スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2010J1第15節・アウェー仙台戦の結果

仙台1?1広島

広島得点

オウンゴール

感想

 横浜FM、そして浦和を撃破し、C大阪に撃沈された悪夢を振り払っての仙台戦。浦和戦から中2日の試合と言う事もあり、ミシャは山崎と青山をベンチスタートにし、横竹と高萩をスタメンで起用しました。

 仙台と言えば広島が苦手とする相手なので、ぜひとも先制点を取って試合を有利に進めたいところ。試合開始早々に寿人のボレーがバーを叩き、「こりゃいけるかも」という雰囲気を感じさせます。広島、仙台共に疲れが目につき、若干スローテンポの試合となります。それでもストヤノフのロングフィードと緩急をつけたパス回しで要所要所でチャンスを作るものの、最後のところでパスが合わずゴールを割るまではいたらず。逆に前半26分に仙台の関口にゴールを許し、絶対にやってはいけない先制点24時でオーマイ画太郎先生状態に!…あ、すいません、暑さと興奮のせいで錯乱してしまいました…。

 後半追いつく必要に迫られた広島は頭から青山を投入し、反撃に出ます。実際に速いテンポでパスがまわるようになり、高萩や服部に決定的なチャンスが訪れます。しかし、どちらも決めきれず。ミシャはさらにチュンソンや山崎を入れて攻めに出ます。前がかりになった広島は仙台のカウンターにさらされ、決定機を作られるものの、西川を中心にこれを耐え、得点を窺うことに。

 そして後半33分、左サイドを切り裂いた槙野のグラウンダーのクロスがオウンゴールを誘い、ついに広島が同点に追いつきます。ゴールを決められた後に関口に弓矢パフォをパクられた鬱憤を晴らしました。

 試合はこのまま1?1で終了。アウェーで勝ち点1という成果を得ました。仙台、広島両クラブの出来を見たらまあ妥当な引き分けかなと思います。まずはアウェー2連戦の疲労を癒し、次の京都戦に備えてほしいですね。広島のサウナならフェルナンジーニョに出くわす事もまずないでしょう。

そして不振の続く京都は加藤監督から”走る畳”秋田新監督に監督が変わっています。監督交代後すぐのクラブと当たるのはイヤなものですね?。畳サッカーがどんなものかはわかりませんが、ふんどし締め直して試合に臨んでほしいです。


リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2010年07月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2010J1第14節・アウェー浦和戦の結果

浦和0?1広島

広島得点

槙野

感想

 ついにずっと勝てなかった埼玉スタジアム2002で勝利をあげることができました。決勝点を奪ったのは槙野。流れの中から寿人とのワンツーを決めてゴールに叩き込みました。浦和DFを混乱の極みに落ち入らせ、完璧に崩しきっての見事な得点。何度リプレイを見ても、いや?、このゴールは本当にいいものですね(水野晴郎風に)

 前半はどちらかというと浦和優勢の展開でした。サンフのクリアボールを浦和に拾われてしまう時間帯が多くあり、ボールをもたれます。サンフは攻めに出た場面でも浦和ペナルティエリア内まで崩しきるというよりは、上がってきた選手にボールを落としミドルシュートを打たせるシーンが目につきました。浦和で怖かったのは田中達也のドリブル。チョコマカとドリブルで切れ込まれるのはかなり嫌でした。あとそろそろ田中選手は髪を切ったほうが良いと思います。なんか…暑そうでした(笑)

 後半は一進一退の攻防が続きましたが、前述の槙野の今季初得点が飛び出し広島がリード。ここから目に見えて浦和の運動量が低下しはじめます。コーナーキックの場面では恐ろしかった闘莉王は名古屋に移籍済みで、それほど脅威は覚えず。しかし浦和はキッカーがそろっているので、直接FKは真夏の肝試しよりもスリル満点でした。

 後半途中に青山が足を削られ倒れ込んだ時は(ストヤノフが×を出していましたし)「また怪我かよ?!」と目を覆いそうになりましたが、元気にピッチに戻ってくれて何よりでした。それにしてもあれですね、横竹と丸谷と高萩が後半途中で投入されましたが、みんな頼りになりますね。若手はホント成長してると思います。寿人もザグレブに行かず残ってくれたし、未来は明るい気がしますね。


リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ




2010年07月24日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

新加入選手!

公式サイトによりますと、2011年の新加入選手として福岡教育大学のDF、西岡大輝選手の加入が内定したそうです。

プレーの特徴は
「フィジカル・コンタクトに強く、読みの良い守備のオールラウンドプレーヤー。
ビルディング・アップの能力にも優れる。」
だそうです。

最近は大卒選手の獲得もまた積極的に行うようになってきましたね。

はやく実際に見てみたい!


