スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

NISSAN→MAZDAコースですか?

どうも横浜FMの山瀬と松田が戦力外らしいですよ。


松田はもう名字からして広島がピッタリですし、

広島には名前がコウジの者を惹きつける引力があります(たぶん)。


2人とも来てくれないかな?…。

年俸はお高そうですけど。




個人的にマリノスで一番好きな選手は狩野なんですけど、狩野はさすがに契約ですよね…?



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2010年11月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2010J1第33節・ホーム仙台戦の結果

広島1?0仙台

広島得点

大崎きゅん

感想

 苦手としている仙台から見事勝ち点3を奪い、2010年のホーム最終戦を飾りました。

 仙台は手堅く守備から入るいつものやり方で試合に入ってきましたが、それが功を奏したらしく、いきなり広島DFラインからの縦パスをカットされ仙台に決定機が到来。これは西川がスーパーセーブで止めてくれましたが、この決定機で決められていたら試合の様相は激変していたでしょうね…。

 序盤こそ仙台のペースでしたが、徐々に試合の流れは広島に傾き始めます。ボールを広く動かし、槙野とミキッチの個人技を活かしながら攻めていきます。特にミキッチはキレキレでやばかった…。左足でのポスト直撃弾は惜しかったですね?。ミキッチは右足のシュートだと力が入りすぎるようですが、左足だとコース重視でいい感じになるようです。しかし結局はチャンスはあったものの得点は決められず無得点のまま後半に入ります。

 後半に入っても広島ペースは変わらず、仙台には安いパスミスをカットされた時以外にはチャンスを作らせません。対する広島は高萩のスルーパスからチュンソンが抜けだし仙台GK林をかわしてシュートするも、仙台DFの奇跡のクリアにあうなど相変わらず得点できません。今日はクロスが中の選手と微妙にずれてしまうケースが多かったし、シュートも枠に飛びませんでしたね。

 そんななか、途中出場の小柄なドリブラー、大崎が大仕事をやってのけます。ロスタイム、山岸のクロスに頭であわせ、広島に先制点を呼び込みます!大崎は今日でまたごまんとファンを増やしましたね。この大崎のゴールを守りきり広島が勝利しました。

 そして試合後はセレモニーに…。ミシャの挨拶のあとには来期契約を結ばないと発表された5選手を代表し、下田がマイクの前に。あの挨拶はやばかったですね。涙腺がもう決壊寸前でした。あの挨拶を聞いて決意を新たにしました。やはり将来、下田は広島の監督になるべき!そして元広島の仙台GK林はあの体格を活かしプロレスラーになるべき。ラグビーでもいいですが、やはり引退後という年齢を考えるとみちのくプロレス入りあたりが妥当でしょう。今オフからプロレス界とのパイプ作りなどをはじめておくといいと思います。僕も林がリングに立つなら観に行かざるをえません。

 さて、名古屋戦を前にミシャの帰国が発表されています。歩き格好などをみてもわかりましたが、やはり股関節が悪かったんですね。名古屋戦では横内コーチが指揮をとるようです。望月さんじゃないんですね…。ミシャは来期も指揮をとることが決まっているようなので、手術&リハビリを経てまた来期元気な姿を見せてもらいたいです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ




 

2010年11月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

今年は5名の選手が広島を去ることに…。

 公式サイトにて来期の契約を結ばない選手が発表されています。

 下田、ストヤノフ、田、篠原、橋内の5名です。

 田は契約してもらえなかったか?。今季すっごく期待していた選手だったんですが、残念です。

 ストヤノフは終盤になって出番を失っていましたが、それでもそこまでは不動のリベロだったので、ここに名前が載っているのがなんだか不思議な感じです。

 下田は今でも僕の中では広島のGK=下田のイメージなので凄く寂しいですね。僕が広島の試合を好んで見るようになってから1,2年後にレギュラーを掴んだ下田。それからず?っと下田が広島のゴールを守り続けていました。ほんと偉大な選手です。僕の中で広島の監督になってもらいたい選手No,1が下田なので、将来的には監督業についてもらいたい気持ちが強いです。ちなみに2番目がカズ、3番目がサンパイオです(`・ω・´)でもまだまだやれると思うので、とりあえず今はどこか他のクラブのゴールマウスを守る下田が見たい!

