スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

世の中では。

いつのまにか世の中ではナビスコカップ決勝が行われていたようですね。

テレビで見たかったけど、見られませんでした…。

一応、途中経過はこまめにチェックしていたんですけど。

それにしても、鹿島の柴崎君はどはいきなりナビスコ決勝なんていう大舞台を経験できて、さらに優勝まで手に出来ちゃったわけですよね…。

この経験は大きすぎます。

常勝軍団の血はこうやって代々受け継がれてゆくのかと感じ入った次第でございます。



そんな10月最後の更新でした。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


スポンサーサイト

2011年10月31日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

2011J1第30節・ホーム柏戦の結果

広島1-3柏

広島得点

チュンソン

感想

 1-3。まるでアウェーで喫した柏戦の敗戦をそのまま再現したかのようなスコアの推移になってしまいました。
 
 前半はどちらも腹の探り合いに終始し、点は動かず。開始早々に中島がボールをかっさらわれて大ピンチを迎えましたが、柏の決定機といえばそのくらいだったような…。対する広島の決定機もコウジのFKくらいだったですかね。柏にははっきりと首位にたっているが故の緊張が見て取れ、動きがぎこちなかったです。そこにつけ込めれば良かったんですけど。

 後半に入ると、広島がチュンソンの見事なミドルシュートで先制します。柏の動きのぎこちなさからして、「これはもらった!」と思ったんですけど、カズが足を痛めてしまい、横竹と交代します。そのとき、「これはもらった!」という気持が急激にしぼんでいきました(笑)。実際、横竹のプレーはパッとしませんでしたしね…。そこからネルシーニョ采配がズバリと当たり、途中出場させた北島の2得点の大当たりもあって、柏が3-1と大逆転。首位の底力、恐るべしです。

 今日のゲームで途中出場した横竹の出来が、とにかく悪かったですね…。それまでこのゲームに乗れていない選手としては高萩が目立っていたんですけど、高萩の調子の悪さを忘れさせてしまうほどの不出来でした。カズの負傷によりはからずも巡ってきた千載一遇のアピールのチャンスで何もできなかったのは、もったいなさ過ぎます。サッカーキングの記事に森山監督から横竹へのメッセージがあったんですけど、その中で「体重を5、6キロ落として走り回っている姿が見たい」という一文がありました。今日の試合での姿を見て「その通り」だと思いました(苦笑)もっと動きにキレがないと駄目ですね…。まあ減量の必要性は僕も大いにあるので、減量云々はなかなか言いづらいところではあるんですけど(笑)

 感想記事の大半が横竹関連の事になってしまいましたが、もっともっと若手、中堅選手の突き上げが無いと上位争いは無理だと痛感しました。ミシャが監督就任当時青山や柏木を抜擢したのはチームに変化を与えるために意図的にそうした面があったと思うんですけど、その再現がいま必要だと思います…。

 残り試合は残り少ないですが、来期に向けて明るい上積みが欲しいです。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2011年10月22日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2011J1第29節・アウェー横浜FM戦の結果

横浜FM1-1広島

広島得点

ムジリ

感想

 アウェーでマリノス相手に勝ち点1をとって帰れるのは悪くない結果なんですけど、どうしても「もったいなかった」という思いが拭いきれません。

 前半はミキッチが押さえられてしまい、広島の最大の武器である「レッツゴーミキッチ」が使えませんでした。ならばマリノスの得点シーンのように中と外でパスを交換し、DFを揺さぶって、ミキッチの個人技が活きるだけのスペースを作ってあげられれば良かったんですけどね…。

 代表帰りのチュンソンはお疲れ気味のようで消え気味でしが、そのかわり相棒の高萩はかなりの高パフォーマンス。しかし、決定機を作り出すところまではいかなかったのが残念でした。

 今日の収穫としては、まずは途中出場の石川がなかなかのプレーを披露し、チームに活力を与えてくれた事。最後の最後で思いきりに欠けてしまった印象もありましたが、エクスプレスの名に恥じない快足ぶりでした。あとは同じく途中出場のトミッチですね。次はもっと長い時間見てみたいです。

 そして今日のMOMを差し上げたいのは、決勝ゴールを決めたムジリ。信頼と実績のムジリ砲です。あの決定力は素晴らしいです。足首が痛いっぽいですけど、スーパーサブとして、短時間でも良いので働いて欲しいです。サッカー版「8時半の男」になって下さいまし。

 順位的にいよいよ宙ぶらりんになってきた広島とは対照的に、降格争いはし烈を極めているようです。甲府が勝ち、浦和が負けた事により、ついに浦和が降格圏に落ちてしまった模様です。あちらのペトロヴィッチ監督は今季限りでの辞意表明もされたようです。か、柏木さん…(´;ω;`)なんだか降格争いが熱すぎて、このままだと残り試合が無くなっていくに従って広島に対する集中力が無くなっていきそうで怖いです(笑)



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年10月15日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

8-0

なんて景気の良いスコアなんでしょうか。

8-0!

