スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012幸熊館的MVP。

 記事に出来ていない広島選手の期限付き移籍情報等あるのですが(横竹とか)、とても追い切れない&いまさら記事にしてもしょうがない感満載なので、この際すっぱりあきらめて、今回は「このブログが選ぶサンフレッチェ広島2012年MVP」でも発表したいと思います。プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズの4選手を、独断と偏見で選びました。

●プラチナ 佐藤寿人

 最高位の称号であるプラチナに選ばれたのは、サンフレッチェ広島キャプテン・佐藤寿人選手です!文句のつけようがない活躍でした。Jリーグアウォーズでの寿人の登壇数がそれを物語っていると言って良いでしょう。寿人の著書「思考のストライカー(仮)」は読書用、保存用、タイムカプセルに入れる用の3冊は買わないといけないでしょうね。

●ゴールド 森保一 

 選手じゃないですが、そこには目を瞑って、監督の森保さんを選びました。初監督でいきなり優勝の離れ業には驚かされました。ミシャの造った土台を壊さず、上手く好守のバランスをとった手腕は見事。新潟でのコーチ経験が生かされていると感じます。森保監督の著書「一流」は、読書用、保存用、タイムカプセル(ry

●シルバー 高萩洋次郎

 試合によってまだムラッ気はありますけど、精神的にノった時に飛び出すハイパフォーマンスは広島の大きな武器でした。安定感は年々増しているので、これから円熟期を迎えると、どれほどのプレイヤーになるのか…。楽しみでなりません。高萩が年間10ゴール取れるようになれば、Jリーグで敵はいなくなるでしょう。

●ブロンズ 全ての選手、スタッフの皆様
 
 優勝イヤーと言う事で、本当はゴールドを選手、スタッフ全員にしようかなと思ったのですが、シルバーまでは個人賞にしようと思い、心を鬼にしてブロンズに回しました。全選手、スタッフの団結、注力無くして、優勝を成し遂げる事など出来ませんからね…。

以上、個人的に2012年で特に印象に残った選手、監督を4名(一部例外有り)挙げてみました。それではまた、来年の更新でお会いしましょう。一年間どうもありがとうございました。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年12月30日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

岡本が広島復帰、西岡が栃木に。

 待ち望んでいた岡本の広島復帰が正式発表されました。鳥栖ではレギュラーを掴み、充実した2年間を送っていたと思います。
 青山、カズの壁は高いですが、レギュラー争いに食い込んで欲しいですね。

 西岡の栃木SCへの期限付き移籍が発表されました。
 まだ西岡がプレーしている姿をこの目で見た事がないので、栃木SCでレギュラーを掴んでもらい、躍動している姿を見たいです。

 クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月26日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

平繁が草津に完全移籍。

 公式サイトにて、平繁が草津に完全移籍すると発表がありました。

 ガンバ戦で2得点したときには「ついにブレイクか!?」と思いましたが、残念ながらその後は出番を失ってしまっていたので、残念ながら移籍もやむなしと言ったところでしょうか。草津は来シーズンに向けて積極的に補強に動いている感じがあります。平繁なら十分にやれると思うし、草津の力になれるでしょう。

 個人的には松下と平繁が一緒にプレーしているところを見たかったんですが、松下は横浜FCに移籍と言う事で、平繁とは入れ違いになってしまい残念…。

 東京ヴェルディ時代はこれからと言うときに怪我に泣かされたのが痛かったので、草津では怪我に気をつけて頑張って欲しいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

西川、高萩、清水が契約合意。

 中国新聞さんによりますと、西川が1年契約の5000万、高萩が2年契約の3300万、清水が3年契約の700万で、それぞれ契約に合意したそうです。

 優勝に大きく貢献してくれた3人が契約に合意してくれて、素直に嬉しいと言うか、ホッとしたのが正直なところです。特に西川は、なんとかゲンダイさんが某赤いクラブと既に基本合意していて~とかなんとかぶち上げていたので(^_^;)良かった良かった。

 清水はA契約1年目の上限で契約、しかも3年という事で、クラブからの期待の大きさが伺えます。将来3トップにするような事があれば、左ウイングで清水が見たいな~とか、妄想が捗りますね!

 高萩は3300万と、上がり幅では500万の金額で合意。あれだけの活躍をして3300万でサインしてくれるとは、なんていい漢なんでしょう…。来期も期待していますよ!