そして西岡大輝を西河翔吾と読みそうになったのは俺だけでいい。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ





2010年07月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2010J1第13節・ホーム横浜FM戦の結果

広島3?0横浜FM

広島得点

中島、寿人、コウジ

感想

 前節、C大阪に強烈に横っ面をひっぱたかれたのが効いたのか、今節は気合いの入った素晴らしい試合を見せてくれました♪

 前節のスタメンから2,3人はメンバーを入れ替えてくるかと思ったのですが、結局は出場停止の高萩に代わり青山がスタメンに復帰したのみ。正直拍子抜けしたんですけど、スタメン組が意地を見せてくれました。

 前半開始からエンジン全開のサンフレッチェ。槙野のミドルから幕を開けた試合になりました。サンフ、マリノスともにポゼッションを意識し、ショートパス主体にゲームを組み立てていきます。今日のサンフレッチェの前節との最大の違いは、DFの意識の高さ。ボールを失った際の寄せがとにかく速い。そして激しい。前後半通してマリノスに作られた得点機は、後半の中村のループの縦パスから抜け出した渡邉が放ったシュート一本くらいだったのではないでしょうか。

 チーム全体のDFが機能していると、攻めにも好循環が生まれます。中島、寿人の連続得点も「ここしかない」というコースに見事に決まった技ありゴール。つなぎのパス回しも冷静、そして効率的。前半に一度キーパーへのバックパスをカットされピンチを迎えた場面はありましたが、ミスはそれくらいでした。

 後半は丸谷、横竹、田の3人を投入し、さらに攻勢に出ます。攻めるしかないマリノスにカウンターから襲いかかり、山崎から青山、そして最後はコウジの見事な3点目が生まれ、完全に勝負あり。

 サッカーに、そしてあらゆるスポーツにどれだけモチベーションが重用なのかを再認識させてくれた試合になりました。受け身に回っていたセレッソ戦とは違い、勝利のためにどん欲に戦っていったマリノス戦。パフォーマンス的には天と地の差がありました。おそらくミシャの思い描く理想のサッカーに、今日のサンフレッチェはかなり近い位置までいけていたのではないでしょうか。

 「もう何もかも終わりだよチクショウ!」とヤケ酒に走りそうだった前節のセレッソ戦後とは違い、今は菩薩様のような穏やかな心境です。西川の笑顔弾ける無失点だったことも素晴らしかったですね。得失点差もかなり改善しました。まだプラスまでにはいってないハズですけど…。順位も7位に浮上です♪

 とにかく、今日負けたら暗黒のスパイラルに落ち入りかねなかったギリギリの試合で勝てて一安心。いい試合を見せていただきました。どうもありがとう! (-^□^-)



リンク・サンフ2010試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年07月18日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2010J1第11節・ホームC大阪戦の結果

広島0?5C大阪

広島得点

なし

感想

 悪夢。悪夢の後半45分となりました。

 前半最初にチャンスを作り出したのは広島。山崎を裏に走らせるスルーパスから山崎がシュート。惜しくもGK正面でしたが、これは幸先の良いスタートが切れたなぁ。…と思ったのですが、ここから徐々にC大阪ペースに。特に攻めにかかっているわけでもないのに、なぜか自陣前でC大阪に数的有利を作られるシーンが散見し出します。広島も時折チャンスを作るのですが、(ポスト直撃の槙野FK等)得点までにはいたらず。そして前半終了間際、高萩が2枚目のイエローを受けて退場処分になってしまいます。

 高萩の2枚目のイエローはミキッチがドリブルからボールを奪われ、カウンターを阻止するために強引に止めにいって出されたもの。しかし、そこは無理にファールを犯してまで止めに行くことはなかったですね…。人数も足りていたし、まだ危険なエリアでもなかった。以前もこんな感じで2枚目のイエローを受けて退場した試合があったと思いますが、そこらへんはもっと自分の状況を鑑みてプレーしてもらいたいです。

 そして後半がスタートです。後半頭から山崎に代わり青山が出場。ミシャは早い段階で動いてきました。10人でも勝ちに行くという姿勢を表した交代だったと思いますが、先制点はC大阪に入ります。後半9分、ドリブルから家長に「雨の日はこういうシュートをうつべし」というお手本のようなシュートを決められてしまいます。一気に苦しくなった広島。さらにここから中島のオウンゴールを皮切りに失点を重ね、終わってみれば0?5の大炎上に…。2失点目以降、集中力が切れてしまいました。

 雨でスリッピーなピッチコンディションを味方につけたのがC大阪、味方につけられなかったのがサンフレッチェ。コンビネーションも合わず、チグハグなプレーが多かったです。次の試合は日曜日、マリノス戦。いまいち覇気がなかった今日のメンバーに代わり若手の抜粋があるのか注目です。サテライトメンバーが好調のようですし。

リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



2010年07月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

やっと明日から再開か…。

やっと明日からJリーグが再開しますね。
相手はセレッソ大阪。
セレッソと言えば香川がドルトムントに移籍したんですよね?。
香川のかわりは誰になるんでしょう?
清武かな?
誰が出るにせよ、香川の穴を埋めるのは容易ではないと思います。
ここは勝ち点3が必須でしょう♪

キックオフは夜7時。
今から定時で帰る準備に余念はありません(`・ω・´)


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ


2010年07月13日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。