スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012J1第4節・アウェーFC東京戦の結果

FC東京0-1広島

広島得点

寿人

感想

 ~プロローグ~
 FC東京戦の前日23時30分、ブログ主は寝床に入った。そして暗い部屋の中、眠りに落ちるまでの一時の妄想を楽しむ。
 明日のFC東京のスタメンは戦前の予想通りに米本が入るのだろうか。それとも――?
 そんな事をつらつらと考えるブログ主の頭に、ふとFC東京の守護神・権田の顔が浮かんだ。
 その瞬間、ブログ主はある事実に思い当たり、「あっ!」と声をあげた。
 ――権田の名前で、「権田の団子」という回文が成立する!
 気が付いてしまった衝撃の事実に、ブログ主は思わず布団の中で震えたのだった…。



 さて、そんなこんなで、FC東京戦です。

 荒ぶる風と雨の下で好調・FC東京と激突した広島でしたが、寿人の1点を高い集中力で守りきり、勝利を手にしました。試合前はピッチコンディションを心配しましたが、幸いにも水たまりなどはできておらず、ボール自体は問題なく走りました。ただ、高く上がったボールはもろに風の影響を受け、落下地点の予測が難しかったです。権田がロングボールの目測を誤り、詰めてきていた大崎にボールを明け渡すシーンなどもありましたね。

 そういう難しい天候の中で行われた試合でしたが、ロングボールの蹴り合いにはならず(シュートが少なめで玄人好みの試合にはなりましたが)、両チームの気迫がぶつかり合う好試合となりました。個人的にはあっという間の90分でした。

 FC東京はゴルゴ梶山と長谷川アーリアジャスールがおらず、特に試合を作る役割を担うゴルゴ選手の不在は大きいのではと思っていましたが、カウンターの鋭さは健在で、両チームが繰り出す電光石火のカウンターは見応えがありました。

 試合開始から東京ペース、広島ペース、そしてまた東京ペースと、時間ごとに主導権が移り変わっていった印象があります。広島は試合序盤の東京ペースの時間を失点せすに耐えられた事で、みんな「今日もいける」と落ち着いた感じがありましたね。

 試合が動いたのは56分。キレキレのミキッチからヌレヌレのピッチをグラウンダーで横切るクロスが入り、フリーで待ち構えていた寿人が優しくソフトに押し込んで広島先制!今日のミキッチはまさに無双状態でした。落ちないスピードとスタミナは、FC東京の選手に「広島の右サイドは化け物か!?」と思わせるに十分だったと思います。これは松本フィジコの指導のタマモノなのでしょうか。だとしたら、夏場もスタミナが切れずに戦えるかもしれませんね…。ゴクリ。
 
 寿人の得点後、広島の選手の集中力は最高潮に達します。とにかく全員が一生懸命に走り、守備をし、体を投げ出します。これぞ熱き森保サッカー。まるで「カープは守れなくても、俺たちは守れる!」と訴えているかのようでした。シュートを撃たれても必死に足を伸ばしてブロックする姿は最高にカッコ良かったですね。この姿勢さえ忘れなければ必ず優勝争いができるでしょう。

 アウェーで勝ち点3を取れたのは大きいし、勝ち方も良かった。さらに勢いに乗っていけるはず。ポイチレッチェはまだまだ止まりませんよ!



 ~エピローグ~
 9人になった浦和が川崎の猛攻を最後まで凌ぎ切ったのを見届けたブログ主は、意気揚々と風呂に向かった。
 広島が勝ったあとは、何をするにも気分がいい。19時からの鳥栖の試合で、レンタル移籍中の岡本君の様子を見ることにしよう。
 そんな事を考えていたブログ主の脳裏に、再びFC東京の守護神・権田の顔が浮かんだ。
 ゴールになった寿人のシュートは、権田の脇すれすれをすり抜けていった。もしあれを止められていたら、試合の様相もまた変わっていたかもしれない。…こんな事を考えても、詮無きことではあるが。
 ため息をつきながら、湯船に体を沈める。
 その瞬間、ブログ主の頭に稲妻の如きひらめきが走った。
 ――権田の飼い犬の名前は、ゴンだ。
 思いついてしまった衝撃のダジャレに、思わずブログ主は自分で吹き出した。
 それと同時に、自分の感性が順調にオヤジ化しつつある事を意識せざるを得ず、ブログ主は湯船の中で膝を抱えて震えたのであった。
 


