スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2011J1第24節・ホーム新潟戦の結果

広島1-0新潟

広島得点

世界一サッカーの上手いおっさん様

感想

 チャンスは作るものの一向に得点が入らず、もがき苦しんでいる広島。その兆候はこの試合でも前半開始早々から現れます。コーナーキックからのカウンターからチュンソンがシュート→クロスバー直撃。細かい繋ぎからコウジが右足でシュート→わずかに枠を逸れる等々…。こんな感じで得点力欠乏症に落ち入った期間があったのは、J2を戦ったときの小野監督時代以来ですかねぇ。まあ、あの時はシュート自体が少なかったですが、今はシュートは撃ってますからね…。

 今日もそういうワケで得点が入らないまま後半途中までゲームが進みます。スコアは0-0。ミシャは現状を打破するためにムジリを投入し、勝負に出ます。このムジリという選手、最近はボールを持ちすぎたり味方と呼吸が合わなかったりしてチャンスを潰してしまう場面が散見していたのですが、決定力は折り紙付き。今日は優秀な狩人のように、ワンチャンスで大きな仕事をやってのけました。

 新潟のGKは西川の日本代表でのライバルでもある東口。僕はこの東口はJのなかでもかなり好きなGKの一人で、今日のミキッチのシュート性のクロスや中島のループをはじき出した場面では、悔しいけれど「うわーかっけ~」とちょっと嬉しい、そんな複雑な心境に落ち入っていました(^^;)ちなみに大宮の江角も好きなGKです。

 そんな東口の守るゴールをこじ開けた、ムジリの鬼キープからの弾丸シュート。まさにゴラッソとしか言いようがない、素晴らしいゴールでした。試合終了後にチームメートと勝利の喜びを分かち合うムジリの表情は、本当に人の良いおっさんそのものでしたね(笑)

 次の試合は9月10日。少しですが間隔が開きます。まずはしっかりと体を休めてほしいです。9月になれば季候もサッカーをするのに優しいものになります。運動量が重要な広島のサッカーを存分に展開できるようになるので、ここから大反撃といきたいですね。 


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2011年08月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2011J1第23節・アウェー浦和戦の結果

浦和1-1広島

広島得点

チュンソン

感想

 いい試合でした。ボールのつなぎもスムーズで、広島のサッカーをかなり表現できていたと思います。
それだけに…アウェーといえども、勝ちたかったです。

 前半は両者互角の展開。広島は深い位置からのスローインから中島のシュート、浦和は田中達也のダイレクトボレーなど、互いに決定機を作ります。もっとも、前半の浦和の決定機はこれくらいで、攻めの迫力自体はそんなに感じませんでした。
しかし、先制点は浦和に入ります。デスポトビッチのボールキープから原口に繋がり、振りの早い見事なシュートを決めてきます。前節・鹿島戦の野沢のゴールのような形でしたね。

 先制点を許した広島ですが、すぐさま反撃。
後半から出場していたチュンソンがミキッチの左足クロスをヘッドであわせ、同点に追いつきます。
最近のゴールからの嫌われ具合からすると拍子抜けするほどあっさり決まったゴールで、なんだか決まった瞬間は「え?」っていう感じでした。
 そしてチュンソンのゴール直後に、広島はまたも決定機をむかえます。左サイドから猛然と浦和ゴール前まで突進してきた山岸に絶好のパスが通りますが、山岸のシュートは浦和GK加藤が好セーブ。
後半終了間際には再びチュンソンのきわどいシュートを加藤に止められていますし、加藤にしてみればチュンソンのゴールは「ちょっとだけよ」的なサービスだったのかもしれません。

 広のサッカーが、だんだんやれてきています。
今はんぼの稲刈りが目の前の時期で、涼しい季節の到来です。
もう士肌着も安物でOK!となる時が来れば、もう本物の秋。
歳末け合い運動的な精神を忘れなければ、
糸をくように走り続けられるようになります。
世の退屈な守り重視のサッカーを粉砕する、熱い反撃の秋をむかえたいですね。

 前節、前々節と無得点での敗戦が続いておりました。しばらく前から間食をやめようと決意を固めている僕も、さすがにここ2試合は試合後に強いストレスにさらされ、じゃがりこをむさぼり食って気を紛らわせなければいけない状態におちいっていました。そのじゃがりこむさぼり食いたい症候群が今日の試合後は発症しておらず、僕のメタボ具合は今のところ小康状態を保てています。次節はホームでの試合。しっかり勝ってもらって、歓喜のじゃがりこ一気食いを僕にさせてくれる事を、期待しています!