 西川は広島サッカーの扇の要とも言える選手なので、来期も広島のユニフォームを着てくれるのは非常に心強いです。オフの間に、怪我をじっくり治して下さい!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


 

2012年12月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

新社長・小谷野氏。

 5年間にわたり広島の先頭に立って頑張ってくれた本谷社長が12月31日付けで退任し、来年からは小谷野薫氏が新社長に就任すると発表がありました。
 小谷野氏は「25時間サンフレッチェのために力を注がなければいけないと考えている」とコメントしてくれています。プロフィールを見ても、凡人の僕には凄すぎてどう凄いのかよくわからないプロフィールとなっており、とりあえず遠山の金さんに裁かれる悪人のように平身低頭したい気持になりました。
 広島の財務状況は改善の兆しはあるものの、まだまだ予断を許さない状況にはあると思います。舵取りは難しいと思いますが、ぜひとも誰もが「シャチョサン、オカネ、イッパイモッテテ、ステキネ。ワタシ、シャチョサンニ、ホンキデ、ホレチャイソウヨ」みたいなセリフを言ってすり寄りたくなるような、魅力あるクラブに導いていってもらいたいです。

 減資の責任を取った形での退任となった本谷社長ですが、素晴らしい仕事をしてくれました。ワケのわからないフロントに振り回されるクラブも多いなか、きちんとビジョンを示し、クラブに心血を注いでくれる社長と巡り会えた事は、暁光でした。社長と言えば、北九州の横手社長も三浦監督の退任会見で見る限りでは応援したくなるタイプの社長さんで、好感度大でした。横手社長、頑張って下さい!

 話しは逸れましたが、大任を終えて退任された本谷氏は、本当にお疲れ様でした。新社長の小谷野氏、よろしくお願いします<(_ _)>



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月20日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

森脇が浦和に完全移籍。

 森脇の浦和移籍が発表されました。これはもうずいぶん前から決定的と言われていた件なので、特にショックを受ける事もなく受けとめられました。
 広島よりも浦和の方が規模の大きなクラブですし、そういうクラブでやる事こそが選手としてのステータス、という考えも当然「有り」でしょう。元々広島から複数年契約を提示されてもそれを突っぱねていた選手ですし、他クラブから条件の良い移籍話が来たら、移籍はあるもんだと思っていました。
 移籍するのはいい。でも、移籍するなら移籍金を広島に残して行って欲しい。クラブの主力にまでなったユースあがりの選手に、毎年のようにタダで出て行かれるこの現状は、育成型クラブとしては大変に好ましくありません。難しい話しではありますが、どうにか改善していかないといけませんね…。

 後日やるであろう森脇の移籍会見で「最後は広島でやりたい」とかそういう発言は個人的にいらないので、末永く浦和サポに愛される選手になってくれればと思います。「マッキーの浦和愛」で、槙野、柏木、森脇の3人で盛り上がってる映像が今から目に浮かぶようですw


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2012年12月17日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

広島ユース、高窓宮杯優勝、3連覇!

広島ユース4-1東京Vユース

広島得点

野津田2、末廣、平田

 やりました。広島ユースが東京Vユースに4-1で勝利。トップチームに続き、見事日本一へと登り詰めました!

 ボール保持率は東京Vユースの方が上だったと思いますが、広島ユースは決めるべきときに確実に得点を決めました。守備も最後の最後まで体を張り、ゴールラインギリギリでボールをクリアしたシーンも。東京Vユースの選手のテクニックは脅威でしたが、森山監督のチームらしい玉際の激しさと寄せの速さで、東京Vユースの攻撃を耐えきりました。見事でした。

 広島はトップ昇格を決めている野津田が2ゴール1アシストと大爆発。決勝の大舞台で大仕事をやってのけました。右足で決めた1点目、末廣への冷静なアシストも極上でしたが、野津田の真骨頂が発揮されたのは野津田自身の2点目、チームにとっての3点目でした。相手ペナルティエリア外から左足を強振。左足アウトサイドで強烈な回転をかけて放った一発は、相手GKが思わず逆に反応してしまうほどの、漫画のようなシュートでした。キャプテン翼なら東京VのGKが「なにィ」と言って驚いた事間違いなしでしょう。ああいう久保並みの変態シュートが撃てる野津田、やはりひと味違います。

 長い間広島ユースを率いてきた森山監督のラストを、最高の形で締めくくる事が出来ましたね。いいチームでした。東京Vユースもクオリティが高かったです。そこら辺のプロ同士の試合よりも面白かった一戦。決勝戦にふさわしい、濃密な90分でした。

 

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月16日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

蔚山現代戦。

広島3-2蔚山現代

 試合を見られたのは、前半途中からでした。その時はまだ0-1で蔚山現代がリードしていたのですが、正直、試合のペースは蔚山現代が握っているように見え、逆転まで漕ぎ着けるのは難しい予感がしました。しかし、結果は3-2で広島の逆転勝利。スタメン出場した山岸の1ゴール1アシストの大暴れは痛快でした。何気にコレが今季初の逆転勝利ですよね。

 蔚山現代には、イ・グノもいたし、マラニョンもいた。懐かしい面子を目にし、なんだかちょっとしたJの同窓会でも見ているかのような感覚になりました。ハーフタイム、イ・グノと仲良く肩を並べて歩く寿人の姿は良かったですね。同窓会と言えば、コリンチャンスのメンバーもやばかったですね。エメルソンに、ダニーロおじさんとか、懐かしすぎて泣けてきますよ。

