スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本代表vs韓国代表

試合を見ようと思っていたんですが、すっかり忘れてました(^▽^;)
サンフレッチェの選手がいないといつもこんな調子です…。

結果は韓国が2?0で快勝したみたいですね。
日本がワールドカップに出られるようになってから、ここまで悲壮感あふれるまま大会に突入しなければいけない日本代表がかつてあったでしょうかね…(´д`lll)

サンフレッチェから横竹や大崎がそれぞれ参加している年代別代表の方も、あまりパッとしない結果だったようです。

やっぱりきちんとお金をかけて、海外の優秀な監督を招聘しないと駄目ですね。
フル代表も、年代別の代表も…。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2010年05月24日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

2010J1第12節・アウェー大宮戦の結果

大宮0?0広島

広島得点

なし

感想

 中断前の最後の試合。アウェーですが景気よく勝ち点3を取って休みに入りたいな?と思ってたんですが…。結果はスコアレスドローとなりました。

 この試合の注目点でまず挙げられるのは、高萩とストヤノフの復帰でしょう。高萩はシャドーに入り、山崎とザキハギコンビを結成。ストヤノフはいつも通りリベロに入りました。対する大宮はFWのラファエルが今日の広島戦から復帰。

 試合は前半開始直後は広島ペース。高萩のオシャレなヒールシュートなどで大宮ゴールに迫りましたが、得点にはいたらず。そうこうしているうちに、試合が進むにつれて大宮が主導権を握りはじめます。安英学の決定的なシュートなどがあったものの、決定力に欠けました。広島もペナルティーエリア内でバックパスを相手GKが手で処理したために間接FKをゲット、チャンスをむかえたものの、槙野の破壊力満点のシュートは大宮の壁に当たり、枠に飛ばず。…ペナルティーエリア内の間接FKって、入ったところを見たことがありません。さすがの槙野、寿人もこういう場面でのトリックプレーまでは用意していなかったようですね。

 後半に入るとミシャは高萩に代わりチュンソンを投入。高萩の出来としては中の下、といったところでしょうか。後半は大宮、広島ともに互角の内容でしたが、結局どちらもゴールを割れず、スコアレスドローとなりました。結果としては妥当な感じでしょうかね。大宮はマトを中心にがっちりと守備が機能していましたし、広島の攻めもそれを上回るだけのクオリティを発揮できませんでした。

 これからJリーグは中断期間に入ります。期間は約2ヶ月。ACLとリーグで受けた疲労をぬき、仕切り直す時間は十分にあります。怪我人も戻ってくるようですし、中断あけはワンランク上のサンフレッチェのサッカーを見られる事を期待しています。


リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年05月16日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

槙野が予備登録メンバー入り。

日本代表、12日発表のメンバー7人は以下の通りです。

●5月12日発表メンバー

DF 徳永 悠平(FC東京)
DF 槙野 智章(サンフレッチェ広島)

MF 小笠原 満男(鹿島アントラーズ)
MF 石川 直宏(FC東京)
MF 香川 真司(セレッソ大阪)

FW 前田 遼一(ジュビロ磐田)
FW 田中 達也(浦和レッズ)

槙野はまだかろうじて南アフリカ行きの可能性を残していますが、寿人、西川のワールドカップメンバー入りはこれでなくなりました。



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年05月12日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

ワールドカップメンバー発表。

メンバーは以下の通りです。

GK 楢崎 正剛(名古屋グランパス)
GK 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
GK 川口 能活(ジュビロ磐田)

DF 田中 マルクス 闘莉王(名古屋グランパス)
DF 長友 佑都(FC東京)
DF 内田 篤人(鹿島アントラーズ)
DF 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
DF 駒野 友一(ジュビロ磐田)
DF 岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
DF 今野 泰幸(FC東京)

MF 松井 大輔(グルノーブル/フランス)
MF 長谷部 誠(VfLヴォルフルブルグ/ドイツ)
MF 本田 圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
MF 遠藤 保仁(ガンバ大阪)
MF 稲本 潤一(川崎フロンターレ)
MF 中村 憲剛(川崎フロンターレ)
MF 中村 俊輔(横浜F・マリノス)
MF 阿部 勇樹(浦和レッズ)

FW 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
FW 岡崎 慎司(清水エスパルス)
FW 玉田 圭司(名古屋グランパス)
FW 森本 貴幸(カターニャ/イタリア)
FW 矢野 貴章(アルビレックス新潟)

 か、か、か、川口ィ?

 最初にゴールキーパー3人の名前を見たときは目を疑いましたww
 
 西川も、槙野も、寿人の名前もなし…。

 西川はほぼ確実にメンバーに入ってくると思ったんですけど…。
 
 誰を選ぼうと岡田監督の自由ですけど、う?ん…(笑) 

 まあメンバー入りした選手には頑張っていただきたいです( ^ω^)


 クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年05月10日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

ムードメーカー枠ですって!?

