スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

札幌の中山元気が戦力外だったり・・・。

 札幌の中山元気や愛媛の田中俊也が「来期の契約を結ばない」とクラブから通達されているみたいです。
 
 この時期になると色々寂しい報道を目にしなければいけなくなりますね?・・・。

 元気の場合は広島に復帰してもらって、盛田2世を目指してDFに挑戦してもらったらどうかな?と思っちゃいます。まだ30歳にもなってないですしね。

 高さもある、運動量もある、人柄もいい!

 ミシャはきっと気に入ると思いますが(笑)

 元気が広島でマルセロと2トップを組んでいたころが思い出されます・・・。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

スポンサーサイト

2009年11月29日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

2009J1第33節・アウェー磐田戦の結果

磐田0?1広島

得点経過

22分・寿人(広島)

感想

 凄い試合でしたね・・・。よく無失点で乗り切ったな?って思いますよ。とりあえず今日の磐田戦に勝ったことにより、広島は今現在4位につけています。

 試合序盤は互角でしたが、徐々に磐田がボールの支配率を上げていきます。広島はたしか22分の寿人のゴールまでチャンスらしいチャンスもなかったのではないでしょうか。ゴールは柏木の素晴らしいボールコントロールからのスルーパスに寿人が抜け出し、冷静に右足でループ気味に流し込んだものです。これぞ寿人!という魅力が凝縮された得点でした。

 スタートはチュンソンで行くのか、それともコウジで行くのか。試合開始前に注目されていた点ですが、スタメンでピッチに立ったのはコウジでした。消えていた時間が長かった印象がありますが、思い返してみるとコウジはずっとこんな感じだったかな?と思わないこともないので、ある意味持ち味を出していた復帰戦だったかも(苦笑)。次節、今季最終戦でも出番があるでしょうし、今日よりもさらに感覚を取り戻したコウジが見られることを期待しています。蹴りたいと言っていたFKは蹴るチャンスがありませんでしたね・・・。残念。

 後半頭からミシャがカードを2枚切ります。まずコウジに変えてチュンソン。これは最初から想定していた交代だったと思います。もう1枚はアクシデントによるもの。森脇が前半終了間際シュートに行った際に左膝を負傷。代わってハンジェが投入されました。森脇の怪我が軽いものであることを祈ります。

 後半はさながらノーガードの殴り合いみたいでした。磐田は西のパスからイ・グノが抜けだし、飛び出した中林をかわします。もう駄目だー!と思いましたが、イ・グノのシュートは奇跡的にサイドネットにチェックイン。絶体絶命の超ピンチでしたが、なんとか凌ぎます。これにはシュートを外したイ・グノ本人も不思議そうな顔をしていました(笑)。

 広島にもチャンスが舞い込みます。チュンソンに磐田GK八田との一対一のチャンスが到来。もらった!と思いましたが、チュンソンのシュートを八田が左足でスーパーセーブ。チュンソンは僕の読唇術によると、シュートを外したあと頭を抱えながら「マジかよーー!」と言っていたみたいでした。チュンソンは今日も得点ならず・・・。今季最終戦で取れますように。

 さらにまた磐田にチャンスが。サイドからクロスが上がりますが、これを槙野が左手でスーパークリア・・・したように見えました。槙野危なかった・・・(笑)。

 後半中盤からは磐田の圧力がさらに高まりボールを回されますが、DF陣が身体を張り点を許しません。広島も柏木を中心としたカウンターでチャンスを作り出し、磐田に脅威を与えていました。終盤にはゴン中山も投入され、スタジアムの熱気は最高潮に達します。しかし、最後まで集中力を切らさなかった広島が磐田攻撃陣をシャットアウト、逃げ切りに成功します。

 世間的にはG大阪と鹿島の試合に感心が集中していたと思いますが(実際凄いスコアになったようです)、広島もジワリと4位に浮上。天皇杯の結果次第では来期のアジアCLの出場権を獲得できます。最終節でも熱いモチベーションを維持できるでしょう。最終節も勝って、気持ちよく今シーズンを終えましょう♪

 あと水色のユニフォームと白のユニフォームの対戦だとTVではめちゃくちゃ見づらくて大変でした。どっちも白のユニフォームを着ているようにしか見えなかったです・・・。来シーズンではなんとかして下さい(苦笑)



リンク・サンフ2009試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2009年11月28日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

磐田戦は2トップで!?

 中国新聞さんによると、ミシャは磐田戦に向けて寿人とチュンソンの2トップを試してみたようです。
 試合での採用については「なんとも言えない」と話したそうですが・・・。

 広島のサッカーも研究されていることですし、なにか変化を加えてみるのも悪くないと思いますけどね?。


クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2009年11月25日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:0

2009J1第32節・ホーム名古屋戦の結果

広島0?0名古屋

得点経過

スコアレスドロー

感想

 3位以内を目標に残り試合を戦うことになった広島ですが、今節は無念のドローに終わってしまいました。得点には限りなく近づいたものの、あと一歩が及びませんでした。

 前半、後半ともに互角の試合内容だったと思います。

 広島は前半32分、森脇のループシュートがバー直撃、さらに跳ね返ったボールを服部が弾丸シュートズドン。しかしこれを今節より復帰の楢崎が気迫のセーブ。これが広島にとっての前半最大のチャンスだったでしょうか。名古屋もケネディを効果的にターゲットとして使いながら攻めてきましたが、これを広島が誇る山脈盛田がケネディに一歩も引くことなくシャットアウトしました。

