スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

服部が現役引退。

 長きにわたって広島の左サイドに君臨し、現在はファジアーノ岡山でプレイしている服部公太選手が、今季限りでの現役引退を表明しました。
 正確なクロスと、時折見せたスーパーゴールは、いまも凄く印象に残っています。
 お疲れ様でした。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年10月29日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第30節・アウェーG大阪戦の結果

G大阪1-1広島

広島得点
カズ

感想

 下位に沈んでいるとは言え、遠藤、今野の日本代表スタメンクラスの選手を2人要する戦力は、やはり侮りがたいものがあります。アウェーのG大阪戦で拾った勝ち点1…。この勝ち点が最後の最後で広島の味方をしてくれる事を祈りたいです。

 優勝のために勝ち点が必要な広島と、残留のために勝ち点が必要なG大阪。立場は違えど、勝利が必要なのは同じ。G大阪は立ち上がりから積極的なプレーを見せ、広島を押し込みます。水本が広島ゴールラインギリギリの位置でボールをクリアしたシーンもありましたし、前半のうちに失点していてもおかしくはなかったですね。前半は様子見から入るのが常の広島ですが、ここ最近は少し押し込まれすぎかもしれません。

 前半を無失点で耐えた事により、後半は反撃開始…といきたいところでしたが、先制点を奪ったのはG大阪。これにより、一気に嫌な汗が噴き出してきそうな展開に持ち込まれてしまいました。

 先制点を奪われると、どんなクラブでも苦しくなるもの。勝ち点0では許されない広島にとっては、柏戦に続き、2戦連続の試練。そこで反発力を見せてくれたのが、カズでした。こぼれ球を豪快に蹴り込み、同点。これで勇気を得た広島はさらにG大阪ゴールに迫りましたが、結局2点目を奪う事は出来ず、同点のまま試合終了となりました。

 広島がドローとなると、気になるのは仙台の試合結果です。仙台は磐田とアウェーで激突し、先制点を奪ったものの追いつかれてしまい、こちらも仲良くドロー決着となりました。いやぁ、得失点差が上なのはありがたいですね。

 次節はどのカードも19時キックオフで、広島はホームで札幌と、そして仙台も同じくホームでC大阪と、それぞれ激突します。札幌は今節で東京に5-0とボコボコにされており、モチベーション低く広島に乗り込んできてくれるのではないかと期待しております。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

 ついに今年のJ1も30節を過ぎ、残りは4節。最終コーナーを曲がり、最後の直線に入った、といったところでしょうか。一戦必勝、ここからが力の見せ所です。最後に笑って終われるように、森保監督、鞭を入れまくって、見事完走して下さい!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年10月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第29節・ホーム柏戦の結果

広島1-2柏

広島得点
コウジ

感想

 終了間際に勝ち越し点を奪われての敗戦は精神的にきつかったですが、まだ仙台に勝ち点差で並ばれただけ。上にいかれたわけではありません。切り替えて、森保監督がよく言っているように、一戦一戦地に足をつけて戦っていきましょう。

 前半は柏の思惑に広島がはめられた形になりました。ショートカウンターから何度かピンチを招きますが、西川の好セーブもあり、ゴールは割らせません。…が、前半終了間際にそれは決壊します。やはりカウンターからでした。右サイドを駆け上がってきた柏のクォンハンジンに決められ、先制を許します。先制点を取られるとガクンと勝率が下がってしまう広島にとって、痛すぎる失点でした。

 後半は柏のやり方に慣れてきた広島がペースを握ります。カズを中心にボールが回るようになり、早い時間帯でコウジが同点弾を叩き込む事が出来ました。それからはさらに広島ペースになり、勝ち越し弾も時間の問題かな、と思っていたのですが、残念ながら勝ち越し点はとる事が出来ず、逆に柏に決められ、敗戦となりました。

 森保監督もコウジにかわって石原を入れるなど手は打ちましたが、それによりFKの好機でコウジがピッチ上にいなくなってしまうなど、今回は采配も裏目に出てしまった感はあります。そして寿人が若干お疲れ気味なのか、キレが無かったのも痛かった。ザックジャパン招集による海外旅行の影響でしょうかね。次節、ガンバ戦では復調してくれているといいのですが。

 仙台と浦和の2位、3位直接対決は仙台が競り勝ちました。浦和にも同点に追いつくビッグチャンスはあったのですが、そこで林のダイナミックスーパーセーブが炸裂。勝負強さはさすがですね。広島にも赤嶺のようなタイプのFWが欲しいところです。

 優勝争いは完全に広島と仙台にしぼられました。最終節まで、抜きつ抜かれつのデッドヒートとなるでしょう。最後までこういう痺れる戦いを送れるシーズンは初めてです。楽しんで行きましょう!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年10月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