 来期に向けて、蔚山現代のようなタフな戦い方をしてくるクラブに競り勝てたのは大きな財産になったと思います。ACLでもこれで臆せず戦えるようになると思いますし。

 さて、これで2012年のサンフレッチェの試合は全て終了ですね。最後を勝利で締めくくれたのはなによりでした(賞金的な意味でも)。選手の皆さんには、ゆっくり疲れを癒して欲しいと思います。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月12日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

アルアハリ戦。

 日曜に行われたクラブワールドカップ・アルアハリ戦なのですが、用事があって後半途中からしか見られませんでした。寿人の同点弾もどんな形のものだったのか、僕はぜんぜん知りません(^_^;)

そんなアルアハリ戦でしたが、2-1とリードされてからも、攻めの形は多く作れていましたね。特に寿人が抜け出しての、GKと一対一のシーン!あれは惜しかった。今は「寿人が外して負けたなら仕方ないな」という心境でいます。

 そして試合はまだ残っています。明日16時30分キックオフ、相手は蔚山現代です。16時30分…。この試合も上手くいけば後半だけでも見られるかな、という感じです(^^;)はやく家に帰るぞ~!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月11日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

FIFAクラブワールドカップ開幕戦!

FIFAクラブワールドカップ開幕戦は、青山のゴールで広島が1-0でオークランド・シティに競り勝ちました。

ボール支配率では圧倒的に上回ったものの、守りを固めるオークランド・シティの守備を崩せず、苦戦した広島。勝負を決めたのは青山のミドルシュートでした。あれは凄かった。あのシュートは青山の脅威の胸筋(胸囲だけに…)があったからこそ生まれた破壊力でしょう。

次は土曜日、アフリカ代表のアルアハリと対戦します。

正直、僕はJリーグで燃え尽きてしまっていたため、イマイチこのFIFAクラブワールドカップへのモチベーションが高まっていませんでした。でも、実際に試合を見ていると、やはりこう、たぎってくるものが…wぜひともコリンチャンス、そしてチェルシーと戦うサンフレッチェが見たいと思いました。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第34節・アウェー神戸戦の結果

神戸0-1広島

広島得点

コウジ

感想

 既に前節で優勝を決めていた広島にとっては、今節は「一緒や!負けても!」という、モチベーションを保ちにくい一戦ではありました。事実、J1残留がかかる神戸に押し込まれた。それでも、勝利を掴んだ。本物のタフネスが身についたと感じました。

 得点は、石川のクロスに反応した寿人の足を神戸DFが削って得たPKを、コウジが冷静に決めたもの。石川と寿人の2人の関係から得たPKというのが、2012年の広島が培ってきた財産がそこに現れているようで嬉しかったです。

 神戸はサイドからのクロスをFWが競る形で広島DFを攻略してこようとしていましたが、あまり危険を感じるシーンは無かったですね…。野沢と都倉のFKは怖かったですが、昨日は精度がイマイチでした。

 開幕前の神戸は、橋本や野沢など、大型補強にも成功していたので、もっと上位に食い込んでくると予想していたのですが、結果は降格。神戸フロントはお金も出してくれますが、シーズン途中から招聘した西野監督を我慢しきれず切っちゃうなど、どうにもこらえ性がないのが残念でした。呂比須&セホーンという、端から見ていても危険な臭いがぷんぷんしていた2頭体制に舵を切ったG大阪もそうですが、監督人事は細心の注意が必要だと改めて実感させられました。広島もそれで失敗した過去がありますしね(^_^;)まったく、JリーグはRPGの不思議のダンジョンシリーズのように、少しのミスが即命取りに繋がる、おそろしいリーグです。

 優勝を決めてから取材やテレビ出演などが相次ぎ、コンディション調整や神戸戦に向けての練習が難しかったと思いますが、最後をきちんと勝利で終われて良かった。Jリーグアウォーズを挟み、またすぐにCWCに向かわないといけません。選手、スタッフの皆さんには、もう一踏ん張りお願いしたいです。

 優勝を決めたあと、スポーツ新聞、サカダイ、サカマガ、サカダイ増刊、サカマガ増刊など、様々な雑誌を買いあさりました。その中では個人的にサカマガ増刊が一番良かったかな~という感じがしました。濃いサポさんはやはり、それぞれの雑誌を、観賞用、保存用、タイムカプセルに入れる用など、複数冊ずつ買ったりしたのでしょうか。サカダイだと思って買ったらMAKIDAIだった、なんて失敗をした方も、中にはおられるかもしれませんね。争奪戦でしたからね~。出費はかさみますが、こういう経験だったら毎年でもしたいですね!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年12月02日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:5

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。