スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2013J1第18節・首位決戦ホーム大宮戦の結果

広島3-1大宮

広島得点

石原3

感想

 いやぁ、熱い試合になりましたね。前半3分、山岸の高精度クロスから石原が頭でサックリ先制点をゲット。そこから徐々に大宮ペースになりはじめ、広島は守備の時間が長くなりはじめました。

 広島は韓国から戻ったばかりの西川、千葉、青山、高萩を全員スタメン登録。肉体的には疲れていてクタクタだったと思いますが、精神的な充実が4人の足を止めさせませんでした。特に青山と高萩は運動量的に中2日とはとても思えないほど動いていましたね。それでも、細かい部分で、いつものプレー精度が発揮できないシーンは多くありました。トラップが上手くいかなかったり、パスがずれてしまったり。それを、全員でカバーして、守って勝ち取った勝利。素晴らしいですね。失点シーンでは、高萩はドリブルでカットインしてきた大宮の選手を離さずに、もっとプレッシャーにいけたはず。普段ならいっていたはずです。それをいけないほど、疲労してしまっていんだと、僕は解釈しました。でも、森保監督は高萩を替えなかった。高萩はそれから、決勝点を含む2アシストという結果で、森保監督の信頼に応えました。さすが背番号10です。

 そして、何と言っても、石原直樹。古巣相手に3ゴールの大爆発で、首位決戦勝利の立役者になってくれました。ドリブルでのキープ力もハンパじゃなかったですし、貢献度は絶大でしたね。ショートレンジのワンタッチシュートの技術はほんとに素晴らしいものを持っていると思います。寿人と2人で30得点、ぜひ今年は達成してほしいですね。

 途中交代で入った岡本ですが、入るなら青山との交代になると思っていたので、寿人との交代で投入されたときは驚きました。中盤に、青山、カズ、岡本の3人が並ぶ形が見られようとは…。試合終盤、逃げ切りを狙うときは、この采配は大いにアリだと思います。と言うか、個人的にもっと見たいですw

 さてさて、これで単独首位にたって、次節、浦和との上位対決をむかえる事となりました。なにやら劇的な勝ち方をしたみたいですね。浦和はこの勢いのままに、広島を叩きに来るはずです。広島は、浦和のプレスをいなしながら、したたかに勝ちきる事が出来るか。盛り上がること確実のこの1戦、楽しみですね!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年07月31日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

東アジアカップ優勝!

 日本が韓国を2-1で下し、東アジアカップ初優勝を成し遂げました。

 西川は中国戦と韓国戦に出場。中国戦は3失点しましたが、どれも西川にはノーチャンス。韓国戦の1失点も、あれは止めろと言う方が無理の凄いシュートでした。2戦4失点ですが、安定感はありましたね。韓国戦の最後の最後、豊田が頭でクリアしてくれた決定機は危なかった…。

 青山は中国戦と韓国戦に出場。いつも寿人に送っているような高精度のロングパスを何度も柿谷に供給し、存在感を示しました。縁の下の力持ちのような目立たない仕事を精力的にこなし、チームを助けていましたね。柿谷が得点を量産できたのは青山の存在もあってこそ。柿谷を呼ぶときは青山もセットで呼んで下さい。

 KAZUHIKO CHIBAはオーストラリア戦に出場。広島でよく見せている早いクサビのパスを代表でも披露。守備でも体を張っていました。4バックもいけますね、CHIBA。

 高萩は中国戦と韓国戦に出場。まだ周囲と連係が確立されていないようで、パスを繋げられないシーンも多々ありました。高次元のサッカーセンスの片鱗はそこかしこで見せてくれたんですけどね。韓国戦の前半、高萩と駒野がそろって並んだFKの画を見た時は、胸にくるものがありました。

 
 東アジアカップ初優勝という栄冠に、広島から選ばれた全員が試合に出場し、しっかりと貢献できた。素晴らしい経験を積めた大会でした。この経験を、しっかりと広島に還元してくれたらと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年07月28日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

2013J1第17節・アウェー仙台戦の結果

仙台0-2広島

広島得点

石原、寿人

感想

 アウェー・仙台の地で勝ち点3を持ち帰る。しぶとい戦い方ができる仙台を相手に難しいミッションでしたが、見事に広島の選手はそれをやり遂げました。

 前半の広島の戦い方は、個人的には「これが広島サッカーの完成形」と言えるほどのクオリティだったと思います。仙台の前線は広島中盤のパス回しをひっかけるために積極的にプレスにきていましたが、それをものともせずにパスを繋げる、チーム全体の判断力と技術は特筆ものでした。