野津田岳人選手の加入が内定しました。

広島ユース・野津田岳人選手のトップチーム昇格が内定したと、サンフレッチェ広島公式サイトにて発表がありました。

野津田君は既にトップチームでデビューもしていますし、即戦力の逸材である事は間違いありません。

森崎兄妹もベテランの域に差し掛かってきていますし、野津田君がブレイクしてくれると、チーム構成という面でも凄く助かりますよね。

来期は鳥栖から岡本も(たぶん)帰ってきてくれると思いますし、次世代のサンフレッチェの姿がすこしずつ見えてくるシーズンになるかも…。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年10月09日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第28節・アウェー横浜FM戦の結果

横浜FM0-0広島

広島得点

感想

 アウェーでの勝ち点1…。そう悪い結果でもないですね。PKを取られたときは敗戦も覚悟しましたが、よくぞ生き延びました。

 森脇のかわりに右のストッパーで出場したのは塩谷。移籍後、リーグ初先発となりました。無失点で終われたのは彼にとっても自信になったでしょうし、これで一回り成長できたのではないでしょうか。

 昼の試合で広島が勝ち点1で終わった事により、俄然盛り上がりを見せた、ナイトゲームの浦和-札幌、仙台-ガンバの2試合。当然、「浦和もガンバどっちも負けろや~!オラ~!ドンドン!」と祈りながらテレビを二画面表示にして観戦していましたよ。この祈りは、半分ですが成就しました。

 まずは、浦和と札幌の試合。広島時代のミシャはここぞという試合で勝てなかった記憶があるし、浦和も割と下位には取りこぼす印象があったので、これはあるいは…!という希望はありました。札幌は前節降格が決まってしまい、失うものは何も無い状況。重圧から解き放たれた手負いの狼、鎖を引きちぎった虎…。札幌の選手の気迫は浦和の選手を上回っていましたね。カウンターの鋭さはエメルソンのいたときの浦和並みでしたよ。解散が決まった後のフリューゲルスの選手が天皇杯で快進撃を続けていた時に浮かべていたのと同じ、ギラギラした光が、札幌の選手の目に宿っていたのを感じました。試合は2-1で札幌勝利。札幌さん、マジでありがとう。いいものを見せていただきました。

 仙台とガンバの試合は、かなり硬い試合となりました。全体的には、ペースは仙台が握り、ガンバが耐える展開。ガンバも降格するわけにはいかないので、必死に耐える。これはスコアレスドローか?と思いましたが、僕は忘れていました。ガンバのGKが藤ヶ谷さんだと言う事を…。藤ヶ谷さんはなんでもないボールをファンブルし、リャンに先制点を献上。スーパーセーブもあったのに、これで台無しに…。これは痛すぎました。昔、ガンバが西川を獲得か?なんて噂がメディアに載った覚えがありますが、いいかげん、本当にどうにかした方がいいでしょう。西川は出せませんけど(^_^;)

 次節は仙台と浦和が激突しますし、広島的には、ここは最悪でも仙台の勝ちだけは阻止して欲しいところ。ここで負ければ、浦和は完全に終了となりますので、気合いの入った試合をしてくれる事を期待したいです。柏木さん、槙野さん、どうかお願いします…。

 アウェーで勝ち点1をゲットした広島は、次はホームで柏と戦います。柏はモチベーション的にかなり厳しくなっていると思いますし、難しい相手である事は間違いないですが、勝ち点3が絶対に必要です。ぜひとも自民党の安倍新総裁が食べたと言う3500円のカツカレーを、スタッフ全員で食べに行ってから、広島に帰って下さい。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2012年10月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

加入内定選手が新たに2名発表されました!

本日、パク・ヒョンジン選手に続く、新たな来期新加入選手2名が発表されました。

●浅野拓磨選手
四日市中央工業高等学校からの加入で、ポジションはFWです。
第90回全国高校サッカー選手権大会得点王。
171㎝と上背はありませんが、広島は小柄な寿人に1トップを張らせ、得点王レースを独走させるような希有なクラブなので、上背の有る無しはそんなに不利にはならないかもしれません。
寿人を良いお手本とし、次世代のエースを目指して欲しいです。
関係ありませんが、拓磨という名前はカッコよくて好きですw

●キム・ジョンソク選手
春川機械工業高等学高からの加入で、ポジションはMFです。
ゲームメイクを得意とし、足下の技術も高いという事で、広島のサッカーには合う選手のようです。
高萩タイプでしょうかね?


浅野選手、ジョンソク選手、広島加入内定おめでとうございます。
あとはユース組からの昇格が何人かあると思います。
正式リリースが待たれますね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年10月05日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。