今回の感想記事はいつにも増して自分で書いて「なんじゃこりゃ」とビックリですよ。
なんか…すいません(苦笑)
クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

2012年03月31日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

セホーーンさぁぁぁぁん!!・゚。 ・゚・(つД`)・゚・; ・゚・

昨日、名古屋と新潟、G大阪と磐田の試合をテレビで見たんです。

その感想でも書いてみようかなと思ったら…、

セホーン監督が解任されてるじゃありませんか!Σ( ̄ロ ̄lll

えらいこっちゃ…。

なぜ、なぜ広島と当たるまで待ってくれなかったんだガンバフロントさん。

まあ求心力も無くなっていたでしょうし、解任は早い方が良かったとは思いますけどね。

また、呂比須コーチも同時に解任されています。

と言うか、なんで西野さんの後任選定の時期から呂比須さんにそんなにこだわっていたのか…?

謎は深まるばかりですが、そこまで興味もないので、特に突っこまずに蓋をしようと思います。

後任は松波さん。

G大阪がどうなるか見守りたいですね。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年03月26日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

2012J1第3節・ホーム鹿島戦の結果

広島2-0鹿島

広島得点

寿人、大崎きゅん

感想

 仕事帰り、録画しておいた鹿島戦をカクテルでも嗜みながらほろ酔い気分で観戦しようと、スーパーでカクテルを買って帰りました。家に帰ってからよく缶を見たら、ノンアルコールカクテルでした…。酔えねーw

 そんなワケで、今日の鹿島戦です。鹿島は年齢を重ね選手時代からさらに渋みを増したジョルジーニョ氏が新たに監督に就任したものの、リーグ戦はスタートから2連敗。火曜日のナビスコでは勝利したものの、広島と比べ日程的には不利な状況になっていました。

 対する広島は前節で清水に負けてしまいましたが、大崎、野津田などの若手の躍動が救いになり、雰囲気的にはそこまで暗くなっていません。石原の怪我の回復が思わしくない事もあり、今週は大崎と野津田による仁義なきスタメン争いが注目を集めていました。結果的にスタメン争いを制し、先発をゲッチュしたのは大崎。森保監督のこの判断が光る事になります。

 試合序盤、主導権を握ったのは鹿島。落ち着いたボール回しから広島陣内でボールをまわしていきます。が、そこまで攻撃に脅威は感じられませんでした。広島が集中して守っていたのもありますが、大迫がサイドに開き気味になってボールを受けていたのが一因でしょうか。ジュニーニョは怖さはあったものの、川崎時代ほどではありませんでした。まだチームに馴染んでいないのでしょうか。角の抜けた鹿のように大人しかったです。

 試合が進むにつれ、だんだんと広島がリズムを掴んでいきます。その要因は素早いプレス。前線から労を惜しまぬ積極的な寄せで、パスコースを限定。こぼれ球を拾い、攻撃に出ます。

 先制点はセットプレーからでした。前半25分、CKから森脇のシュートに、オフサイドギリギリの位置にいた寿人が反応し、ゴール左隅に流し込みます。これには見切りに定評のある曽ヶ端もどうしようもありませんでした。清水戦に引き続き、セットプレーからの得点。セットプレーから点を取れるようになったのは大きいですね。

 後半に入って早々、鹿島に可哀想な判定が降りかかります。55分、抜け出した大崎を後ろから新井場が引っかけ、まさかの1発レッド。正直、イエローが妥当だと思いましたが、判定は覆りませんからね…。