 後半に入っても小気味よいパス回しで両チームが崩し合いましたが、最後の最後でDF陣が身体を張り合い得点を許しませんでした。広島の中林、名古屋の楢崎ともにGKが安定してましたね。

 そして後半終了間際、ついにカズに変わってコウジがピッチに送り出されます。カズからコウジに受け渡されるキャプテンマーク・・・。あれは感動的な良いシーンでしたね。ミシャも心憎い演出をするものです。まあカズからコウジへの交代で、ツインズがそろってピッチに立つシーンは次回に持ち越しとなっちゃいましたが(笑)。そこはちょっと残念でしたね。

 カズ、コウジともに今期中の復帰を果たした意味は大きそうですね。あとは桑田もどうにか・・・と思いますが、田はまだ難しいのかな。

 とにもかくにも、あと今シーズンは残り2節となってしまいました。最後まで広島のサッカーを見せ切ってシーズンを締めくくって欲しいですね。


リンク・サンフ2009試合レビュー

 クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2009年11月21日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

石川大徳選手の加入が内定♪

 流通経済大学から石川大徳選手の加入が内定したみたいです!
 ポジションはMFで、両サイドでプレイできるサイドのスペシャリストだそうです。
 170 cm 、63 kg。

 大卒の選手なので、1年目から即戦力になってくれることを期待したいですね。早く実際にプレイしている姿を見てみたいです!

 あとコウジが名古屋戦でメンバー入りするみたいですね♪
 僕と同じ名前を持つ男が、ついにゲームに絡めるところまで帰ってきてくれました!
 ツインズが2人とも今期中に復帰できれば素晴らしいことですよね。
 名古屋戦、注目です☆



クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2009年11月20日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

来期もミシャ政権の可能性大みたいです。

 中国新聞さんの記事を引用させてもらいますと

 J1広島は12日、ペトロビッチ監督(52)に来季の続投を要請した。球団は、選手育成の手腕や今季の好成績を高く評価。監督も続投に前向きで、条件などは今季終了後に詰める。受諾すれば来季は5季目となる。
(中略)
 本谷社長は「選手を育て、組織的に戦うサッカーは広島の目指す姿。広島にとって新しい時代になる予感がする。引き続き、お願いしたい」と期待。ペトロビッチ監督は「広島は愛着のあるクラブ。両者にとって、いい方向の話になるのではないか」と話した。


 と言う事らしいです。来期も続投なら5季目になるんですね?。ここまで長期政権になるとは想像していませんでしたよ。と言うかもうこういう話しの出る季節になったんですね。一年が過ぎるのってあっという間な気がしますよ・・・。

 
クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

2009年11月13日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:2

2009J1第31節・アウェー大宮戦の結果

大宮0?1広島

得点経過
87分・槙野(広島)

感想

 えー、実況の人が言っていましたけど、6節ぶりの勝利だそうですよ。今日は正直ドローで終了するのかなと思ったんですけど、しぶとく勝ち越し点を奪えました。残り3節、これでまたモチベーション高く戦える!

 大宮のホームゲームですが、大宮はそんなに攻撃的に来る事はなく、あくまでバランスを取りながらカウンターを狙ういつものスタイルでした。前半終了時での広島のシュートはなんと1本。強固な大宮の守備もありましたが、やはりミキッチ、ストヤノフ、青山と言った主力不在も大きく広島のサッカーに影響したと思います。

 後半も削り合いの様相を呈したゲームになります。ボールをまわしながら大宮の守備の穴を窺う広島ですが、森脇がクロスを入れても大宮の誇る巨大山脈・マトが立ちふさがり、決定的なチャンスを作らせてもらえません。しかし、58分に大宮の金澤が2枚目の警告を受け退場。ゲームの主導権を広島が握る事になります。

 金澤の退場後、大宮はさらにべったりと引き守りを固めにかかります。広島は数的有利を活かしながらボールをキープ。ですが守りに入ると大宮はほんとに堅い。ミシャは残り時間15分の時点でカズに変わりチュンソンを投入、勝負に出ます。そして87分、柏木のクロスを服部が胸で落とし、そこを槙野が左足でズドン。槙野の毎度おなじみ「なんでお前がそこにいるんだシュート」でついに得点!終了間際という時間帯でしたが、「なんでお前がそこにいるんだシュート」を使えるだけのガッツを残していた槙野は素晴らしいですね。

 最後は大宮も超巨大戦艦・マトを前線に配備し反撃に出ますが、なんとかこれをシャットアウト。久々の勝ち点3を手にしました。

 次節は名古屋戦になります。個人的にストイコビッチ監督は大好きな監督ですが、ここは広島に勝ち点3を落としていってもらいましょう。そして目指せ3位以内、賞金圏内♪



リンク・サンフ2009試合レビュー

クリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ




2009年11月08日 サンフあれこれ トラックバック:0 コメント:4

| 幸熊亭 サンフレッチェ応援ブログTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。