 
 

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2011年08月24日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2011J1第22節・アウェー鹿島戦の結果

鹿島2-0広島

広島得点

感想

 3連戦の初戦は完敗スタートとなってしまいました。

 試合前のコメントでは「まだ水本は使わない」的なニュアンスのコメントを出していたミシャでしたが、どうやらそれは生き馬の目を抜く現代サッカー界を戦っていく上での高度な情報戦の一端だったらしく、ちゃっかり今日の試合では水本は先発でした。ヘッドギアをつけてプレーする選手を見るのは、チェルシーのチェフ以来2人目、フィールドプレーヤーでは初でした。ヘッドの競り合いも問題なかったですし、これからどんどん調子を取り戻してくれるのではないでしょうか。楽しみです。

 さてさて、水本が公式戦復帰を遂げたその裏でチュンソンが発熱してしまい、今日の試合ではベンチにも入っていない状況で、シャドーはコウジと高萩が勤めました。コンビネーションではあうんの呼吸と言ってもよい2人。しかし、惜しむらくは2人がバリバリの点取り屋タイプでは無かった事でしょうか。前半開始早々、コーナーキックから高萩が決定的なシュート。しかし枠に行きません。続いて完全に抜け出したコウジにも決定機が訪れますが、曽ヶ端に止められます。チャンスで点を取れないと流れが相手に傾くのはサッカーではよくある事ですが、ご安心下さい。鹿島も決定機で外す事にかけては広島級のクオリティでした。どちらも仲良く無得点で、前半修了。広島は後半開始時点でカズを引っ込め、盛田を投入します。怪我か何かでしょうか。森脇がリベロに入る布陣になりました。

 鹿島の武器はな~に?と先生が生徒に聞けば、ほとんど全ての生徒が「セットプレーです!」と答えるでしょう。これは鹿島が黒崎と長谷川の2トップだったころからの伝統。もはや重要無形文化財に指定されるのも時間の問題ではないかと、ちまたではそんな噂が囁かれているようです。「流れのなかから点がとれないなら、セットプレーでとればいいじゃない」とどこかのお姫様も言ったとか言わないとか。そんなわけでして、後半20分にセットプレーからドフリーの岩政がド迫力のヘッドを決めて鹿島先制。なにか様式美すら感じさせるゴールでありました。

 先制すると鹿島は盤石の逃げ切り体勢へと移行します。広島は主にキレキレのミキッチ単独突破戦法で点をとりに行きますが、ゴールはなかなか奪えず。決定的なチャンスはいくつか作れたんですけどね…。岩政、MITSUO、中田といったベテラン重鎮たちが、ゴールにしっかり鍵をかけてきました。逆に大迫のポストプレーから野沢にシュート練習みたいなゴールを決められ、ジ・エンド。2試合連続無得点となってしまいました。

 最近また良い流れになってきたかなと思っていたのですが、名古屋、鹿島に連敗。波に乗りきれません。ミシャはここからどうチームを盛り返していくつもりなのでしょう。とりあえず、交代策とかガチガチに固まりすぎていてどうにもやり切れないので、そこら辺はもう少し柔軟にやってもいいと思うんですけど…。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年08月20日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

明日は鹿島戦!

明日は鹿島戦でございます。
鹿島、浦和、新潟と続く3連戦の初戦。
アウェーですが、是が非でも勝ち点3が欲しいところです。

ポイントとなるのは、やはり先制点でしょう。
鹿島は調子が上向きであり、長所である“しぶとさ”も戻って来ています。
先制点、ぜひ取りたいですね。

短めですが、こんなところで<(_ _)>


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年08月19日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2011J1第21節・ホーム名古屋戦の結果

広島0-3名古屋

感想

 完成間近まで書き進めていた今日の名古屋戦の感想記事が、不注意により消えてしまいました…。しょうがないのでこうして最初から記事をまた書き始めたわけですが、0-3と完敗を喫した試合の感想記事をまた書くモチベーションなど、再び湧いてくるはずもなく(苦笑)。詳しい試合内容には触れない事にし、本当に感想だけ書きます。

 広島、名古屋ともに好調を維持しての対戦になったわけですが、名古屋の好調さは広島のそれをはるかに上回っていましたね。攻めのバリエーションもケネディの高さをシンプルに使ってきたり、先制点の場面のように美しいコンビネーションを使って崩してきたりと、多彩でした。広島の攻めにも光る場面はあったのですが、闘莉王を中心とした名古屋守備陣を崩しきるところまではいけませんでした。

 ミシャの交代策としては、前半途中でコウジを怪我で下げざるをえず、そこでカードを一枚使ってしまった痛かったですね。まあ名古屋も中村を怪我で交代させているので、同じ条件といえばそうなんですけど。中村は大丈夫ですかね…。心配です。

 今日の他のゲームでは横浜FMが神戸に不覚をとり、広島を下した名古屋が(土曜日の試合を終えた段階で、ですが)首位に躍り出ました。山形は甲府を逆転で破り、広島から山形に移籍した山崎が2点を決めています。ザキさん凄いです!

