛みしめたいと思います。

 最後に。

 サンキュー川崎!サンキューな!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月08日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

ついに決戦の日は来たれり。

 去年、C大阪戦で優勝を決めた日は、「まだ今日で優勝は決まらないでしょ」と思っていたため、試合前日でもそこまで緊張は感じませんでした。

 しかし、今年は全然違いますね…。

 最終節。

 泣いても笑っても、明日で全てが決まります。

 いまからドキドキですw

 寿人や水本なら、運命の時を前日にひかえた今でも、「時は来た。それだけだ」みたいな明鏡止水の境地でいられるんでしょうかね。

 僕も早く家に帰って広島の応援を…!といきたいところなんですが、よりによって明日仕事終わりに忘年会が組まれているとかw

 何かの陰謀か…?(-_-)

 
 明日は携帯で試合速報を追いかけつつ、念仏のように広島勝利を祈ります。


 クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2位でいいって?

( ・д・)マチュイ…

( ・д・)器が知れるわ・・・


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月04日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2013J1第33節・ホーム湘南戦の結果

広島1-0湘南

広島得点

青山

感想

 前節・セレッソ戦で敗れた事により、優勝の可能性はほとんど消えていました。口では「ゲ・・・元気イッパイダゼ・・・ヘッ」といくらでもネバーギブアップ精神を表せるものの、状況は絶望的。今節にマリノスが勝ってしまえば、それでお終いでした。

 しかし、サッカーの神様はエンターテイナーでしたね。

 広島だけが勝ち、横浜FMと浦和が負けました。これにより、広島は浦和を上回って2位になり、さらに横浜FMとの勝ち点差が2に縮まりました。最終節で横浜が勝ち以外の結果に終わり、さらに広島が鹿島に勝てれば、広島と横浜FMの順位は入れ替わり、広島のリーグ2連覇が成ります。首の皮一枚で繋がっていた連覇の可能性。今は皮だけでなく血管も繋がったかなという状況ですね。広島が最終節に勝っても優勝できるかは横浜FMの結果次第で、他力本願なのはなにも変わりありませんが、状況は明るくなりました。

 湘南も強かった。特に前半の波状攻撃は迫力がありました。ボール保持率は広島が上回ったものの、追加点は奪えず、1-0という最少得点差での勝利になりましたしね。

 次節、鹿島戦。広島、鹿島ともに、勝ち以外には価値のない一戦。ここまできたらやるしかないですね。奇跡を実現するためにも、絶対勝ちましょう。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年12月01日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。