 スポニチさんの記事を引用させてもらいますと…。

?「控え選手に盛り上げ役?当然です。うまい選手を上から23人選ぶわけではない。どういう役割ができるのか、当然考慮する」。
試合に出られなくてもチームを盛り上げてムードメーカー的な役割をこなせる選手を23人に加えることを強調した。?


 という事らしいです。

 ムードメーカー枠にピッタリの選手って、槙野の一択じゃね??か!


 ワールドカップメンバー発表まであと少し…。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年05月07日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

2010J1第10節・アウェー磐田戦の結果

磐田2?1広島

広島得点

コウジ

感想

 負けるべくして負けた…という試合でしたね。できることなら勝ち点1を持ち帰りたかったですが、そんなに甘いものではありませんでした。

 今日の試合では、前節まで主力不在の穴を埋めるべく奮闘してくれた丸谷に代わって、カズが久々にスタメン復帰。試合はあっさりと動きます。前半4分、寿人の落としからコウジが完璧なミドルシュート。コース、威力ともに申し分ない一撃は磐田GK八田もどうすることもできず、ネットに突き刺さりました。

 早い時間帯で先制できたことで「今日もいけるぞ!」と思ったんですが、そこから広島は一気に大ブレーキ、ガス欠状態になってしまいます。チーム全体の運動量は激減し、守備でも攻撃でも動けない。相対的に磐田のパフォーマンスはそこから上昇し、広島を自陣深くに釘付けにします。なんとか前半無失点で折り返したかったんおですが、前田に頭で決められ同点に…。ミシャは前半終了10分前くらいの時間帯で高柳に代えチュンソンを投入します。てこ入れか!と思ったら、どうやら高柳にトラブルがあった模様ですね。

 後半もカズに代えて丸谷、山崎に代えて清水とカードを切りますが、逆に前田に2点目を決められ敗戦となってしまいました。とりあえず今日の試合での収穫を挙げるとすると、カズがゲームに復帰できたことぐらいでしょうか。出来としては無難な感じだったでしょうか。

 とにかく動けなかった。それにつきますね。選手の疲労も気持ちで誤魔化しが効かないレベルまで達しているのでしょうね…。次の相手は大宮ですが、試合までに少しの間ですが休息をとることができます。蓄積された疲労は10日くらいで抜けるものでもないでしょうが、それでも恵みになることは間違いありません。

 中段前の最後の試合、また気合いを入れ直して戦いましょう!



リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

 

2010年05月05日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2010J1第9節・ホームFC東京戦の結果

広島2?1FC東京

広島得点
山岸、山崎

感想

 ゴールデンウィークのホームゲーム、見事に勝利を飾ってくれました♪

 今日の(というか昨日の)ゲームでの最大の注目点は、リーグ戦初先発となったボランチ、丸谷がどれだけのプレーを見せてくれるかだったでしょう。結果的に丸谷は十分に己の役割を果たしてくれたと思います。ミシャも丸谷を途中交代させずに90分間出場させました。チームも勝利を飾りましたし、丸谷が得た自信と充実感は計り知れないほど大きいものがあったと思います。

 試合は広島が先制。左サイドを深く抉った服部がグラウンダーのクロスを寿人に供給し、寿人がそのボールをヒールで後方に流します。そこにまっていたのは山岸。フリーだった山岸は苦もなくボールをFC東京ゴールにたたき込みます。チャンスと見るや両サイドが同時に高い位置まで上がる広島らしい攻撃で先制点をゲットします。ただ、FC東京も石川のポスト直撃ミドルなど惜しいシーンを作り出していたため、それらが決まっていたらゲームはまったく違ったものになっていたと思います。

 後半はFC東京がエンジン全開で広島に圧力をかけてきます。広島はベタ引き状態でFC東京の猛攻を耐える展開に。そして後半11分、森重にセットプレーから頭で決められ同点に追いつかれます。「森重には決められたくない」と試合前に語っていた西川、無念…。

 しかし、最近の広島は粘りが違います。同点に追いつかれても必要以上に下を向く事は無く、じっと反撃のチャンスを窺います。そして後半23分、ガンバからやって来た男がついに決めます。山岸の折り返し(多分)を山崎が押し込み、勝ち越しに成功!その後も途中出場の大崎にビッグチャンスが訪れるなど得点の好機はありましたが、3点目はならず。2?1で試合終了で、見事勝利。順位を6位まで上げました。

 いまは得点も取れていますし、このまま中断期間まで突っ走りたいですね。悪いときは相手ゴール前でこねすぎてチャンスを潰してしまうことが多いのですが、いまはほどよいバランス感覚です。練れば練るほど色が変わって、こうやってつけて…美味い!テ?レッテレ?!と広島特有の相手ゴール前でのパス回しを、得点まで昇華させていきましょう♪



リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年05月02日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。