 篠原、橋内はまだ若いですし、広島で出番がなかった西河が山形で試合にからんでいるように、どこか自分に合ったクラブを見つけられることを祈ってます。

 ストヤノフがぬける事で外国籍選手の枠が2つあきますし(アジア枠もありますけど)、ここの2枠は最大限活かして欲しいです。DFが一枚、ゲームを作れるタイプのトップ下が一枚、が理想かな。

 DFはリベロタイプのストヤノフがいないなら4バックにしてもいいと思うんですけど。
 
 
 はぁ、兎にも角にも、毎年この時期は戦力外選手の話で寂しくなります。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2010年11月27日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2010J1第32節・アウェー清水戦の結果

清水2?1広島

広島得点

チュンソン

感想

 どうも韓国と北朝鮮が大変に緊張した状態になっているようですね。黄海の北方限界線(NLL)に近い韓国の延坪島で砲撃戦があったそうで、韓国側に死傷者もでているようです。これからきな臭い事態に…っと、それよりも清水?広島戦ですね。

 試合前にミシャが宣言していた通り、今日の試合は寿人がスタメンで出場しました。チュンソンとの2トップではなく、寿人が1トップ、チュンソンが高萩とともにシャドーに入る形です。対する清水は3トップで、永井、大前、岡崎の組み合わせです。結果的に永井と大前を起用した長谷川采配は大当たり。永井と大前の個人技での崩しに、さらには藤本がからんでくる攻撃に広島はおおいに苦しめられました。まあただでさえ3トップのチームは苦手にしているうえに、今日の清水は出来が良かったですからね(特に前半)。

 ACL出場は今日の負けにより絶望的になってしまいました。でも、まだ来期に向けてやれることはあります。特にチュンソンと寿人が最大限に活きる形は何かを、残り2試合で模索して欲しいです。後半最後のチュンソンの決定的なヘディングシュートを見て、やはりチュンソンは最前線で起用して欲しいなと思いました。

 ミシャは試合後2つのポジションで補強が必要と話したそうで、そちらもおおいに気になります。もちろん選手の去就も…。

 それと高柳の全治は8ヶ月だそうで、復帰は来年の夏になりそうです。復帰までは長く険しい道のりになるでしょうが、なんとか頑張ってほしいです。

 
クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2010年11月23日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2010J1第31節・ホーム新潟戦の結果

広島4?0新潟

広島得点

高萩、チュンソン2、大崎

感想

 完勝!秋の4得点祭となりました。

 この試合はチュンソンと寿人の2トップで臨むのではないかと思われましたが、スタートはいつも通りチュンソンの1トップでした。さすがに慣れたフォーメーションということもあるのか広島のサッカーを存分に展開でき、試合を有利に進めますが、ゴールをなかなか割れません。両サイドのミキッチ&森脇、槙野&山岸のコンビを有効に使い新潟守備陣を切り裂きますが、どうにもクロスが中と合いませんでした。新潟は天皇杯を水曜日に戦っており、さすがにお疲れみたいでしたね…。

 前半を0?0で折り返しますが、後半に広島攻撃陣が爆発します。後半16分に寿人との交代を目前にひかえていた高萩が強烈なミドルをたたき込み、広島先制。そしてこの先制点から10分以内にさらに2点が追加されます。まずはコーナーキックからのシュートのこぼれをチュンソンが押し込み2?0。そしてチュンソン最大の見せ場が訪れます。カウンターからドリブルを開始したチュンソン。DFを華麗な股抜きで抜き去ると、キーパーとの一対一はオシャレなループシュートで制し、インパクト抜群の2点目を決めます。チュンソンは以前にも磐田戦で超絶ドリブルからのゴールがありましたが、これほど頼りになる広島の背番号9は久々に見ますね…。視察に訪れていたザッケローニ監督の表情も映りましたが、僕の読唇術によると「うっわマジやっべぇ」と言っていたように見えました。これは日本代表入りの可能性90%はあると思います。そして試合を完全に終わらせる4点目は大崎。入った直後にドリブルで仕掛け、PKゲット。自分で決めて嬉しいリーグ初ゴールとなりました。僕は初めは槙野が蹴るのかなと思っていたので、PKのキッカーを見て「槙野、ちょっと見ないうちに可愛い顔になったなぁ」と思ちゃいました(*´Д`)ハァハァ

