スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第27節・ホーム鳥栖戦の結果

広島4-1鳥栖

広島得点

清水、寿人2、コウジ

感想

 スコアが示す通りの快勝劇でしたね。試合前はもっと競る展開になるかと思っていたのですが、広島にとってポジティブな方向に予想が外れて良かったです。

 名古屋戦に続き、清水のドリブル突破からのシュートが、広島ゴールラッシュの口火を切りました。今の清水は本当に体がキレていますね。スペースのある場面での清水のドリブルは、ファールでしか止められないんじゃないでしょうか。左の清水、右のミキッチ。個で勝負できる選手が両サイドにいるのは素晴らしい。

 さて、広島の2点目となったPKですが…。あれはどう見ても石川のファールですね(^_^;)イエローカードまでもらってしまった鳥栖の磯崎選手はお気の毒でした。僕なら、「なんでだよ!」と審判に激昂して、食ってかかって行ってしまっていたかもしれません。まあ何にせよ、石川が得たPKを寿人が確実に決めて、リードを2-0とします。この得点で広島は本当に楽になりました。

 後半に入っても広島ペースは変わりません。相手DFのミスを突いて抜け出した寿人の折り返しをコウジが冷静に決め、3-0。ロスタイムに入ってから鳥栖に1点を返されるものの、すぐさま寿人が今季20点目を決めて突き放し、4-1で試合終了。最後の鳥栖の1点は余計でしたが、これがあったから寿人の20点目が生まれたのかなと思えば、そんなに悪くないかも?

 広島のゲームの30分前にキックオフされた清水-仙台の一戦は、3-1で清水の勝利に終わりました。これで広島と仙台(と浦和)の勝ち点差は5に開きました。これは大きいです。どれくらい大きいかと言うと、森脇の顔くらい大きい!得失点差も3プラスできたし、寿人のハシェック越えのゴールもあった。広島にとって、非常に意義のある1節になりましたよ。ちなみに、去年の得点王・名古屋のケネディは19得点だったので、寿人は27節にして早くもそれを追い抜きました。凄すぎる…。寿人J1通算200得点の記念DVDが出るのもそう遠くないかも(・∀・;)

 優勝争いは、完全に広島、仙台、浦和の3クラブにしぼられた感があります。広島の次の対戦相手は横浜FM。難しい相手ですが、一戦必勝の姿勢で臨み、勝利をもぎ取りましょう。出場停止になった森脇のかわりに出るのが誰になるのかも楽しみです。キックオフは10月6日、午後2時です。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


 

スポンサーサイト

2012年09月30日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2012J1第26節・アウェー名古屋戦の結果

名古屋1-2広島

広島得点

清水、太陽の男

感想

 劇的な試合でしたね…。まだ興奮が冷めやりません。森脇よ、お前は名古屋戦のロスタイムに得点する運命に生まれた男なのか!?

 試合の入りは名古屋、広島ともに慎重でした。そんな中、違いを生み出せる男、高萩の絶技が均衡を破ります。後方からのロングボールを軽いタッチで流し(スルー?)、清水へボールを渡した。たったそれだけのプレーでしたが、あれはJリーグの中でも特別な天性のサッカーセンスの持ち主・高萩洋次郎しか出来ないスーパープレイだったと思います。

 高萩からパスを受けた清水の眼前には、広大なスペースが空いていました。清水は迷うことなくドリブルを開始。名古屋ペナルティエリアへと迫ります。清水は寿人の動きを見ながらドリブルをしていたと思いますが、最終的には自らシュートに行く事を選択。ダニエルを凄まじい切れ味の切り返しでかわすと、スライディングでシュートブロックにきた闘莉王をあざ笑うかのように、強烈なシュートを叩き込みました。喉から手が出るほど欲しかった先制点を手にした広島でしたが、これが闘莉王の闘争心に火をつける事に…。

 名古屋のストイコビッチ監督は後半から増川を投入し、システムを4バックから3バックに変更します。これが大当たり!後半開始早々、サイドからのクロスに前線に上がっていた闘莉王が頭で合わせ、同点に追いつきます。森脇が競っていましたが、闘莉王にとってはまるで関係無しでした。あの競り合いの強さと決定力には毎度泣かされますね(^_^;)

 同点に追いついた事により、試合の流れは名古屋に傾きます。広島は運動量が減り、攻撃が単発化。名古屋にボールを支配される展開に…。しかし、そんななか、石川だけは運動量が落ちませんでしたね。前線に石川以外誰もいないときでも、簡単にボールを奪われたりせず、コーナーキックを取った。フォローに来た選手の位置が遠くてパスを出せないときでも、我慢してキープし、ファールをもらった。ミキッチが入り、五分の展開まで押し戻せるようになるまで広島が失点せずに済んだのは、石川の「自分に出来る事をとにかくやり切る」という愚直なまでの姿勢があったからこそだと思いますし、胸打たれるものもありました。と言うワケで、石川には個人的なMOMをあげちゃいます。おめでとうございます!

