スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第19節・アウェー鹿島戦の結果

鹿島2-2広島

広島得点

寿人、森脇

感想

 2度も追いつかれてのドローなので、もったいなかった試合という印象もありますが(特に最初の失点がミス絡みだったのでなおさら)、トータルで考えると「なんとか勝ち点1を拾って帰れた」という若干ポジティブ寄りのドロー決着だったと言えるのではないでしょうか。

 鹿島はナビスコの試合を戦ったばかりで、疲労度という点では広島に分がありました。ただ、広島も試合間隔が2週間空いてしまい、それまでの勢いがリセットされてしまった状態。復調状態の鹿島と腰を落ち着けた状態からゲームをスタートさせなければいけなかったのは痛かったですね。

 広島の先制点が入るまでは、どちらかと言えば鹿島のプラン通りに試合は進んでいた気がします。ショートカウンターからドリブルで切り裂き、シュートまで持って行く。そんなシーンを何度か作っていました。

 広島は前線でのコンビネーションがなかなか上手くいかず、我慢を強いられていましたが、一度のチャンスで得点まで漕ぎ着けます。高萩から石原へとボールを繋ぎ、最後は粘ってキープした石原の落としを寿人がゴール。寿人、相変わらずゴール量産体勢継続中です。

 先制できたので、あとはこのまま後半まで1-0でいければ前半はオーケー。だったのですが…。鹿島右サイドからのクロスを最後は大迫に決められ、1-1に追いつかれます。誰だよ、大迫を五輪に連れて行かなかったのは!

 同点に追いつかれたものの、リードを奪われたわけではない。ハーフタイムを終えた後にピッチに出て来た選手たちの表情に、同点に追いつかれたショックで気が動転している気配はありませんでした。

 ゲームが再び動いたのは後半に入ってすぐでした。コーナーキックから、森脇右足ズドン!カズへのお祝い揺りかごダンスも飛び出しました。セットプレーが大きな武器になっているここ数試合。凄く良い傾向です。高萩のキックの質は昨年あたりから比べるとレベルアップしている感じがしますね。あとは直接フリーキックも決まるようになってくれば完璧です。高萩ならできる!

 2-1とまたしても突き放された鹿島。ジョルジーニョ監督は攻撃のてこ入れに動きます。本山と、あともう一人誰か(誰かは忘れました)を投入。本山とはまた嫌らしい選手が入ってきたな~と思っていたら、さっそく本山効果で鹿島攻撃陣が活性化。細かいパスワークとダイナミックな動きだしで広島左サイドを攻略し、折り返されてきたボールを大迫がガツンと蹴り込んで、再び同点に追いつきます。関塚さん…(涙)。それにしても、このあきれるくらいのしぶとさ…。リーグ後半戦は鹿島が色々と面白くしてくれそうですね。

 2-2に追いついたとなれば、勢いは完全に鹿島に傾きます。あわや大迫にハットトリックを決められるピンチもありつつ、試合終了。大迫と水本の戦いは見応えがありましたね。最後は新戦力の辻尾の出番もありましたが、そもそもボールにさわる機会があまりありませんでした。本格的なお披露目は次節以降ですね。

 仙台も鳥栖と引き分けたので、首位は広島のまま変わりませんでした。首位争いは残留争いとはまた違ったスリルがあって大変に面白いです。次はホームで清水戦です。勝ち点3、絶対とりましょう!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2012年07月29日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

清水エスパルスより辻尾真二選手が期限付き移籍加入!

サンフレッチェ広島オフィシャルサイトにて、清水エスパルスより辻尾真二選手が期限付き移籍で広島に加入することが発表されました。

ポジションはDFで、移籍期間は2012年7月19日から2013年1月31日までです。

個人的なこれまでの辻尾選手の印象を書かせてもらうと…。


う~ん…。


え~と…。


そうですねぇ。


アレですね、アレ。


凄く良い選手だなぁと前から思ってました。

きっと広島の助けになってくれる事と確信しています。


辻尾選手が起用されるポジションは、右サイドのウイングバックかストッパーのどちらかでしょうね。

これで石川や森脇をケースによっては左サイドで使う選択肢もできたと思います。

これからのリーグ後半戦は、広島にとってひっっっっっじょーに大事な数ヶ月になります。

辻尾選手、よろしくお願いします!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年07月17日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2012J1第18節・ホーム川崎F戦の結果

広島3-0川崎F

広島得点

清水、寿人2

感想

 皆様どうも、ご機嫌麗しゅうございます。今日は何の日かご存じですか?そうです。サンフレッチェ広島が首位に立った日です!Jリーグはまだ折り返しに入ったところですが、現時点で広島の上にいるクラブはなくなりました。仙台と勝ち点差があっての首位ではありませんが、追われる身になったという事です。((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル。これからのリーグ戦がますます楽しみになりましたね。