 今日名古屋が優勝を決めたので、これからのリーグ戦残り試合の注目は降格争いの残りの1枠とACL出場権の争いだけとなりました。広島は幸いにもACLを狙える位置にいるので、残りの試合も熱く戦えそうですね。白鳳みたいに負けたときに「これが負けか」と言えるほど勝ちまくって欲しいところ。もしくはバキの死刑囚4人組みたいに「敗北を知りたい…」でも可。いやむしろこっちの方がカッコイイかな。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年11月20日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2010J1第30節・アウェーG大阪戦の結果

G大阪2?0広島


感想
 
 う?ん…。まあ完敗でしたね…。失点はそれぞれ前半10分、後半16分と、もしもこの試合の実況が原博美さんだったら2点とも絶対「これはいい時間帯の得点ですね」と言っているであろう時間帯での失点でした。しかも1点目は自陣でのパスミスから、そして2点目はセットプレーからと、どちらとも別に流れの中から崩されてのものではないんですよね…。そしてガンバの守備も上手かったです。

 前節、浦和戦では勝利をあげたものの、やはり失点はありました。そして、その前のあのナビスコカップ決勝でも5失点。ちょっと最近は失点癖がついちゃってますよね。

 そして今日はチャンスで点が取れなかったですね?。チュンソンの日ではなかったです。試合終盤では寿人も入りましたが、ガンバが引いて守っている状態では寿人の良さも発揮できませんでした。それでもサイドからチャンスは作れていたんですけどね。崩しの場面でちぐはぐさが目立ったのは残念でした。高柳が怪我をしてしまったのもやはり影響はあるんでしょうかね…。高柳は点こそ取れていませんでしたが、シャドーのポジションで効いてはいましたし。

 さて、もうリーグも終盤です。降格クラブも昇格クラブも決まってきています。残り試合、どれだけ緊張感をもってやれるのか、来期につながる試合ができるのか。今日の負けによりモチベーションが保ちにくい状態にはなっていくと思うのですが、気持ちを切らさずに残り試合を戦ってほしいです。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



 

2010年11月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

槙野はじっくり考える。

中国新聞さんによると、槙野は自身の移籍or残留について「結論はリーグ最終戦の12月4日を終えてから」と話したそうです。
まだまだ精神的にヤキモキした日々が続きます…。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2010年11月11日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2010J1第29節・ホーム浦和戦の結果

広島2?1浦和

広島得点

チュンソン、寿人

感想

 ナビスコカップの悲劇から3日…。はやくもリーグ戦を戦う日がやってまいりました。個人的にはとても気持ちを切り替えられる状態まで回復していなかったんですけど、相手が浦和だということでかろうじて試合へのモチベーションを確保できました。浦和と言えば何と言ってもサンフレッチェ学校から転校していった柏木ですよね?。最近はあんまり気にすることはなくなっていたんですが、今季リーグ戦開幕から数試合は広島と同じくらい浦和の試合を気にして見ていました。柏木は浦和に移籍したことによりただの柏木からプロアクティブ柏木へと進化を遂げているようで、おそらくフィジカルがパワーアップしている予感。油断できませんね。

 さて、そんな浦和にホームで勝てれば精神的な重しが少しは軽くなるんじゃないかと思っていたのですが、先制点は浦和に入ります。自陣ゴール前でのつなぎのパスを狙われ、最後はエジミウソンの弾丸ミドルがズドン。大きなクリアは最低限の繋ぐサッカーをしている以上は、10試合に1度はこういう失点を覚悟していないと駄目なのかもしれませんね…。