駒野の代表初ゴールも嬉しいですね(*^_^*)

チュンソンも点が取れてたら最高だったんですけど。

今日の川島さんは暇だったでしょうね…。


この大勝で長谷部と長友の著書の緊急大重版来るで!



心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る


日本男児日本男児
(2011/05/25)
長友佑都

商品詳細を見る


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2011年10月11日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

天皇杯2回戦・金澤戦

広島4-2金澤

広島得点

寿人2、横竹、水本

 昨日、仕事の合間に携帯サイトで試合の途中経過をチェックしていたんですが、前半途中に1-2と逆転されているのを見た時は、思わず目を疑いましたよ(苦笑)いやぁ、勝てて良かったです…(^_^;)スターティングメンバーのメールが来た時に、「あれ?スタメンに大崎の名前が無い!」と一度ビックリさせられてはいたんですが、まさかこれ以上のサプライズがのちのち待っていようとは夢にも思っていませんでした。

 試合の詳しいところはわかりませんが、失点はどちらもミドルからのようですね。寄せの甘さが出てしまったのでしょうか。あやうくジャイアントキリングされるところでしたね…。中林がPKを止めてもいるようなので、金澤にも勝機はかなりあったのでしょう。でも、下のカテゴリのクラブが上のカテゴリのクラブを追い詰めこそすれども最後には突き放されてしまうという試合は、カップ戦ではよくあること。やはり地力という点で広島と金沢には差があったのでしょうね。

 得点者の欄に横竹の名前があるのは嬉しいことですね。横竹は攻めへの貢献度はあまり高くなかったので(守りに対する貢献度も特別高くないと思います!というツッコミは無しでお願いします)、これを機にもっと積極的に攻撃に参加してくれるようになればと思います。

 3回戦・次の対戦相手は愛媛。高萩と森脇が燃える予感!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年10月09日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

G大阪-浦和。

G大阪と浦和の試合を観ました。

結果は、1-0でG大阪の勝利。

G大阪がどうこうよりも、とにかく浦和に元気が無かったです。

草津からG大阪が獲得したFWのラフィーニャはスピードがあって良い選手でした。ただ、今日の試合では決定機で外しまくっていましたが(^_^;)守備もあまりサボらずにやるし、僕は凄く好印象を持ちましたよ。この調子だと、来年の夏頃には中東に高値で売(ry

浦和は後半途中に梅崎が入ったあたりから反撃開始しましたが、最後までどこかチグハグなままでしたね。柏木も効果的な仕事ができず…。マルシオもどこか萎縮しているようなプレーに終始していましたし、これは浦和サポさんは眠れぬ日々が続いてしまうかも。梅崎にはキレが戻っている感じがしたので、彼と原口の2人で攻撃陣を引っ張っていけるかどうか、ですかね。

G大阪、強かったです。無理をせずに、余力を残したまま勝ちまで持って行ってしまいました。J1通算300勝おめでとうございます。

あと、ゲットゴール福田さんの解説が、思いのほか一度の話しが長くてビックリしてしまいました…(^_^;)あんなに喋る人だったのか!



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年10月02日 雑記 トラックバック:0 コメント:6

2011J1第28節・ホーム神戸戦の結果

広島1-0神戸

広島得点

中島

感想

 前節、最下位・福岡に完敗を喫した広島。このままじゃ終われん!という反骨精神を見せるべく臨んだ今日の神戸戦で、見事に勝利をつかみ取りました。

 前半にペースを掴んだのは神戸。広島は中盤でパスミスが多く、神戸の得意とするショートカウンターにさらされます。最近では広島の攻撃の全てを担っていると言っても過言ではないミキッチも、神戸の相馬を中心としたディフェンスに封殺され気味で自由にさせてもらえません。結果、広島の攻め手はロングボール中心になっていき、神戸が守備に力点を置いていることもあって、試合内容はだんだんと“堅く”なっていきます。両チームとも決定機をむかえるシーンがあまりなく、昔スカパーで観たアーセナルとどこかの試合で、あまりの凡戦具合にアーセナルサポのおじいさんが観客席でうたた寝をしていたシーンを思い出してしまいましたw

 しかし!後半に入ると両チームがテンポアップし、グッと盛り上がりはじめます。ミキッチの突破も実を結びはじめ、左サイドからのクロスも上がりはじめます。しかし、点が入りません。神戸の攻撃は大久保とポポの2人頼みの感がありましたが、それでもシュートまで持って行くのはさすがでした。

 試合が動いたのは残り時間があとわずかとなった時でした。コーナーキックから、最後は中島!「流れのなかからとれなくてもいい セットプレーからとれれば おんなじ1点だもの みつを」…そんな思いを新たにする、劇的な得点でございました。

 試合には勝ったものの、前半途中で森脇が怪我のため(同じ箇所をまた痛めた模様です)途中交代し、ミキッチも足をつったため、途中で退いています。選手全員、満身創痍の状態。次は天皇杯。なんとか状態の悪い選手を休ませつつ、勝利をつかみたいところです。ツエーゲン金澤には久保を筆頭に楽しみな選手が多数おり、お客さんもけっこう入りそうですよね。マリノス戦へ向けて弾みのつくゲームが見たいです♪


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2011年10月01日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。