スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ACLグループリーグ第4節・ホーム アデレード戦の結果

広島1?0アデレード

広島得点
寿人

感想

 やりました!ついにACL初勝利を決めました?♪

 今日は前節レッドカードのストヤノフ、そして怪我の槙野を欠く3バックとなりました。ストヤノフのポジションには中島、槙野のポジションには横竹が入ります。そして中島がリベロになった関係で、ボランチはカズとコウジ、シャドーは山崎と高柳のコンビでスタート。

 これまで3連敗している事もあり、これからの3試合は全て勝利を狙っていかなければいけない広島。しかし、やみくもに攻めにかかることはせずに、バランスを崩さないように冷静にゲームに入ります。カズ、コウジの分身の術ボランチの最大の利点は、ボールを確実に繋げる点。パスの正確さと判断の堅実性においてはこの2人は本当に素晴らしいです。ワイドにボールを動かしながらアデレードの守備の穴を見極め、1トップ2シャドーにボールを供給します。

 前半は広島ペース。特に山崎には好機が何度も到来します。しかし、シュートを撃っても相手GKの好守に阻まれたり、クロスバーに直撃したりとゴールを割れません。好機をものに出来ないと手痛いしっぺ返しをくらうのはこれまでの試合で嫌と言うほど経験していること。しかし、勝負強いエースが前半終了間際に仕事をしてくれました。コーナーキックから寿人のヘッドが炸裂!青山の第一子誕生を祝うゆりかごダンスも飛び出し、1?0とリードし後半に突入します。

 後半はリードを奪われたアデレードも攻めにかかってきます。しかし今日の広島の守備は集中していました。森脇の状態もようやく上向きになってきたようで、ファール控えめの素晴らしい守備を披露してくれました。アデレードの最大の武器は高さ。試合終了間際には怒濤の連続コーナーキックもあり胃に穴があきそうになりましたが、なんとか耐え抜き、見事完封!サンフレッチェの歴史に新たな一ページが加わりました。

 レギュラーの半分近くを欠く布陣での試合になりましたが、粘り強く勝利を手にしました。それもアジア屈指の強豪を相手に!こういう試合をものにしていくことによってチームの地力がついていくんでしょうね。個人的に高柳に注目していたんですが、以前わずかの期間だけ出現した”キング高柳”のクオリティに、近いうちに再び達してくれるのではないか?と思わせてくれるような雰囲気は感じました。最後チュンソンが足を痛そうにしていたのは大丈夫でしょうか…。

 これからも過密日程のなか試合をこなしていくことになりますが、今日のアデレード戦のように粘り強く戦っていってほしいです!



リンク・サンフ2010試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2010年03月30日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:6

青山が全体練習に合流♪

 中国新聞さんによりますと、青山が全体練習に合流したそうです。
 25分間の実戦練習にも参加。
 復帰にまた一歩近付きましたね。
 すぐに試合出場というのは厳しいかもしれませんが、それでも明るいニュースであることには間違いありません。
 青山復活の日を楽しみに待ちたいです。

 ちなみに青山は、
「試合にすぐ戻ると思っていないが、監督が出ろと言ったら出る。痛いながらやっていくのも、ありだと思う。痛みとうまく付き合う」
 とも話しているようです。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

今日のJリーグ雑感

 久しぶりにゆっくりJリーグの試合を何試合か見られました。

 川崎と清水の試合は0?0でしたね。
 清水は最初からヨンセンを出しておいた方が良かったと思うけどな?。
 まあ単に僕がヨンセン好きなだけなんですけど( ´艸`)
 
 C大阪と浦和の試合では当然のように柏木に目がいきました。
 一番目立ってたのはエジミウソンでしたけど。
 浦和もそんなに良くなかったと思いますが、エジミウソンの個人技で押し切りましたね。
 
 磐田と京都の試合も壮絶でした…。
 最後の京都・中山のゴールなんて劇的すぎ!
 ちょうど決勝点が入った場面は浦和とC大阪の試合にチャンネルを回してたので、チャンネルを戻したら京都が勝ち越しててビックリしました。
 駒野、帰って来ておけば良かったのに… (´;ω;`)

