スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第33節・ホームC大阪戦の結果

広島4-1C大阪

広島得点

高萩、青山、寿人、石川

感想

 20年、サンフレッチェを見続けました。その歳月を振り返ってみると、頭の中から出てくる記憶や映像は、ポジティブなものよりもネガティブなものが多いです。94年のチャンピオンシップ第2戦で怪我をし、タンカに乗せられてピッチを出て行く高木の姿。同期入団した若手の須田と佐田がそろって広島を離れると聞いた時の深い落胆。性格的に移籍は無いのではと踏んでいた久保の移籍。京都との入れ替え戦で槙野が放ったオーバーヘッドの軌跡。いくら挑戦しても準優勝に終わるトーナメント。2度のJ2降格。ガジエフ…。それらを塗り替えてくれるほどの歓喜が、ついに訪れてくれた。サンフレッチェを見続けて良かった。J1リーグ優勝。最高の瞬間でした。

 C大阪をむかえての、ホーム最終戦。序盤はややC大阪ペースかなと思いましたが、高萩のシュートがネットを揺らしたあとは、あとはもう広島のやりたい放題に突入。なかでも青山のゴールは痺れました。左ウイングの清水のクロスを右ウイングの石川がダイビングヘッドで折り返し、ボランチの青山が決める。あそこまでダイナミックに左右に振られるとC大阪のDFとしてはもうどうしようもなかったと思います。ゴール後の青山のガッツポーズもカッコ良かったですね。

 C大阪の最大の武器と言えば、やはりその攻撃力。千葉が出場停止だったのでどうなるかと思いましたが、塩谷が千葉の穴を埋めて余りある活躍を示してくれました。森保監督の信頼もがっちりキープできたのではないでしょうかね。来期は塩谷にとって飛躍の年になりそうな気がします。

 とにもかくにも、ホームで優勝出来たのは良かった。個人的に、とにかく寿人に優勝を経験させてあげたかった。それがホームのサポーターの前での達成となって、もうこれ以上のものはないです。優勝決定の瞬間にピッチに突っ伏した寿人の姿と、祈りを捧げる高萩の姿は、目に焼き付いて離れません。来期はACLへの参加が決まっているので、優勝争いに食い込むのは今季以上に難しくなる。中心選手の年齢的な面も含めて、優勝するなら今季しかなかった。それを成し遂げてくれた森保監督の手腕は素晴らしかったです。

 優勝記念商品では、ユニフォームベアを注文しました。何かのタイトルを獲得する度に、ベアちゃんの数を増やしていければと思っております。次節でついに2012年のJ1も最終節。有終の美を飾りたいですね!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年11月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

浦和戦。

浦和戦は0-2。
スコアが示す通りの完敗でした。
しかし、まだ順位は1位のまま…。
まだまだツキは広島に味方してくれているようです。
あと2戦。
アグレッシブさを忘れず、戦って欲しいです。
そうすれば、必ず結果はついてくる。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年11月19日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第31節・ホーム札幌戦の結果

広島3-0札幌

広島得点

コウジ、寿人、水本

感想

 仕事が終わって帰宅後すぐに、ニンテンドー3DSの「とびだせ どうぶつの森」ダウンロード版をダウンロードしはじめたのですが、全然終わらね~…(´・ω・`)この感想記事が書き終わるまでに終わればいいな♪ というわけで、札幌戦です。

 札幌戦で重要なのは、できるだけ早い時間に先制点を取ることでした。先制点を早い時間帯で奪えれば楽な展開になるし、もし先制点を札幌に奪われてしまうような事態になれば、浦和のように足を掬われてしまう展開も、十分にあり得ました。

 その重要な先制点を奪ったのは、広島でした。コウジからのスルーパスに抜け出した寿人が倒され、PKを得ます。それを決めたのはコウジ。GKにさわられたものの、低い弾道だったのが良かったのでしょう。ボールはネットに吸い込まれました。そして、このPKを得るまでの過程が凄かった。コウジのスルーパスに反応してからの、寿人のターンと、トラップ。完璧でしたね。このシーンをリプレイで繰り返し見るだけでご飯3杯はいけます。さらにデザートにおにぎりも食えと言われたら、食えてしまいそうな気がします。どうもごっつぁんです。

 そして、先制点から14分後、広島が誇る青山-寿人のホットラインが着火、札幌DFを一刀両断します。青山の40メートル級のロングパスに、抜け出した寿人。完全にDFを振り切り、GKと一対一になった寿人は、もはやボールをトラップする必要すらなく、左足を強振。GKもボールをさわれず、ビッグアーチが歓喜に沸き上がりました。このゴールはまさにビューティフル。このシーンをリプレイで繰り返し見るだけでもちろんご飯3杯軽くいけますし、デザートにうどん大盛りも余裕。何度見てもカッコいいゴールシーンです。

 札幌は2-0とされてからも切れることなく試合に打ち込んでくれていましたし、まだ中堅の年齢であるにもかかわらず、すでにサッカー界の重鎮のような貫禄を漂わせつつある前田俊介の投入もあり、最後まで集中して試合を見る事が出来ました。

 札幌戦で良い内容の試合を披露し、完勝を収めた事で、次節の浦和戦に向けて最高のチーム状態を作る事が出来ました。少し間が空くのがもったいないくらいですね。浦和戦では真正面からの力と力のぶつかり合いが見られそうで、今からワクワクします。アウェーですが、勝ち点3を取りたいですね。

 さて、どうぶつの森のダウンロードも無事終わったようですし、それではここら辺で筆を置いて、タッチペンに持ち替えようと思います。それでは!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2012年11月08日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。