スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2013J1第8節・アウェー名古屋戦の結果

名古屋1-1広島

広島得点

青山

感想

 引き分けが妥当。そう思えた、アウェー名古屋戦でした。

 広島はメンバーを大幅に入れ替えたとはいえ、遙か彼方のウズベキスタンくんだりまで出張に行ってきたばかり。出場時間は短かったですが、昨日のゲーム、高萩などはかなり疲れているように見えました。タイトな日程のなかで、名古屋にアウェーで勝ち点1は悪くないと言えるでしょう。それも、追いついての勝ち点1ですからね。

 名古屋の先制点は、ダニルソンが重戦車ドリブルで広島ペナルティエリア内に侵入し、グラウンダーのクロスから小川がダイレクトで叩き込んだ形。ケネディの高さに対しては神経を尖らせていた広島でしたが、ダニルソンのドリブルは想定外だったでしょうか。もっとも、想定していたとしても、ダニルソンが猛然とドリブルで突っこんできたら、そんなもん誰も止められないでしょうけど…(^_^;)

 先制されるとからっきし弱い広島ですが、昨日はそこから成長を垣間見せました。名古屋の連係ミスをつきボールを高い位置で奪うと、ポンポンと速いテンポでボールを繋ぎ、最後はゴール前まで走り込んでいた青山!ダイレクトで丁寧に撃ったシュートは名手楢崎でも止められませんでした。名古屋のゴールが力で奪ったゴールだとすると、広島のゴールは技で奪ったゴールという印象です。

 その後は広島、名古屋ともにチャンスを作りましたが、むかえたチャンスの質的には名古屋の方が上でしたね。特に玉田の独走、西川との1対1のシーンは目を覆いそうになりましたが、西川の神反応に救われました。試合終盤にも名古屋の決定機を阻止していますし、ここ最近の西川の好調ぶりは異常レベルに達しています。もしかして、下田って凄い優秀なGKコーチに成長中なのでは…ガクガクブルブル。

 広島の次のJリーグの試合は、ついに首位に立った絶好調、大宮です。願わくば広島戦まで無敗をキープしてもらい、広島が大宮に土をつけたいところですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2013年04月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

ACL・アウェー ブニョドコル!

ブニョドコル0-0広島

感想

 すでにグループリーグでの敗退が決まっていることもあり、若手中心で戦った、アウェー・ブニョドコル戦。かなり苦戦するのでは…、という予想も多かったと思うのですが、なかなかどうして。ブニョドコルと互角以上の戦いを繰り広げました。

 昨日のスタメン組のなかで、個人的に注目していた選手は、野津田、川辺、セナの3人でした。野津田は相手ゴール前でボールを持ちすぎるきらいはあったものの、全体的には及第点だったと思います。前半のヒョンジンからのクロスを左足で合わせたシーンは決めたかったですね~。川辺は堂々としたプレーぶりで、大柄なブニョドコルの選手を前にしても、臆した様子はまるでなし。その強心臓ぶりはこれからの飛躍を期待させました。そして、セナ。右サイドでの出場となりましたが、積極的にドリブルで仕掛け、クロスまで持ち込んだシーンも多かったですし、チャンスと見るや1本強烈なシュートも撃ちました。森保監督への大きなアピールに成功したと思います。スペースを与えてもらえない試合で果たしてどうなるかはまだ未知数ですが、石川が怪我をしてしまい、レッドランプが点灯しはじめた人材難の右サイドにとっては、セナの活きのよい活躍は嬉しいサプライズになったと思います。たしか、森保監督は今までセナを1度しか公式戦で使ったことがなかったと記憶していますが、昨日の試合を契機に、これからはベンチ入りも増えてくるかもしれませんね。

 アウェーの地で勝利を手に帰ってこられればさらに大きな自信になったとは思うのですが、実りの多い1戦にはなりました。次の北京国安では必ず勝って、大きな自信を手中にしてほしいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2013年04月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2013J1第7節・アウェー磐田戦の結果

磐田0-2広島

広島得点

寿人、石原

感想

 どう動けば、相手からボールを奪えるのか。寿人は守備時も常に頭を働かせ、それを考えていますね。去年も川崎戦でGKにプレッシャーをかけ、ボールをかっさらい、ゴールに結びつけましたし。これで7試合5得点。エースにエンジンがかかりはじめました。

 試合そのものは、大部分が磐田ペース。広島にとっては我慢の展開となりました。特に磐田の金園にはあわやというシーンを多く作られました。しかし、西川が恐ろしく神がかっており、ことごとくシュートをストップ。金園にとっては厄日でしたね。きっと昨日の星座占いでは西川の星座が1位の日で、金園の星座が最下位の日だったのでしょう。広島の守備陣もよく頑張りました。

 そして試合終盤には高萩、野津田、石原とボールが繋がり2点目をゲット。試合を決めました。野津田はアシストという結果を手にできて良かったですね。あとはゴール。練習試合では取れているので、公式戦でのゴールも近いとは思います。23日のACL・プニョドコル戦で決められたらいいんですが。

 そして昨日は1位の横浜FM、2位の浦和がそろって負けるという、広島にとっては非常に美味しい展開となりました。広島は4位に浮上です。そして大宮が浦和をかわし2位に。大宮がついに目覚めたのか…。今の上位陣で広島以外が優勝するなら、個人的には大宮が一番嬉しいですね。ズラタンはホントに良い選手だと思います。昔、試合中に寿人にメンチをきってた新井選手がいなくなってるのはちょっと残念ですけどw