 広島は過去10人になった相手に苦戦する場合も多かったですが、今日は違いました。泥臭くボールホルダーに向かってゆく守備は誰一人サボることなく、高い集中力を持続し、どこの軍隊だと思うほどに規律がとれていました。これは追加点さえとれれば勝てる…!試合を見ていて、そう確信しました。

 待望の追加点が入ったのは71分。青山からの縦パスから大崎!もう一度念のため、大崎!右足を振り抜いた一撃は曽ヶ端がさわった右手をものともせず、ゴールネットを揺らしました。

 2-0となってからはファン・ソッコや野津田を投入するなど堅実に時間を使っていき、試合終了。ホームで勝ち点3を獲得しました。特に右ストッパーに入ったソッコはハイパフォーマンスを披露し、スタジアムを沸かせました。大崎、野津田、ソッコ…。去年は石川以外もう終わったかと思われた広島の若手たちですが、今年は雨後の筍のように若手が出てきてくれますね。

 アルコールには酔えなかったけれども、そのかわりに素晴らしい勝利に酔えて、嬉しい土曜の夜となりました。ノンアルコールカクテルもたまには悪くないですね♪


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年03月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2012J1第2節・アウェー清水戦の結果

清水2-1広島

広島得点

千葉

感想

 惜しい!悔しい!あとちょっとだったのに!…そんな想いに囚われてなりません。せめて同点にはもっていきたかったです。はぐれメタルのHPを数ターンかけてあと1というところまで削ったのに、攻撃がミスしまくったあげくにまんまと逃げられてしまったような、そんな試合でした。

 試合の入り方は清水に自由にさせてもらえず、窮屈なものに。名古屋戦で感じた通り、清水のプレスは早く、後手を踏まされてしまいました。そこで流れがよくなるまで我慢できれば良かったのですが、ミス絡みからあっさりと失点してしまいます。この失点で広島の目が覚め、これ以降はずっと広島のターンになりますが、同点に追いつけないまま前半が終了します。今思うと、前半に追いつけなかったこと、これが今日の敗因ですね。

 前半早々に腰を痛めた石原にかわって投入されていた大崎。小気味よいドリブルと相手を引きつけてからのパスでチームに貢献してくれましたが、後半途中でベンチに下がりました。大崎にかわって出場したのは、ユースの野津田!実況の西岡さんも野津田が準備していると知ったときは声のトーンが跳ね上がっていたような…。その野津田ですが、強心臓ぶりを発揮して堂々としたプレーを見せてくれました。特にFKはあと少しでゴールになりましたね!スリッピーなピッチと天候を考慮し、ゴール前でバウンドするボールを入れたクレバーさには舌を巻きました。練習中だという寿人のFKとどっちが上だったんでしょうね。

 後半途中にカウンターから2点目を失っていたポイチレッチェは、試合終了間際にCKから千葉が決めて1点をかえしますが、反撃はここまで。日本平の呪縛に再び捕らわれてしまいました。清水の攻撃は両ウイングが脅威でした。大前などはまるで耳に羽が生えた兎のように素早い身のこなしをしていましたね。

 負けはしたものの、解消すべき問題点もあぶり出せましたし、収穫がなかったわけではありません。まずは相手ゴール前ではもっとシュートを撃つこと。まるで相手ゴール中に爆弾岩がいてその自爆を恐れているかのようにシュートを撃たない。そんなんじゃダメだよ!もっと撃てよ!(by修造)相手ゴール前でパスを回しすぎる悪癖は時々顔を出しますが、いい加減に克服して欲しいです。次に野津田がJの舞台でも十分にやれることがわかったのも収穫でした。ジョーカー役でもスタメンでも、どちらで使っても面白いと思います。途中で下げられた大崎も逆襲を期していることでしょう。次の相手である鹿島は本調子でありませんし、勝つチャンスは大であります。第3節にして、早くも気張りどころがきましたよ!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

 