 明日の注目はJ2の横浜FCー徳島の一戦ですね。
 平繁頑張れ?♪

 
 …それにしても、広島以外の試合だとリラックスして見られていいですねぇ( ^ω^)



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

 

2010年03月27日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

ACLグループリーグ第3節・アウェー アデレード戦の結果

アデレード3?2広島

広島得点

カズ、高柳

感想

 今日は怪我の槙野に代わって横竹が先発。

 その横竹は早い時間帯でボールを奪われ、そのままアデレードに速攻でチャンスを作られた場面がありました。結局その場面では最終的に横竹が身体を張ることでコーナーに逃げることができ事なきを得ましたが、僕が思うにこのボールを奪われたプレーによって横竹の心理に過度の緊張感というか、堅さのようなものが生まれてしまったのではないかと思います。先制点を奪われたときもマークに付いていた選手に完全に振り切られてしまったりしていたので…。でも横竹はよくやっていたと思いますし、今日の試合を糧に、さらなる成長を期待したいです。

 前半は先制点を許し、さらにストヤノフが決定機で相手に遅れてスライディングをしてしまい一発退場。とてつもなく苦しい状況で後半に入ります。

 しかし後半に入り広島が意地を見せます。カズがセットプレーのこぼれ球を左足でダイレクトシュート。低い弾道のシュートは広島側から見てゴールネット右隅に突き刺さり、同点に追いつきます。さらにまたしてもセットプレーから途中出場の高柳がバックヘッド気味のヘディングシュート!これが決まり10人の広島が逆転に成功します。しかしここからアデレードがセットプレーから2発をたたき込み、3?2と再び広島をリード。ここからスコアは動かず終了。広島のACL初勝利はまたしてもお預けになってしまいました。

 しかし、アデレードは強かったですね。フィジカルの強靱さもありましたが、クイクイドリブルでサイドを切り裂いて来たのは驚きました。…またオーストラリアから補強してみますか?( ^ω^)



リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2010J1第3節・アウェー湘南戦の結果

湘南1?3広島

広島得点

寿人2、山岸

感想

 今日の相手は湘南ですか?

 はいしょうなんです。

 
 はい、というわけで久々に1週間のインターバルを取ってのゲームとなりました。
 
 広島が前節と変わっている点としては、高萩の怪我により山崎がシャドーのポジションでスタメンになっている点です。山崎は怪我が治って即スタメン入り。ベンチには同じく怪我から復帰の桑田も入っています。山崎、寿人、コウジの28歳トリオは、合わせる時間がそんなになかったとは信じられないほどのフィーリングぴったりぶり。同じ28歳組であるこのブログの管理人も思わずニンマリでした(●´ω`●)ゞ

 最初にビッグチャンスを作ったのは湘南。細かいパス回しからディフェンスラインを突破され、中村にシュートを撃たれます。これは西川がセーブしたものの、ボールはゴールに向かってこぼれます。いきなり失点か!と誰もが目を覆ったその時、1人の漢がさっそうと現れ窮地を救いました。その漢の名は服部。服部はゴールに向かって山なりに飛んできたボールをヘディングし、ボールをクロスバーに直撃させます。跳ね返ったボールは無事西川の手の中に収まり、広島は絶体絶命のピンチを切り抜けました。おそらくこのシーンでもし先制点を取られていたら、相当難しいゲームになっていたと思います。服部よく戻りました!