 後半に入ると、ホームでこのまま負けるわけにはいかない仙台が前半以上に前がかりにきます。連戦を戦い抜いてきた広島選手の運動量もさすがに低下してきて、ボールが繋げなくなります。試合は広島が守る展開に。仙台はウィルソンが決定機をむかえるなどチャンスを多く作りますが、西川が立ちふさがります。前述のウィルソンの決定機を防いだシーンは特に神がかっていたと思います。DF陣の集中力も高かったですね。

 ずっと得点から遠ざかっていた石原にゴールが生まれたのもよかったです。ハットトリックできるほどのチャンスはあった気がしますが、まあ本田風に言うと、今日はケチャップがドバドバ出る日では無かったと言う事でしょうか。急にボールが来たりすると、どうしても体に力が入ってしまいますからね。

 さて、広島が勝った日は他クラブの動向が気になります。上位対決となった浦和-横浜FMの一戦は、横浜FMが3-2で浦和に競り勝ちました。大宮-川崎Fは川崎Fがこれまた3-2で勝利。これにより、広島が大宮と勝ち点で並び、得失点差で首位に浮上しました。3位に横浜FMとなっています。首位に立ち、これで最高の状態で西川たちを代表に送り出せますね。これからまた少し中断期間に入りますが、代表選手たちにとってはそのまま過密日程が続くようなスケジュールになります。全員怪我無く代表を乗り切って、リーグ再開後いきなりのビッグマッチ・大宮戦を迎えたいですね。
 
 
クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年07月17日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

「EAFF東アジアカップ2013」の日本代表メンバーに、広島から4選手が選出されました!

 「EAFF東アジアカップ2013」の日本代表メンバーに、広島から西川、千葉、青山、高萩の4選手が選出されました。

・西川コメント
『今回は貴重な経験ができる大会ですし、良い大会にしたいと思っています。
結果に対してこだわっていきたいと思っていますので、応援をよろしくお願いします』

・千葉コメント
『クラブの調子が良いからこそ、日本代表に初選出されたと思っています。
その意味ではチームメートに感謝したいです。
日本代表では、広島の代表として頑張ってきます』

・青山コメント
『日本代表に選出されて光栄です。
覚悟を持って頑張ります』

・高萩コメント
『日本代表に初選出されてうれしく思っています。
来年のブラジルW杯に向けてアピールできるように頑張ります。
応援をよろしくお願いします』


 西川の選出は順当ですね。おそらくアジアカップでゴールマウスを守るのは西川になると思いますので、ここは腕の見せ所というか、キーパーグローブの見せ所というか、とにかく西川にとって大事な大会になる事は間違いありません。
 
 千葉の日本代表初選出には驚いた方が多いんじゃないでしょうか。僕も驚きました。夢じゃないかと思ってコンクリート塀に額を打ち付けて確かめる寸前までいきました。危ないところでした…。
 もともと森保監督が自ら欲しがった選手なので、日本代表級のポテンシャルは十分に持ち合わせていたと言えると思います。
 代表でも矢のようなクサビのパスを見たいですね。 

 青山は以前からザッケローニ監督の頭には入っていた選手なので、ここで満を持しての再度の選出といったところでしょうか。
 青山の代表選出によせてのわずか2行の短いコメント。これ、もしかして青山と間違えてドラゴン久保にコメントを聞きに行っちゃったんじゃないのと一瞬心配になりましたが、改めて熟読してみると、簡潔なコメントの中に熱いハートを感じさせる青山らしさがありました。
 ここ最近は風格すら出て来ている青山の、堂々としたプレーが代表で見たいです。

 高萩はついに代表デビューですね。高萩の高次元のサッカーセンスで、日本中をあっと言わせてもらいたいです。
 個人的に高萩と磐田の山田が並ぶ中盤なんて相当に面白いと思うので、実現してくれると嬉しいんですけど。
 
 広島から大量4選手が選ばれましたし、これは久々にテレビの前で全裸待機する価値のある日本代表ですね。これは楽しみです!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年07月15日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2013J1第16節・ホームC大阪戦の結果

広島1-0C大阪

広島得点

ようじろう

感想

 広島 VS C大阪。攻撃力のあるクラブ同士の戦いなので、今日の試合は点の取り合いになると予想していたのですが、予想に反しそうはなりませんでした。

 0-0のまま、刻々と刻まれていく時間。得点こそないものの、見応えは十分にある試合内容。点が入らないのは、両クラブのGKの好守によるもの。枠内シュートをことごとく防ぎきった西川。寿人の決定的なヘッドを身を投げ出してはじき出したキムジンヒョン。どちらも素晴らしかったです。