2012年03月17日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:5

清水戦プレビュー

 広島は次節、清水エスパルスとアウェーで激突します。アウェーの清水と言えば天敵中の天敵。日本平と聞くだけでも軽い目眩と動悸が起きそうになり、横になって安静になりたい気分になる、そんなデイズ。昨年は勝てたとは言え、個人的にはまだまだ苦手意識があることは否定できません。

 そこで清水の事をもっと知ろうと思い、開幕戦の名古屋と清水の試合をテレビで見てみました。ですがここで思わぬ誤算が…。ハーフタイム中に暇つぶしにYouTubeで動画でも見ようと思い立ったところ、矢沢永吉さんと安全地帯のライブ映像をいくつかハシゴしてしまい、気が付いたら後半終了間際になっていました。てへぺろ(・ω<)

 そんなわけで不本意ながらじっくり観戦できたのは前半のみになってしまいましたが、清水の寄せの速さ、大前のドリブル、河井の審判に見透かされてイエローになってしまったダイビングなどは強く印象に残りました。河井のダイビングはともかくとして、寄せの速さと大前のドリブルは注意したいところです。

 対する広島はメンバー的には浦和戦と大きく変わる事はないと思いますし、まずは浦和戦で見せたサッカーをそのまま継続する事ですね。清水GK林の飛び出しはキレがありましたが、寿人と石原のコンビなら打ち破れるはず。アウェー清水戦なので勝ち点1とれれば及第点と思いますが、開幕2連勝なんてできたら最高ですね♪

 あとちょっと安全地帯のCD借りてきますw火サスの主題歌だった「出逢い」って名曲ですよねぇ…。そう言えば玉置浩二さんのシングル、学生の頃2枚買った事ありました。たしか「田園」と「MR.LONELY」。探せばまだ録音したMD出てくるかな…。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2012年03月15日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2012J1第1節・ホーム浦和戦の結果

広島1-0浦和

広島得点

寿人

感想

 森保監督の初陣は、エース佐藤寿人の一撃によって見事に勝利で飾られました。

 今日の広島のスタメンには2名の新加入選手の名前がありました。リベロの千葉と、シャドーの石原です。その2人の新加入選手たちの貢献度はどうだったかと言いますと…。
 まずは千葉。いや~、素晴らしかったです!千葉はもしかしたら広島でリベロをやるために生まれてきたのでは…と訝しみたくなるくらいにフィットしていましたね。効果的な縦パスを出す事が出来ていたし、守備も無失点で乗り切りました。森保監督が獲得したがったのも頷ける貢献度でした。
 次に石原。1トップの寿人とタイプが被るのではないかと心配していましたが、なかなかどうして。しっかりと存在感を出してくれていました。決勝点にも絡みましたし。能力の高さを感じさせてくれましたね!

 決勝点は右サイドのミキッチのクロスにニアサイドで石原が潰れ、抜けてきたボールを寿人が押し込んだ形でした。寿人には試合開始序盤に細かいパス回しから決定機が訪れましたが、シュートをGKに当ててしまい、ものに出来ませんでした。それでも気落ちせず、最後には決勝点を奪ってしまう…。まことに恐ろしいお人であります。石原と寿人のコンビはチョコチョコしていて相手にしたら厄介そうですよね(笑)。高さには欠けますが、面白い組み合わせでした。

 去年の広島の攻撃は右サイドのミキッチに偏り気味でしたが、今年は左サイドの山岸もかなり調子が良さそうで、期待できそうです。ドリブルで勝負に行く姿勢が去年とは全然違いましたね。体をしぼった効果が出ていると感じました。

 絶対に負けられない戦いがそこにはある――。そんなキャッチコピーが思い起こされた今日の浦和戦。いままではこのキャッチコピーを見るたびに心の中で失笑していましたが、今日はマジで負けられませんでした。負けてたら「広島のミシャとの5年半<ミシャの浦和数ヶ月」が確定して、アイデンティティが崩壊しかねないところでしたよ。良かった良かった。

 今年の広島は評論家や解説者の先生方の評価が芳しくなく、開幕前の順位予想では軒並み下位予想の憂き目にあっていました。個人的になんでこんなに低評価なのか不思議でなりませんし、憤慨もしておりましたが、今日の勝利で少しは溜飲が下がった気がします。

 それにしても、開幕戦を勝利で飾れた喜びは特別なものがありますね。録画した試合をチューハイでも飲みながらもう1回見直してみようかなと思います。いや、1回と言わず、何回でも!



 クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2012年03月10日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

サンフ2012試合日程・レビュー

Jリーグ

第1節  広島1-0浦和 勝利♪
第2節  清水2-1広島 負け…。
第3節  広島2-0鹿島 勝利♪
第4節  FC東京0-1広島 連勝♪
第5節  広島4-1G大阪 3連勝♪
第6節  鳥栖1-0広島 負け…。
第7節  広島1-1名古屋 ドロー…。
第8節  川崎F1-4広島 勝利♪
第9節  広島0-1新潟 負け…。
第10節 柏2-5広島 勝利♪
第11節 広島1-3横浜FM 負け…。
第12節 広島3-2神戸 勝利♪
第13節 広島3-1札幌 連勝♪
第14節 C大阪1-4広島 3連勝♪
第15節 広島0-0大宮 ドロー。
第16節 仙台2-2広島 ドロー。
第17節 広島2-0磐田 勝利♪
第18節 広島3-0川崎F 連勝♪
第19節 鹿島2-2広島 ドロー。
第20節 広島1-2清水 負け…。
第21節 大宮1-2広島 勝利♪
第22節 新潟0-2広島 連勝♪
第23節 広島0-1FC東京 負け…。
第24節 磐田1-1広島 ドロー。
第25節 広島2-1仙台 勝利♪
第26節 名古屋1-2広島 連勝♪
第27節 広島4-1鳥栖 3連勝♪
第28節 横浜FM0-0広島 ドロー…。
第29節 広島1-2柏 負け…。
第30節・G大阪1-1広島 ドロー…。
第31節 広島3-0札幌 勝利♪
第32節 浦和2-0広島 負け…。
第33節 広島4-1C大阪 優勝!!
第34節 神戸0-1広島 連勝でフィニッシュ♪

FIFAクラブワールドカップ

開幕戦 広島1-0オークランド・シティ 勝利♪
準々決勝 広島1-2アルアハリ 負け…。
5位決定戦 広島3-2蔚山現代勝利♪

ナビスコ

グループステージ第2節 広島1-1川崎F ドロー。
グループステージ第3節 磐田1-0広島 負け…。
グループステージ第4節 C大阪1-0広島 負け…。
グループステージ第5節 広島1-3仙台 負け…。
グループステージ第6節 広島5-1鳥栖 勝利♪
グループステージ第7節 浦和3-0広島 負け…。

天皇杯

2回戦 広島1-2FC今治 負け…。

2012年03月10日 サンフ2012試合レビュー トラックバック:0 コメント:0

ヒャッハー!J1もついに明日開幕だー!

明日、ついに2012年のJ1が開幕ですね。
第1節のカードで一番の注目は何と言っても広島vs浦和。
仕事でリアルタイム観戦ができそうにないのが無念です。
スタートしたばかりのミシャ浦和に負けるわけにはいきませんよね。
必勝あるのみ!

他にも柏と横浜、仙台と鹿島など面白そうなカードが目白押しです。
昇格組の試合もチェックしたいところ。
時間がいくらあっても足りない…!