 時間が経過するにつれ、名古屋はパワープレーに徐々にシフトし始めます。しかし、なかなかチャンスは作れませんでしたね。対する広島も5バックで守る名古屋に手を焼き、決勝点を奪えないまま時間はロスタイムへ。ロスタイムが3分と知った名古屋のストイコビッチ監督は「短いんじゃないか」と怒ったみたいですが、4月のビッグアーチでロスタイムに何が起きたのか、そしてそれを成し遂げた男が誰で、まだピッチに立っているのかどうか、考えてみる必要がありました。

 後半ロスタイム、石原のクロスに合わせたのは、森脇良太。山なりに放ったヘディングシュートは、楢崎の頭上を越え、ネットを揺らしました。2-1!ここはもうドローでも御の字と覚悟していたのに、まさかの決勝点ですよ…。失点場面で闘莉王に競り負けたのは、この決勝点への伏線だったのではないか。そんな事すら頭をよぎる、劇的すぎる一撃でした。ストイコビッチ監督が怒りにまかせて投げ捨てたペットボトル、オークションに出て来ませんかね…。あれ欲しいw

 森脇の“パスゴール”(本人談)により、勝ち点3を得た広島。首位をキープし、勝ち点を50に乗せました。2位仙台は2-1で神戸に勝ちましたが、3位浦和はG大阪に0-5で大敗しています。少し歯車が狂うだけで簡単に下位クラブに足を掬われてしまうのがJリーグ。難敵・名古屋を退けたといっても、油断は大敵。次の相手は固い守備を誇る鳥栖です。ホームで戦える利はありますが、褌を締め直してかからないと、アウェーの二の舞になるでしょう。集中して戦って、勝利をもぎ取ってほしいです。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年09月22日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

パク・ヒョンジン選手の加入が内定しました。

 オフィシャルサイトにて、2013年シーズンの新加入選手としてパク・ヒョンジン選手の加入が内定したと発表がありました。
 オフィシャルサイトでは写真も載っています。
 ポジションはMFで、キックの精度が高く、左サイドを主戦場としており、ボランチやCBの経験もあるそうです。
 182㎝、74㎏。

 しかしあれですね、最近のサンフレッチェ入りする韓国の選手は、みな身長が高いですね…。
 ソッコやデホンも180㎝以上ありますし。
 仮に左サイドがヒョンジン、右サイドがソッコになったら、サンフレッチェのフィールドプレイヤーの平均身長が激しく底上げされますねw

 
 パク・ヒョンジン選手、よろしくお願いします!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年09月19日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

寿人のJ1通算100得点記念DVD 決定力。

寿人のJ1通算100得点記念DVD 決定力。を見ました。

佐藤寿人 J1リーグ通算100ゴール達成記念DVD 「決定力! 」佐藤寿人 J1リーグ通算100ゴール達成記念DVD 「決定力! 」
(2012/08/24)
佐藤寿人

商品詳細を見る


いや-、いいDVDでした。

寿人本人の解説付きで寿人ゴール100連発が見られただけで、値段分の価値は十分にありました。

昔のゴールの映像で、なつかしのJリーガーの顔が見られるのも美味しかったです。

ヴァンズワムとか懐かし過ぎる…。

寿人のゴールは、広島に来てからのものはカップ戦以外は全て見ているはずですが、映像を見ても「あった…かな~」程度にしか思い出せないものもありました。

改めて、100ゴール全て目にする事が出来て良かったです。

これからの寿人のゴールも追いかけていきます。

目指せJ1リーグ通算200得点!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年09月18日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第25節・ホーム仙台戦の結果

広島2-1仙台

広島得点

カズ、高萩

感想

 首位決戦は最高の結果に終わりました。首位奪還!天皇杯で格下に負けた屈辱を見事に晴らしましたね。

 前半はどちらのチームも中盤で激しいチェックの応酬で、個人的にはセリエAの試合を見ている感覚になりました。シュート数こそ多くなかったものの、緊張感のある良い内容だったと思います。広島の最大の好機は寿人が抜け出したシーンだったと思いますが、あそこは折り返しではなく、強引にでもシュートを狙って欲しかったですね~。まあ林が大きな体で仁王立ちしてコースを消していたので、ああいう選択をしたくなるのも十分にわかりますけど(^_^;)

 得点が動いたのは後半3分、カズのミドルシュートからでした。カズからすると、とりあえず勢いをつけるために撃っとけ!くらいの感覚だったのではと思います。しかし、撃ってみるものですよね。DFの足に当たってコースが変わり、ネットを揺らしたのですから!シュートが決まったあとのパフォーマンスは、西川のお子さん誕生を祝う揺りかごで鉄板かなと推測していました。でも、まさか西川をみんなで持って揺りかごをやるとは思いませんでした。一瞬、号泣するふりをした西川をカズがお姫様抱っこしてお持ち帰りする禁断のパフォーマンスをやるのかと邪推してしまい、ハラハラしたのは俺だけでいい。