 スコア上は完敗ですが、今日のゲームで得た広島なりの収穫と言いますと…高萩、ですかね。存在感が際立ちはじめています。高萩は広島の遠藤になれる、と以前書いた覚えがありますが、本当にそうなってほしいです。

 あと最後に、今日の個人的な発見。名古屋の永井はずっと誰かに似ているなぁと思っていたのですが、大黒に似ていたんですね…。やっと今日わかりました。喉に刺さっていた小骨がとれたようなスッキリ感です(笑)


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ





 

2011年08月13日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

悲劇よ…。

犬のう○ちを踏んじゃいました。


素足で。



\(^o^)/オワタ




クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2011年08月11日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

日本代表大勝利♪

チュンソンがスタメンフル出場した今日の韓国戦。
スコアは3-0、内容的にも完勝でした。

チュンソンは先制点の場面で得点にからみました。
遠藤(たしか)からのパスをチュンソンはダイレクトで香川にヒールパス。
チュンソンからのボールを受けた香川は華麗なステップでシュートコースを作り、右足一閃。
ゴールに流し込みました。
チュンソンのヒールパスはサンフレッチェで普段やっている事をそのまま日本代表で表現したかのようでしたね。

チュンソン以外にもサンフレッチェゆかりの選手が2名出場しました。
駒野と槙野です。
駒野は2点目の起点となったドリブル突破が素晴らしかったです。
サイドは長友と内田だけじゃないぜ!というのを強烈にアピールできたと思います。
槙野は後半途中に駒野にかわって左サイドバックに入りました。

今日の試合は終始相手を圧倒しての勝利と言うことで、非常に気持ちよかったですね。
チュンソンも決定的なヘッドを放つなど得点に近付いたのですが、ゴールはなりませんでした。
名古屋戦でこの鬱憤を大いに晴らして下さいまし。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年08月10日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

2011J1第20節・アウェー甲府戦の結果

甲府0-2広島

広島得点

チュンソン、寿人

感想

 チュンソン、寿人という広島が誇る攻撃の2枚看板のゴールで、苦手としている甲府に競り勝ちました。これで連勝。8月の反撃がはじまったという所でしょうか。

 広島の先制点はPKから。甲府ペナルティエリア内でドリブルを仕掛けたチュンソンを市川が後ろから押し倒してしまい、広島にPKが与えられます。これをPKを取ったチュンソンが自ら決めました(コースはキーパーに読まれていたので、もう少しシュートの威力が弱かったら危なかったですね…)。

 先制点を決めた広島はここから省エネモードに入り(?)、甲府が試合の主導権を握りはじめます。甲府の攻撃で怖かったのは、市川のクロスからハーフナーの高さを活かしてくるシンプルな形と、あとはダヴィのドリブルでした。ダヴィは以前は髪が長かったですけど、いまはバッサリ切ってましたね。暑いからその方が良いと思いますよ、うん(笑)

 甲府の勢いに押され劣勢になった広島は、じっと耐えながらチャンスを待ちます。前半が終わり、後半に入っても、攻める甲府、守る広島という構図に変化はありません。調子の悪い時なら踏ん張れず失点していたと思いますが、いまはギリギリのところで体を張れて守れていますね。まあかと言って守れてさえすればずっとサンドバッグ状態でもいいと言うワケもなく、ミシャは甲府の勢いを押し返すためにカードを切ります。服部にかわり山岸、コウジにかわり青山を投入。青山の投入は効果を見せ、徐々に広島も甲府陣内までボールを運べるようになります。

 そしてむかえた後半29分。高萩のオシャレな浮き球パスを寿人がトレビアンなループシュートで甲府ゴールに流し込み、膠着していたゲームを動かしました。高萩の状態は相当に良いようで、好守に存在感を放っていましたね。あとは好不調の波さえ無くしていければ、高萩は広島のガンバ大阪・遠藤的な存在になれると思います。

 最後は寿人にかわってキープ力のあるムジリを投入し、無難に逃げ切りに成功。見事連勝を飾りました。今日のムジリの髭の剃り跡は、いつもより青々として見えました。心なしか自分一人でやり過ぎず、周りを使おうという意識が強く見て取れたような。まあ1度持ちすぎてボールを取られたシーンもありましたが(^_^;)ムジリのキープ力は逃げ切りを図りたいときはありがたいですね。

 甲府を叩き、広島は良い状態でホーム名古屋戦へと向かえますね。名古屋戦の試合会場はコカ・コーラウエスト広島スタジアム。いつもとは違う雰囲気の中での試合となります。どんな試合になるか楽しみです♪

  

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2011年08月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

日本代表に西川&李!そして、松田選手…。

●キリンチャレンジカップ2011・日本代表vs韓国代表の日本代表メンバーにサンフレッチェから西川とチュンソンが選ばれました。

 森脇と青山は選出ならず。
 
●松田直樹選手の訃報に触れ、本当に残念でなりません。
 松田選手といえば、やはりマリノスのユニフォームを着てプレーする姿が真っ先に思い浮かびます。
 ご冥福をお祈り致します。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2011年08月04日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

井波が左第五中足骨骨折で全治3ヶ月。

記事タイトルに大事なことを全て書いてしまったので、本文で書くことが特になくなってしまいました(ノДT)

8月3日のサテライトの試合、ファジアーノ岡山戦で負傷してしまったようです。

1日も早く復帰できますように。




クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2011年08月03日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。