 先制点は奪われたものの、前半の内容的には広島が上回っていたように思います。ただ、ラストパスや仕掛けのパスの精度に難がありました…。そして後半頭から広島は満を持して寿人を投入。反撃モードに入ります。寿人効果(?)はすぐに現れ、後半6分にミキッチのクロスからチュンソンがボレーで豪快に決めて同点!クロスが入ってきたときの寿人とチュンソンのポジション関係も非常に上手くいっていましたし、2人のストライカーが互いにゴール前でお互いを活かし合う関係になれることを示したシーンだったと思います。

 同点ゴール以降は一進一退の展開になります。サヌが倒されたシーンは僕はPKだと思い目を覆いそうになりましたが、主審の笛は鳴りませんでしたね…。危ないところでした。他にも広島はチュンソンのループ、浦和はエジミウソンの1対1など両チーム決定機がありましたが、西川と山岸のファインセーブにより得点には至らず。こりゃ同点で終了かな…と思い始めたその時、寿人が魅せてくれました。山崎のパスを受けた寿人が山岸をかわし左足で冷静にゴールゲット。エースの今季10点目により広島がリードを奪います。試合はそのまま2?1で広島が勝利しました。

 3日前に120分の死闘を戦っていたにもかかわらず、運動量は最後まで浦和と互角でした。このままずるずるいきたくない!という意地が足を動かしていたんでしょうか。衝撃的な敗戦を経て、サンフレッチェは一段階逞しくなったように思いました。

 寿人とチュンソンが2トップを組み、互いに点を取ったのも吉報ですね。今期中の1トップ2シャドーから2トップへの変更にはミシャは慎重な姿勢を見せているようなので、今季のリーグ戦残りの試合はチュンソン1トップ、寿人は途中から投入という形でいくんでしょうか。戦力はここに来て充実してきています。ミキッチは4位じゃなく3位も狙えると痺れることを言っていますし、残りの試合は快進撃で締めくくってくれることを期待しています。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2010年11月07日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

ナビスコカップ決勝・磐田戦の結果

磐田5ー3広島

広島得点

チュンソン、山岸、槙野

感想

 何と言うことでしょう。あと5分辛抱できれば…というところまで来たんです。来たんですが、勝利の女神は広島に味方してはくれませんでした。

 実際にプレーしている選手はもちろんのこと、観戦している側も体力と気力をすり減らす試合でしたね。120分にも渡る、まさに“死闘”でした。先制点につながったミキッチの鬼ドリブルも、山岸の冷静な一対一からのシュートも、ファンタジスタ顔負けの槙野のFKも、どれも素晴らしかった。それだけに勝ちたかった…。

 広島も初のタイトルに向けて歯を食いしばって耐えましたが、磐田の選手交代による圧力の増大に最後の最後のところで耐えきれませんでした。しかし、これだけの熱い試合を繰り広げた末での敗戦なので、悔しさだけでなく清々しい気持ちもありますね。まあ試合終了後から夕飯以外はずっとウイイレに現実逃避はしてたんですけど(笑)

 とりあえず、決勝で負けようがどうしようが否応なくサッカーは続いていきます。今日の敗戦を糧に、もっともっと強いチームに成長していきましょう!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2010年11月03日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

たこ。

W杯で名を馳せたタコのパウル君にあやかり(?)、日本でもナビスコ決勝の勝敗をタコに予想させたようです。
そのタコの名前は、源さんだそうです。築地のタコです。
そして源さんが予想したナビスコ杯の勝者は…

広島です!

験担ぎのためならタコの足でも借りたいぐらいなので、これはありがたいと言っておくべきでしょう(笑)

もし負けてしまったら源さんのメンツを丸つぶれにしてしまう事になります。
広島勝利の予想を立ててくれたタコに、恥をかかせるわけにもいきません(笑)

勝たねばならない理由がまた一つ増えましたね。
源さんを刺身にしてなるものか!(`・ω・´)



…あ、食べるなら刺身よりたこ焼きがいいかな。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2010年11月02日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。