 広島が先制した事により、仙台が前への圧力を強めてきます。サイドからシンプルにクロスをあげてくる攻撃は、クロスの対応に苦慮した過去を持つ広島にとっては脅威でした。でも、集中力を切らさず、90分間よく対応したと思います。1点はとられましたけど(^_^;)

 赤嶺に決められ同点にされた広島でしたが、そこから底力を見せます。石川のクロスに、最後は高萩。左右に揺さぶっての攻めだったので、さすがの仙台DFもついて行けませんでしたね。両サイドの清水と石川、よく頑張ったと思います。今日の勝利は2人にとって大きな自信になったと思います。そして、高萩。ここ最近の広島は完全に高萩のチームになっていますよね。それくらい存在感が際立っています。今日の得点を切っ掛けに、さらに得点への意欲を強めてくれたら…。本当に凄い選手になると思います。

 最後は耐えに耐えて逃げ切り、勝ち点3を手中にしました。サポーターと選手が供に戦って勝ち取った、素晴らしい勝利でした。お疲れ様でした!

 浦和もどこかで見た事のある2人の選手の得点によって、首位戦線にぴったりとついてきています。凄まじい混戦…。広島は次は名古屋との試合になります。どうやら永井が出場停止らしいので、これはありがたいですw一戦一戦、しっかりと戦っていきましょう!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年09月15日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

天皇杯2回戦 FC今治戦の結果

広島1-2FC今治

広島得点

 寿人

 まさか負けるとは思ってなかったです。ジャイアントキリングはたまにありますけど、それにしても…(^_^;)

 天皇杯はあっさりと終わってしまいましたが、それでシーズンが終わったわけではないです。リーグ戦はまだまだ続きますし、次節には超重要な仙台との決戦が待っています。首位決戦の前に、強烈なビンタを頬に見舞われた…いや、そんな生温いものじゃなく、これはヘヴィ級ボクサーの、フルスイングのブローですね。それを、思いきりみぞおちに叩き込まれたようなもの。目を覚ますには十分すぎる1発でしょう。仙台戦では、選手は120%の闘志と、「絶対に勝つ」という覚悟を、ピッチの上で見せてくれると思います。それ以外に、FC今治戦で味わった屈辱を削ぐ術はありませんからね。仙台戦、絶対勝つ!

 さて、明るくなる話題も入ってきています。

 なんと、西川にお子さん(女の子です)が誕生しました!わーめでたい(*^_^*)仙台戦ではゆりかごパフォ決定ですね。

 勝利で、お子さん誕生に花を添えてあげましょう♪


にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年09月09日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第24節・アウェー磐田戦の結果

磐田1-1広島

広島得点

寿人

感想

 アウェーで磐田相手に勝ち点1。決定機の数では磐田が勝っていたと思うので、悪くない結果と言えるでしょう。

 広島と磐田の得点はともにセットプレーからでした。コウジのコーナーキックから寿人が決めた広島と、駒野が直接フリーキックを決めた磐田。特に駒野のフリーキックは凄すぎた…。

 得点はセットプレーからしか生まれなかったものの、流れの中からの攻めは両クラブともに見応えがありました。両クラブともサイドから良い攻撃を仕掛けていたので、クロスが上がるたびに得点の匂いがしていましたね。
右サイドに入ったソッコも鋭い突破から可能性のあるボールを上げていました。ソッコは左サイドよりも右サイドの方がやりやすそうにしていましたね。体が大きいので、試合の頭からいると、セットプレーでも大きな武器になります。数試合はソッコに右サイドでチャンスを与えてあげても良い気がしました。なんだか、ドリブルを仕掛ける場面などではプレーに自信と充実感が感じられました。オリンピック効果でしょうか。あまり活躍するとソッコにソッコーで海外からオファーが来そうで、なんとも複雑ですが(^_^;)

 広島の試合を見ながら仙台の途中経過もチェックし、仙台が先制された事を知ったときには「よっしゃよっしゃ」とほくそ笑みましたが、結果は2-1と逆転勝利。首位の座を奪還されました。まあ、他クラブに期待しても、「他クラブに期待したボクがバカでした」となるだけでした。幸い、次は仙台と直接対決で、勝てば再び首位に立つ事が出来ます。2位転落後、自らの手で首位に立つチャンスがすぐに訪れるとは、日程君も味な事をしますね。

 仙台戦まで修正しなければいけない点があるとすれば、セットプレー時のマークについてですね。コーナーやフリーキックからドフリーでヘッドを打たれたシーンが2度ほどあったと記憶しています。セットプレーが強い仙台相手に、これは厳禁。あとは青山が間に合ってくれる事を祈りたいです。2週間あるので、大丈夫だとは思いますが。

 広島と仙台は好調同士の激突になり、好試合間違いなし。負い準備をして決戦に臨んで欲しいです。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年09月02日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。