 ピンチのあとにチャンスあり。広島がピンチを凌いだあとに立て続けに山岸?寿人のラインから2点を奪います。山崎はゴール前での動きやシュートへのどん欲さに光るものがあり、先制点が生まれたのはゴール前での山崎の囮の動きがあったからこそでした。山岸もここに来てコンディションが上がってきたようで、今まであまり見せなかったドリブルをこの試合では頻繁に見せていました。前半で2点をリードし、後半に入ります。

 後半に入って早々山岸が右足でゴールゲットし、リードを3点に広げます。今日の山岸はキレキレでしたね。これでさらに楽になった広島でしたが、ストヤノフがPKを取られ、これを決められ1点返されます。おそらくゲームをもっと盛り上げようという、主審の粋な計らいだったんだと思います。

 試合終盤に桑田やチュンソンを投入しながらこのまま3?1で逃げ切りに成功、見事2連勝を飾りました。ストヤノフも鬼ドリブルを見せられるほど調子を上げてきていますし、ACLアデレード戦も良い試合ができそうな気がします。

 寿人、ハットトリックしてほしかったなぁ…( ^ω^)



リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ



 

2010年03月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

岡本も怪我か…。

 高萩が全治8週間の大怪我を負ってしまい怪我人の宝石箱状態の広島ですが、公式サイトによると岡本も右足を捻挫してしまったそうで、全治3週間だそうです。

 えーと、他には先日の試合で平繁が期限付き移籍後の初得点を挙げています。
 裏へ抜け出しての素晴らしいゴールでした。

 怪我のニュースが続いて気分が滅入りそうなので、何か良いニュースも、と言う事で取り上げてみました。
 

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月17日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2010J1第2節・アウェー神戸戦の結果

神戸1?2広島

広島得点

中島、高萩

感想

 めでたい!めでたいぞぉ?!というわけで2010年の公式戦初勝利でございます。
 
 前の試合で浦項の激烈ハイプレスを経験したせいか、今日の神戸戦では中盤のパス回しに若干ではありますが余裕があった気がします。とは言ってもボールをかっ攫われてピンチになった場面も多々ございましたが…。

 前半は広島が主導権を握り、神戸がカウンターを狙う展開となります。前半21分、セットプレーから先制点が生まれます。コウジが入れたボールを超がつくほどドフリーになっていた中島が頭で決めてゴールゲット!流れの中から点が取れなくてもセットプレーからは点が取れている広島。これで余裕を持ってゲームを進められるようになりました。神戸もポポの突破からチャンスを何度か作っていましたが、それほど決定的なシーンまでは至っていなかったと思います。

 後半になると神戸は大久保を頭から投入してきます。しかし広島ペースはそれほど変わらず。後半8分、服部の美しいクロスをアーティスト高萩が右足でダイレクトに合わせゴールネットを揺らします。これで2点差、一気に楽になります。このまま行こうぜ!といきたいところでしたが、後半24分に森脇がハンドをとられPK献上。大久保がガンバの遠藤もビックリのコロコロPKを披露し、これを着実に決めます。

 1点差に詰め寄られたことでセットプレー失点症候群にかかっている広島は胃の辺りが重苦しくなりはじめますが、神戸側もボッティがイエロー2枚で退場したり永井(だったような)が鼻血を出してピッチから離れたり、終盤になってバタバタし始めます。広島も高萩の怪我(なんてこった…)というアクシデントに見舞われるも、無事逃げ切りに成功! 神戸は高さが無かったぶん、清水や浦項に比べると守りやすかったかもしれません。

 ううん、勝てたことは非常に嬉しいですが、高萩の怪我が心配ですね…。



リンク・サンフ2010試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ




2010年03月14日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

ACLグループリーグ第2節・アウェー浦項戦の結果

浦項2?1広島

広島得点

ストヤノフ

感想

 何と言いますか…。またしても清水戦に引き続き試合終了間際に失点。このパターンが一番精神的にダメージがきますね。

 サンフレッチェとしては初の海外に乗り込んでの公式戦…、ということで間違ってないのかな。セオリーに乗っ取って、勝ち点1を狙う守備的な戦い方でゲームに入ります。この守備的具合がまたハンパじゃなかったですね。前半45分のうちの40分くらいは広島自陣でゲームが展開してた気がします。放ったシュートは寿人のヘディングでのシュート1本くらいしか印象にないです。そんなわけで、耐えに耐えた前半。プラン通り無失点で乗り切ります。