いやぁ、小学校の遠足の前日以上のワクワク感を味わっております。
ソワソワしますね!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年03月09日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

サンフ歴代助っ人列伝9 ムジリ

ムジリ(グルジア)

2011年在籍


 サッカーセンスとテクニックに秀でたMF。決定力の高さも合わせ持っていました。
 しかし、残念ながら運動量に難があり、守備にしわ寄せが来てしまう事も。

 彼のパスの美しさは特筆物で、最初に見た時は度肝をぬかれました。
 ただ残念ながら、シーズンが進むにつれて、パスが適当になっていったような気もします。
 きっと前の試合の疲れがなかなか抜けなかったんでしょうね。
 とは言え、僕はムジリのパスに受けた感銘は一生忘れないでしょう。

 余談ですが、PS3のサッカーゲームで「ワールドサッカーウイニングイレブン2012」のダウンロードコンテンツ「Jリーグパック」が発売になりました。
 選手データは2011年のものなので、当然広島にはムジリ先生のお名前もあります。
 試合中は現実では考えられないほどにムジリも頑張って守備に参加してくれるので、その姿を見るたびに不覚ながら笑ってしまいます。
 毎試合ムジリをスタメンで使う自分に、「ああ、俺ムジリ好きだな~」と再確認した次第であります。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2012年03月08日 サンフ歴代助っ人列伝 トラックバック:0 コメント:0

順位予想してみました。

2012年のJ1の順位予想をしてみました。

1位 広島  ぜひこうなって。
2位 名古屋 ピクシー好きなんです。
3位 G大阪  今野ちゃん!
4位 柏   ロボ!
5位 鹿島  ジュニーニョがどこまでやれるか。
6位 横浜M  狩野の出番増えろ~。 
7位 仙台  リャン今年も頑張って!
8位 川崎  外国籍選手、大胆に変わりましたね。
9位 清水  リュングベリィィ(泣)
10位 磐田  前田が健在なのは大きいですよね。
11位 C大阪 柿谷覚醒するかな。
12位 浦和  ミシャの初年度はこんくらいで。
13位 神戸  大型補強しても神戸にはこの辺にいて欲しい。なんか…安心する。
14位 FC東京 どうしても梶山の眉毛ばかりに目がいってしまいます。
15位 大宮  まあ15位かな。
16位 新潟  矢野が帰ってきた!
17位 鳥栖  岡本頑張れ!
18位 札幌  前俊が覚醒すれば優勝もあり得る。最大のダークホース。


こんなんなりました(^_^;)

1位は広島。
何度考えても34勝0分0敗以外の答えにたどり着きませんでしたw
そんな楽天的予想ですw



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年03月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

年代別代表に広島ユースから3選手。

千葉で3月11日から14日に行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプに野津田君、「2012サニックス杯国際ユースサッカー大会」に臨むU-17日本代表に川辺君、越智君がそれぞれ選ばれました。

ちなみに野津田君が存在感をものすご~く発揮したらしい3月3日に行われたJリーグ選抜と高校選抜の試合「ネクストジェネレーションマッチ2012」ですが、3月13日に日テレG+で録画放送があります。
まだ見てねぇぇぇよチクショォォォ!と言う方はこの機会にぜひどうぞ。
僕も見ます♪



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2012年03月05日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

ヒャッハー!J2開幕だー!

ついにJ2開幕しましたね。

第1節で一番注目していたカードは岡山と富山の一戦。

岡山には中林、服部、田、中野、チアゴが所属していてサンフレ係数がかなり高め。

服部がクロスを上げる場面などは思わず身を乗り出してテレビを見ていましたw

試合は1-1のドローに終わりましたが、上記に挙げたメンバーが全員出場してくれて凄く楽しめました。

愛媛のトミッチ、内田なども頑張っていましたね。

あああ来週のJ1開幕が本当に待ち遠しくなってきました!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2012年03月04日 雑記 トラックバック:0 コメント:4

高柳が手術。

コンサドーレ札幌に移籍した高柳が3月1日に札幌市内の病院で手術を受けたそうです。

右膝前十字靭帯部分断裂で、全治は9ヶ月。

移籍したばかりの時期に、全治にこれだけの期間がかかる手術を決断するのは、凄い覚悟が必要だったと思います。

1日も早くピッチに立てるように祈っています。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2012年03月02日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。