 Jリーグ黎明期の広島を支えた森保と風間両氏が監督となって激突するレジェンド対決の第2ラウンド。お2人がボランチを組んでいた頃を思うと、まさか将来こういう構図の戦いが起こるなんて考えもしなかったですね。下半身丸出しでどや顔をしていたサンチェがパンツを履くのを覚えるほど長い年月を送ったJリーグ。そりゃ僕も年をとるわけ(ry

 試合はいきなり動きます。CK、高萩のフワリとしたボールを清水がボレーで合わせ、広島先制!前半2分の出来事です。あのボレーは元ストライカーだからこそ打てたシュートですね(例外・吉田麻耶)。

 先制点をとって勢いに乗った広島は、川崎Fのボール回しのミスをついて寿人が加点。2-0とします。GK西部がボールの処理をもたついたところを詰めたわけですが、一連の寿人の動きを見ていると、寿人は最初からこの展開を狙って動いていた事がわかります。西部がボールをトラップする瞬間に合わせてプレスに行くスピードをキュンと加速させているあたりはさすがのクレバーさ。し、痺れる(笑)

 2点差になってイケイケ状態の広島は石川のクロスを寿人が頭で合わせてさらに点差を広げます。これで3-0。この得点は右サイドを爆走する石川にパスが通るまでの組み立てが凄かった。石川にアシストという目に見える形での結果がついたのも嬉しいです。

 3点差のリードをもって後半に臨んだ広島は、ある程度川崎Fの攻撃を受けつつも無難に無失点で守りきり、試合終了とあいなりました。

 ピンチがなかったわけではありません。前半9分、川崎FのスルーパスでDFラインを破られ、西川が左手一本のスーパーセーブで守ったシーンがありました。あの時間帯で追いつかれていたら、試合はど派手な撃ち合い合戦へとなだれ込んでいた可能性が大きかったと思います。西川神様ありがとうございました。

 若手とベテランが噛み合っている最近の広島(清水と石川は若手と言うより中堅という感じがしないでもないですが、そこはオマケで若手で)。非常に良い流れができていますね。セナにリーグ戦の出場経験を積ませる事もできたし、ウイングバック育成計画は順調です。とにかくきついポジションなので、夏に備えて層を厚くしておくに越した事はありませんもんね。

 次節は28日、アウェー鹿島戦です。リーグ序盤は苦しんだ鹿島ですが、今は7勝7敗の五分まで戻してきており、だんだんと力を発揮してきている印象があります。油断ならない相手である事は間違いありません。しっかりと準備をして、また1試合1試合、地に足をつけて戦っていきましょう!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年07月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2012J1第17節・ホーム磐田戦の結果

広島2-0磐田

広島得点

2人の浩司

感想

 我慢を強いられた前半。溜まりに溜まったフラストレーションを後半に一気に解放しましたね。ミキッチ、青山が怪我で退いた影響もなんのその。ベンチメンバーの活躍で勝利をたぐり寄せたこの1勝は特別な価値があるように思います。

 中島の1点目は広島らしい連動性が生んだ得点でした。コロコロ~っと転がしたシュートは中島の飄々とした性格がよくあらわれていましたね。中盤の組み立てで、パスを出した後に足を止めずに前に前にと走った積極性は広島のサッカーに必要不可欠のもの。乙でした!

 森崎浩司(以下コウジ)の得点はとにかく美しかった!トラップから左足を振り抜くまでの一連の流れは無駄な要素が一切無く、完璧でした。力の抜け具合がよかったですね。精神的な余裕が出てきた証拠でしょう。いよいよ本調子になってきた感じがしますね。乙でした!

 守備も90分間集中力を切らさずよく頑張りました。特にカズの貢献度は絶大でしたね。前節・仙台戦にやってしまった痛恨のミスがいつも以上にカズを奮い立たせていたのでしょうか。カズ無双…。背番号8偉大すぎる…。そして西川!後半に見せた左手一本のスーパーセーブは圧巻でした。あのセービングの瞬間をパネルにして飾りたいと思った西川ファンも多かったことでしょう。いいのよ、飾っても。

 若手育成を掲げて戦っている広島ですが、今日の試合を見ると石川と清水に関しては完全に戦力になりましたね。自信を持ってやれています。これは本当に大きい。課題である層の厚さに改善の兆しが見えるのは嬉しいことです。

 首位・仙台は1-0でしぶとく神戸に勝ち、首位を堅持しました。さすがに簡単には落ちてきてくれませんね。しっかりストーキングしていきましょう!
 

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年07月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。