 0-0なら、それも妥当な結果か。

 そういう思いが頭をよぎり始めた後半ロスタイムでしたが、ところがぎっちょん!猛然とドリブルでボールを持ち上がった野津田が、グラウンダーのシュートを放ちます。細かくバウンドしながら向かってきた野津田のこのシュートを、キムジンヒョンはキャッチできず、前にはじきます。それをスタミナとテクニックがユニフォームを着て走っているようなタフガイアーティスト高萩が冷静にC大阪ゴールに流し込み、広島先制!後半ロスタイムについに均衡が崩れます。

 今日の洋次郎の調子は70%くらいかな…。前半、誰も味方がいない場所にパスを出すおちゃめな高萩を見て、そう思ったのは間違いでした。高萩ごめんなさい!

 劇的ゴールで勝ち点3を手にした広島。さて、広島よりも上にいる2チームはどうなったかと言うと…。まず、大宮。横浜FMに1-2で競り負けました。次に浦和。川崎Fに4-0で大敗しました。これにより、広島は浦和を追い抜いて2位に浮上。大宮との勝ち点差を3に縮めています。大宮と広島の得失点差はどちらも+16。射程距離に入りました。

 過密日程もあり、今日のC大阪戦でメンバーの入れ替えも多少はあるのではないかと思っていたのですが、それはありませんでした。まあ、連勝中にメンバーの入れ替えはしないというのもセオリーではありますが、仙台戦はどうなりますか。この点も注目ですね。カズに代わって岡本や、ミキッチに代わってソッコでのスタートも、十二分にあり得るのではないかなと。総力戦で、勝ち点3を狙いましょう。
 

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年07月13日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:6

2013J1第15節・ホーム川崎F戦の結果

広島4-2川崎F

広島得点

寿人3、ソッコ

感想

 前半立ち上がりは、川崎Fのペースでした。素早いプレッシングで広島の選手の選択肢を奪い、消極的な横パスに終始させ、前を向かせません。しかし、稲本にバー直撃弾を撃たれたりといったピンチはあったものの、広島は劣勢の時間帯を耐えきりました。

 前半43分、石原がダイレクトでシュートを放ちます。正確に枠をとらえたこのシュートを、川崎FのGKはたまらずファンブル。こぼれ球につめる素早さに関しては川相のバント並みの定評がある寿人が、これを見逃すはずはありませんでした。冷静に逆サイドネットに流し込み、広島が先制します。そして、さらなる圧巻は先制点の直後、前半ロスタイムにやってきます。左サイドからのグラウンダーのクロス。寿人は迷うことなく、左足でダイレクトで叩きました。放たれたシュートは久保のドラゴンシュートのような美しい軌跡を描きながら、川崎Fゴールの隅に突き刺さり、広島が2-0と点差を広げます。このゴールはもう、ただただゴラッソと言うしかありません。いいものを見させていただきました。

 前半で2点差をつけ後半に入った広島でしたが、まずカウンターから1失点、さらにコーナーキックからもう1失点と、あれよあれよという間に2-2の同点に追いつかれます。川崎Fの攻撃力、げに恐ろしきものよ…。

 過去の広島ならここから一気に崩れるのがお約束でしたが、優勝を経験した今の広島はひと味違いました。寿人が、これもまたビューティフルでワンダフルなダイレクトループを突き刺し、ハットトリックで3-2。再び勝ち越すと、さらには試合終了間際、ソッコに嬉しいJ初ゴールがとびだし、スコアは4-2に。川崎Fを完全に意気消沈させ、試合を決めました。

 今日寿人が決めた3点は、どれも難しい体勢から撃ったシュートでした。特に、2点目、3点目の難易度はA級レベル。体の軸をぶらさずにシュートを撃ちきる、寿人の鍛えられた体幹の凄さを見せつけられた気がします。30歳を過ぎても、ほんとにストライカーとして進化していっていますね。得点王争いでも、一歩抜け出しました。この調子だと、寿人の著書「小さくても、勝てる」もこれからどんどん大重版間違いなしですね。

 さて、今節では浦和が引き分け、横浜FMが敗戦。これを受け、広島は3位に上がりました!試合間隔は詰まっていますけど、精神的に上り調子で戦えるぶん、疲労感はあまり感じずに済むかもしれませんね。13日の対戦相手は、これまた好調のC大阪です。面白い一戦になることは間違いないですね。楽しみです!