 後半に入っても浦項が攻め、広島が守る形に大きな変化は無し。広島としては後半も無失点で行きたいところでしたが、後半8分にFKから頭で決められ痛恨の先制点を献上してしまいます。先制点を取られたことにより、徐々に広島も攻めに積極的に出始めます。とくにコウジに代わってチュンソンを入れてからはチャンスが出来はじめた気がします。特に後半30分過ぎからはビッグチャンスも生まれていましたね。でもあと一歩のところで点を取ることが出来ません。ですが、もう残り時間も数分というところに差し掛かったとき、猛然と攻め上がってきた男がいました。そう、槙野です。槙野が浦項のペナルティエリア内でよい体勢でボールを受けると、たまらず相手が引っかけ、PKゲット!

 PKと言えば物議を醸した先日の清水戦、槙野&寿人による『トリックPK』が思い出されます。結局アレはルール違反であることが後日判明しているので、もう永遠にお蔵入り、伝説となりました。と言うわけで、今日のPKキッカーはストヤノフが担当。落ち着いて決めて1?1の同点に追いつきます。

 さあ、同点に追いついて元気100倍だぜ!…といきたいところでしたが、なんとなんと、またしても後半ロスタイムにFKから決められてしまい、1?2と再びリードされてしまいます。

 なんでじゃあぁぁ?!(>д<;)

 ともんどり打っているうちにタイムアップ。歓喜のすぐあとに奈落の底にたたき落とす。サッカーの神様ってほんとに残酷。
 (*´・д・)(・д・`*)ネー。

 これで3試合連続セットプレーから決められてしまっています。と言うか、それよりも流れの中から点が取れていないことの方が心配…。これから過密日程でさらにコンビネーションの質が低下していきそうなだけに、かなり不安視しています。やはり今季は我慢、我慢でいくしかないのかな、と認識を新たにしました。



リンク・サンフ2010試合レビュー


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月10日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

2010J1第1節・ホーム清水戦の結果

広島1?1清水

広島得点

前半3分・寿人

感想

 いやはや、いやはやガッカリな試合でした。

 前半3分に高萩が得たPKを寿人が決めてあっさりと広島が先制。誰もが蹴るのは槙野だと思っていたところに、まさかの寿人。トリックPKなんて初めて見ました(笑)。僕もだまされました(*´Д`)

 先制点を取ったあとはあまり無理に攻めにかかることをせずにゲームを進める広島。清水のアーリークロスを集中して跳ね返し続けます。

 後半は前がかりになってきた清水にさらにボールを回されますが、最後のところでしっかりと我慢します。サイドで主導権を握られクロスの雨を浴びせられますが、それは想定内。ですが、最後の最後で落とし穴が…。これを耐えれば勝ちだ!というセットプレーで大前に決められ、土壇場で同点に追いつかれます。

 何と言うことでしょう……。 (ナレーション・加藤みどり)

 セットプレーで決められるのはACLの第1節・山東戦と同じ。痛恨です……。もう次のACLの試合のために日曜日には広島を発つもたいですし、セットプレーの守備の修正の時間もありません。ここはもう集中、集中で乗り切るしかない!(>д<;)

 それにしても精神的ダメージがハンパじゃないです……。



 リンク・サンフ2010試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月06日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

盛田が右足を骨折…。

中国新聞さんによると、盛田が練習中に負傷。
右足第5中足骨の骨折と診断されたそうです。
手術を受ける予定だそうで、3月中の復帰は絶望的とのこと。

おいおいおいおいおい???!

DFどうするんですか…。
ただでさえ頭数が少ないのに、これは痛すぎますね。

このまま行くと控えのベンチにユースの宗近君が座ってる…なんて状況もあり得るんですかね。
明日開幕なのにすでに野戦病院状態(^^;)


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月05日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

岡崎点とってる…。

広島からは誰も招集されていませんが、今日は日本代表とバーレーン代表の試合がありました。
日本が岡崎と本田の得点で勝ったみたいです。

試合自体は見てないのでなんとも言えませんが、岡崎は今日代表で点を決めて、気分良く広島に乗り込んできそうです。
去年岡崎には点を決められているだけに、要注意!


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2010年03月03日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。