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年04月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2013J1第6節・ホーム鳥栖戦の結果

広島2-0鳥栖

広島得点

寿人2

感想

 先週末ホームで横浜FMに完敗し、さらに先日には韓国の地で浦項に勝ちきれず、2試合を残してACL敗退が決定。サポーター的にはフラストレーションが激おこぷんぷん丸レベルにまで高まっていた中でむかえた、今日の鳥栖戦。鳥栖もそこまで調子が良いわけではありませんが、日程的には広島に比べ有利。厳しい戦いも覚悟していたのですが、蓋を開けてみれば2-0と快勝をおさめる事ができました。

 今日は青山が怪我から復帰し、カズとダブルボランチを組みました。広島のエンジンと広島の頭脳がそろうと、やはりひと味違いましたね。クレバーなパスさばきでボールを繋ぎ、守備時には激しいタックルで守備を引き締める。青山は前線に飛び出す攻撃参加もあった(ような気がするw)し、怪我あけ初戦から飛ばしていましたね。この調子だと、これからのリーグ戦でも勝ち点を積み重ねていけそうな予感がしました。鳥栖は激しく戦ってくるチームですが、その鳥栖の気迫に負けないくらいに、玉際で戦い、こぼれ球をこちらに引き寄せていた。この挑戦者のメンタリティを忘れずに戦っていきたいです。

 さらに、スタメン組だけでなく、後半途中から出場したヒョンジン、ソッコ、岡本もそれぞれ良かった。ヒョンジンはゲームに入った直後の1本目のクロスこそ明後日の方向に飛んでしまいましたが、2本目のクロスでは素晴らしい精度で高萩にピタリ。FKだけでなく、流れの中からでも、持ち味である左足の精度を見せられた事は、ヒョンジンとって自信になるはず。背の高いFWがいない広島にとって精度の高いクロスが上げられる選手は凄く重要なので、これからも精進してほしいです。そして岡本。出場時間こそ短かったものの、気迫を前面に出して戦う姿勢は光っていました。岡本は鳥栖に行って本当に成長したと思います。これからの一年でどれだけ伸びてくれるのか、非常に楽しみです。

 今年のJ1序盤戦は大宮が3位につけているなど、非常に面白い展開になっております。広島の次の対戦相手は、こちらも悩めるジュビロ磐田です。深刻具合は激おこぷんぷん丸レベルだった広島を優に超えており、カム着火インフェルノォォォオオオウレベルには達している感じがします。ここはアウェーですが勝ち点3を稼ぎ、混迷を極めそうな上位争いに食らいつき、優勝争いの道中を楽しんでいきたいところですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年04月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2013J1第5節・ホーム横浜FM戦の結果

広島1-3横浜FM

広島得点

高萩

感想

 スコアが示す通りの完敗でしたね…。マリノス、やはり強かったです。できればもう少し天候とピッチ状態が良いときにマリノスと戦いたかったところですが、こればかりはしかたありません。

 青山の代わりに今季リーグ戦初先発となった岡本に注目しながら試合を見ていたのですが、岡本はなかなか良かったですね。無難なプレーばかりではなく、積極性のあるプレーを時折見せてくれ、精神面での成長を感じました。どちらかと言うと岡本は青山ではなくカズに近いタイプのプレーヤーだと思うので、そのうち青山とコンビを組んでの試合も見て見たいです。

 それにしても、横浜FMは中澤、中村、マルキーニョスとそれぞれのポジションに強力ベテラン選手を有しているだけあり、夏場さえ上手く乗り切れれば相当良い順位にいけそうですね。左サイドバックのドゥトラなんて今年40歳だそうで、それであの運動量は凄まじいものがあります。サッカー界の山本昌と呼ばれる日も近そうです。

 広島はとりあえず5月末から始まる中断期間まで、歯を食いしばって頑張っていきたいです。外国籍選手の枠も2名あいているので、これはフリーザ様にとっての「私は変身を後2回残している。これがどういうことか分かるか?」という状態と同じです。せめて、大宮のズラタン系のFWは一人、中断期間に補強してもいいんじゃないかなと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年04月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

ACL第3節 サンフレッチェ広島 vs 浦項スティラーズ

広島0-1浦項

感想

 ああ、勝ち点3が欲しかった…。後半はチャンスを多く作れたものの、逆転までいけたかと言うと微妙なところではあったのですが。

 野津田やヒョンジンなど、チーム編成上の都合はあるとは言え、ルーキー達をスタメンで起用し、Kリーグで好調の浦項スティラーズ相手に善戦はしてみせた。でも、あと一歩が足りない…。今季のACLでよく見る展開です。森保監督はリーグとACL、両方を見据えて、よくやっていると思います。それだけにACLで結果が出ないのが歯がゆいです。広島に赤嶺や豊田タイプのFWがいれば、森保監督の采配の幅ももっと広がるのでしょうが…。この際、平山とかとらないかな~(チラッチラッ

 ACL勝ち抜けのために背水の陣で臨んだホーム浦項スティラーズ戦は敗戦に終わりました。でも、次の試合はすぐにやってきます。相手は絶好調、横浜FM。気持をすぐに切り替えるのに、これ以上の相手はいないでしょう。試合の負けは試合で取り返すしかない。鬱憤、ぶつけましょう。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2013年04月03日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。