小さくても、勝てる。小さくても、勝てる。
(2013/06/27)
佐藤 寿人

商品詳細を見る


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年07月10日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2013J1第14節・アウェーFC東京戦の結果

FC東京0-1広島

広島得点

ヒョンジン

感想

 劇的な幕切れでした。両クラブともに、相手ゴール前での直接FKはあった。それを決めたか、決めなかったか。それがそのまま明暗を分けました。

 FC東京は、J初ゴールが広島戦だった印象もあるのでしょうが、広島戦を得意としている(と思う)渡邉千真が怪我で出場しませんでした。これは広島側からするとかなりプラスだったのではないでしょうか。

 試合はボールを保持する広島と、カウンターで対抗するFC東京という構図で進みました。FC東京は初スタメンだという三田選手の動きが良く、一番の驚異になっていました。これからちょっと注目して見たいと思わせる選手でしたね。

 広島はボールを丁寧に繋ぎながら、中と外を上手に使い分けて攻めていましたね。最近はミキッチの右サイド一辺倒で左サイドの存在感が無くなっていましたが、今日のゲームでは左サイドからの攻めもそこそこ見られました。山岸のボールの呼び込み方も良いんでしょうね。

 寿人はクサビのボールを受けたときによくダイレクトではたくのですが、そこでボールロストをしてしまう機会がかなりあるので、そこを改善していけばさらにシュートチャンスも増えそうです。いまは寿人がボールをはたいてからはじめてまわりが動き出す感じですが、それを逆にできれば…。

 そして今日最大のハイライト、ヒョンジンの決勝ゴールですよ。あのゴールにはハーフタイムに暇そうにしていた日本代表ザック監督と原さんの目も覚めたでしょう。ストヤノフが乗り移ったかと思うようなやわらかいシュートでした。これで周囲の評価も上がったでしょうし、これからはボールがまわってくる機会も増えるんじゃないでしょうか。コウジが復帰したら左足のキッカー争いが激しくなりそうですね。

 この勝利で順位が4位に上がり、首位の大宮との勝ち点差は6となりました。次節は大久保が加入し充実している川崎Fとの対戦です。正直、川崎F、めっちゃ怖いですwでもホームだし、やるしかありませんね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年07月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2013Jリーグナビスコ杯 準々決勝第2戦・アウェー柏戦の結果

柏0-1広島

広島得点

寿人

感想

 試合には勝ったものの、アウェーゴールの差で準決勝進出はかないませんでした。

 前半立ち上がりは広島にパスミスが相次ぎ、これはかなり緊張しているのかな…と思いましたが、時間が経つにしたがって落ち着きを取り戻していきました。

 第1戦に比べると、DFラインと前線の分断感もあまり感じませんでした。なので、もう少しシュートチャンスを多く作れるかなと想像していたんですけど、印象に残ったのは広島の攻めよりも柏のコーナーキックの多さの方でした(^^;)。前半はたしか計9本程度のコーナーキックを浴びたと記憶しています。先制点を与えたら事実上その時点でジ・エンドという難しい状況で、ジョルジ・ワグネルの精度の高いボールを相手によく守りきったと思います。

 喉から手が出るほど欲しい先制点が広島にもたらされたのは、後半14分でした。寿人がもう一回やれと言われても無理なクラスのスーパーループボレーを決め、柏を追いつめた…はずだったんですけど、あまり柏は浮き足だってくれませんでした。この辺はACLでの経験が活きているんでしょうかね。点を決められた直後の柏GK菅野の顔からは「1試合PK4本と比べたらまだまだ超楽勝っすよw」みたいな余裕が漂っていたような気がしますし。

 ただ、さすがに試合の流れは広島に傾きました。森保監督も勝負の時間帯になると満を持して清水を投入し、2点目を取りに行きます。しかし…。途中出場した清水がイエロー2枚で退場になってしまい、全ては終わりました。清水は1枚目のイエローのあとも疑惑のファールを犯していましたし、あの時点で審判からの印象はかなり悪くなっていたと思います。2枚目のイエローになったスライディングでカードを提示されてしまったのもやむなしでしょう。

 清水の退場後も必死に攻めた事は攻めたのですが、最後はパスミスやら何やらでグダグダになってましたね。柏が広島以上に試合巧者でした。コンディションの整っている柏はやはり強かった…。リーグ後半戦での対戦でリベンジしましょう(´・ω・`)


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


 

2013年07月01日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。